マルチネスVSコット他

スポンサーリンク


遅きに失する感なくもないですが、ビッグネームの対戦です。

両者、全盛期を過ぎており、特にコットは敗北も味わい、再びシーンに浮上するには勝たなければならない試合。
マルチネスもまた年齢的には負けは引退を意味する重要な試合です。

今の状態を加味すると複雑な試合だが、全盛期、コンディション万全を妄想し勝手な予想をしてみたい。

セルヒオ・ガブリエル・マルチネスVSミゲル・コット

まずコットとは体格、骨格が違う。苦戦続きの昨今だがずっとミドル級超の大きな選手と戦ってきた。
ポール・ウィリアム2の歴史に残るノックアウト、ケリー・パブリク戦の勝利
どちらも体力、パワーで勝る相手に結果を出してきた。パワー差をテクニックで克服した試合だ。

方やコット、好きなスタイルだし現役で彼が一番ビッグマッチをやってきたかもしれない。
超正統派のオーソドックスで上下の打ち分けが上手く、欠点はない。最高のボクサーだ。
しかし強いて欠点をあげれば体のサイズだ。
Sライト級がせいぜいな体格でコットにミドルはふさわしくない。
旬のサウル・アルバレスと似たようなファイトスタイルだけどパワーもサイズも一回り小さい。
オースティン・トラウトに負けてしまったのはアウトボクシングに手を焼いたのもあるがトラウトが大柄だったのもあるだろう。
コットの攻撃を封印してしまう余裕があった。

以上、全盛期をもってしても、体格で勝り、足が速く、スキルフルなアウトボクシングが上手いマルチネスが有利と予想。
西岡VSレンドール・ムンローみたいな差があるのではないだろうか。

身体能力、芸術性の高いマルチネスのようなスタイルは加齢とともに神経、勘の鈍りが顕著で既にそれが出ている。
たぶんコットは余裕のある階級でコンディションはばっちりだろう。
ノックアウト決着だとマルチネスにも危険がいっぱい。
でもコットの攻撃を無効化できる体力、スキルがあるはずだ。

マルチネスが今席巻しているゴロフキンと戦う姿は想像できてもコットがゴロフキンとやる姿はできない。
ダルチニアンがフェザーで壁にぶちあたったように、ミドルという壁が現実となりそうな予感だ。

もう一個

キコ・マルチネスVSカール・フランプトン

安定王者、レオ・サンタクルス戦の権利を得たフランプトンだが、こちらの試合を選択。
サンタクルスは底力があり難航不落のレベルにあるとおもうが、微妙に強豪をスル―するな。山中から逃げたようだし。

この両者は過去、フランプトンが勝利している。しかもキコ・マルチネスにとっては初めてのKO負け。
ストップの声が早いと不満を持つマルチネス側のラブコールだが、映像を見るとストップは妥当。
パワフルなキコ・マルチネスの強襲をよく捌いてフランプトンが攻略した、長谷川に期待していた完璧な展開での勝利だった。

開催も人気者フランプトンの地元らしいが、ロメロ、マセブラ、長谷川と、素晴らしい戦果を残したマルチネスの成長と闘志を支持したいとおもう。

キコ・マルチネスは好きになったが、彼の仇は日本人がせねばならぬ。
それがけじめだ、礼儀というものだ。

8件のコメント

  • ボロカブサムライ

    自分も膝の具合がまともなら、ナチュラルにSウエルター~ミドル級の体格、パワーで勝るマルチネスだと思います。マルチネスは年齢もあるでしょうけど、膝の具合が悪い事で、持ち前のスピードが落ちている事が気がかりですが、チャベスJRに勝った時期の体調なら問題なく判定でもKOでも勝てると思います。マルチネスはSウエルター、ミドルのトップクラス殆ど撃破しています。プクーさんの言われるとうり、コットの体格ではウエルター級位が良い所でしょう。ただしマルチネスの膝がダメな場合は、コットがKO勝ちするかも?全てマルチネスの膝しだいの勝負だと思います。キコマルチネスはこの前、KO負けした相手のホームグランドで、試合を受けるのですね・・・凄い自信?

