オラシオ・ガルシア

スポンサーリンク


リコンドーが抜けているスーパーバンタム級、不気味な選手がいる。

この階級には今はレオ・サンタクルス、かつてはバレラ・モラレス・マルケスとメキシコに強者の歴史あり
今も無敗のグティエレス、亀3をアマで破ったレイ・バルガス、など筋のいいホープがわんさかいるがここに紹介するオラシオ・ガルシアもその一人だ。

27勝19KO無敗

軽量級にしてはKO率高いかなくらいな戦績だが、その数字以上にやばい。

映像の試合、相手はフェルナンド・ルマカド。エルナン・マルケスやカルロス・クアドロスとも判定の激闘をしてきたキャリア豊富な選手だが、初回KO
あまりに破壊的なパンチにガードした腕の骨が折れた結果だ。
恐ろしい映像になってしまっている。

[youtube]http://youtu.be/ZTqYDBWNjQw[/youtube]

その他の試合も、拳の固さが見るからにやばい。

スタイルとしてはアグレッシブなボクサーファイターでイケメン、リカルド・ロペスの面影さえある。
完成度でいえばまだまだ荒削りだが。

[youtube]http://youtu.be/pYUao3XEIT4[/youtube]

風貌といい筋の良さといい、必ず上に来るボクサーだろう。
要チェックだ。

3件のコメント

  • stp

    慧眼ですね。素晴らしい魅力的な選手だと思います。

    こうやって、知らなかった選手を紹介してもらえるのは、いつも嬉しいなあと思っています。ありがたいっす

  • プクー

    stpさん

    マレスやサンタクルスより好きだなぁ。
    この強さで27戦で世界の声もなく・・・
    日本人は恵まれていますね。

    また探します。

  • プクー

    たまたま脆い手首の部分が折れたのでしょうが
    過去、ガードしてた腕が折れたというのは見たことありません。

    こんな事が起こるとグローブ大きくするなどルールの根本にかかわる事態ですね。

    ルマカドしっかりガードしたのにね。