  • プクー

    ボロカブサムライさん

    セルヒオ兄貴(年下ですが)は膝が悪かったんですね。空転し、ダウン食らう姿が目立ちますが足が悪いとキツイですね。
    コットは多分メイ戦と同じでグイグイファイター寄りで来るでしょうね。

    どっちも好きだなぁ、悩ましい。

    キコさんの方はまさにフランプトン戦で覚醒した感じです。王座挑戦はアンダードッグだったとおもいます。

    4敗してますが惜敗ばかり。

    よほど悔しかったんでしょうね。
    強豪ばかりとやってサンタクルスより好感度が高いです。

    スタイルは単純ですが初回で長谷川の鼻折ったあの強打は凄いです。

    流れからしてヒーロー的なフランプトンに傾きそうですがキコさんを応援したくなる。

    山中による敵討ちを期待してますが日本勢、よく知りませんが和氣とか威勢がいいなら挑んでみて欲しいです。

    少し長谷川に似てるもんね。

  • 五輪 金 太郎

    まさに
    遅きに失したって感じの
    ビックファイトですねw
    って言うより本来
    交わる2人ではないと感じます
    コットがミドル・・・・・・
    違和感ありまくりですw
    適正階級での
    ベストなパフォーマンスじゃないと
    焦点がボヤけて
    勝ったらマルチネス衰えすぎ!
    負けたら体格差ありすぎ!
    って印象で終わりそうw(パッキャオってつくづく化け物・・・・)
    個人的には
    コットは今だ
    メイ・パッキャオの首を狙う猛者達と
    充分絡めるポテンシャルを
    残してると思ってるんで
    どう考えても
    衰え隠せないマルチネスに
    引導を渡す番狂わせ的な
    圧倒的KOで驚かせて欲しいです
    あわよくば2巨頭ともう一度
    絡んで欲しい

    キコは長谷川戦見て
    思った程の印象は残りませんでした
    ダルチとどっこいどっこいの
    イメージで山中なら余裕?って
    感じがしましたw
    兎に角
    世界の猛者並みにピークな今
    試合をこなさないと勿体ない

  • プクー

    五輪 金 太郎さん

    コットの場合、もうあらゆる人とやりつくした感があって
    ボクシング自体は注文ないんだけれど、勝ち負けが出ちゃった以上
    若手に胸を貸す以外もう出番がない感じです。
    ファン・マヌエル・マルケスと同じ感覚。

    この試合はあんまり想像つかないです。
    交わるとおもってなかった二人だし、共にピークじゃなさそうで。
    チェベスJrとコットが同じ土俵と思えない。

    セルヒオさんのアンビリーバボーな美しさが見れたら幸せです。

    キコ・マルチネス

    長谷川の夢、僕の夢?を打ち破った男だから気になるのですが
    いつ陥落してもおかしくないレベルだとおもいます。

    ただ、ここ3戦連続で強い選手倒してきてるので、一皮向けたとおもいます。
    パンチは階級トップレベルでしょう。

    サンタクルスに逃げられた今となってはキコ・マルチネスVSフランプトンの勝者に
    山中は挑んでもらいたいです。

    耐久力は劣るとおもいますが、
    山中の左をかいくぐってパンチを当てることができる選手はそうそういないとおもいます。

    山中、内山はもったいないお化けですね、今。

  • camaro

    マルチネスが全盛期と同じ動きが出来たならコットに勝ち目は無いと思います。
    それくらい差があるかと。
    ジャブでボコられてカウンター一閃!なら最高ですね。
    引退近いですが最高の状態でリングに上がると信じたいです。

  • プクー

    camaroさん

    コットのボクシング、理想的で好きですがマルガリ戦で限界感じました。

    正直なボクシングするんで(ローブロー多めだけど)デカイ人には跳ね返されてしまいますね。

    ただマルチネスの衰えも顕著なのでどうなるかな?

    ここで勝ったら次どんな試合がまってるんですかね?

  • camaro

    マルチネスは試合内容にもよりますけど、引退でしょうか?
    キレッキレならまだやるぜ!ってなるかもしれませんが。
    コットはミドルのランカー相手に防衛戦ってのも考えにくいんで、メイウェザーにリベンジ&ビッグマネー狙い、メイウェザーは6階級をかけてミドルで対戦もあるかなぁ〜なんて勝手に考えてます(笑)
    まぁ次はともかくマルチネスが勝てば最高です。

  • プクー

    Camaroさん

    黒人以外であの年齢であのスタイルは異常です。セルヒオ兄貴。
    またガード下げっぱなしかな?

    辰吉評価してましたが同じタイプの天才肌です。

    負けるとしたら辰吉と同じくダメージの蓄積で壊れかけた状態なのかもしれません。

    ミドルのコットというのも未知ですが両者、いいコンディションを見せて欲しいですね。