スポンサーリンク



スーパーバンタム バンタム プロスペクト 日本 階級別

山中VS

投稿日:

TVを観た限り、バンタム最強を目指すという感じでSバンタムへの転向話は少しもなかったが、それでいて、統一戦やラスベガスと言ったって相手がいない。
歴史ある黄金のバンタムとはいえ、Sバンタムのほうが今はビッグネーム、ビッグマッチのチャンスが多く、選手も魅力的だ。
いつも、次はもっと強い相手・・・といい続け、ツニャカオ以後はずっと格下といえる相手だった山中、対戦者候補を挙げておきたい。

ランデイ・カバジェロ

怪我で岩佐VSリー・ハスキンスが王座戦と決まったのかな。
元々、統一戦ならばカバジェロと帝拳は言ってきたけど、カバジェロはアメリカ選手とはいえ、防衛ゼロの新米王者だ。
大場戦は強かったが、結局は根性の打ち合い。その後のスチュワート・ホール戦をみても、ガチャガチャの打ち合いを得意にする選手という印象で、突き抜けたものはない。

ファン・カルロス・パヤノ

筋のいいトップアマ出身のサウスポーだが、モレノに負傷判定で勝っただけでまだ何も証明していない。
バンタムでは一番強い部類にいるとおもうし山中よりさらに速いようにみえるが体格もパワーも山中が上に見える。
カバジェロ同様、新米王者なので統一戦の価値としては落ちる。

亀田和毅

ハードパンチャーとはやらないから対戦はありえない。
次、ジェイミー・マクドネルとやっても統一戦にはならないそうで、それでも本当にやるのかな。
パワーレスなのをごまかしながらどこまでやっていくつもりだろうか?

その他、カザフスタンのザキヤノフ、KO率の高いフリオ・セハなど強そうなランカーはいても、いまさら山中が戦う意義はあまりないとおもう。
チャレンジといえる相手との試合でないとファンも本人もモチベーションが保てないだろう。

さて、Sバンタムだが、強くて無名でお金にならない山中はリコンドー以外は相手にされないだろう。

レオ・サンタクルス

メイVSパッキャオのアンダーでノンタイトルの予定だそうだが、この男は楽な試合で高額ギャラ貰いお茶を濁している。
ドネアがやりたいそうで、相当マネーがよければ実現するだろうが、山中のことはノーチェック、ノータッチだろう。
金になるか勝てる相手としかやらない。

スコット・クイッグ

フランプトンとの国内統一戦は難儀しているらしく、リコンドーやドネアからラブコールが。
勝てそうにみえる王者なので大変人気状態だ。
ドネアも直接リコンドーといわず、サンタクルスやクイッグを指名するんだから現実的な奴だ。
この人気状態、どの試合も高額マッチで山中とやる余地がない。

カール・フランプトン

クイッグとできない場合、地道に防衛戦をしていくしかない。
和氣も候補になるんだろうが、フランプトンはアイドル的な人気を誇るので英国でアンダードッグ扱いになるだろう。
フランプトンこそ、山中との試合を見てみたい。
パワーと巧さのあるファイター気味のフランプトンも近づけず左で倒すようなら山中は殿堂入り王者だ。

ギジェルモ・リコンドー

この相手なら、極めて勝つのが難しい、ある意味諦めの境地になるだろう。
しかし、ポイント奪取できずとも、ポカダウン癖のあるリコンドーに一発お見舞いすれば勝てるだろう。
リコンドーだけはオファーさえすれば即OKといいそうだ。
山中の映像を見ることさえせずに。

ノニト・ドネア

西岡の仇、フェザーでパワーの壁を感じたドネア、今なら山中と五分の予想でもおかしくない。
ドネアこそ、山中が痺れる究極の相手かもしれない。山中のすべてが観れる相手といえる。

しかしさすがにドネアとはキャリアと格が違いすぎ、勝てると推す要素はどこにもない。

もはや、それなりの有名どころとやらないと
サンティリャンみたいのとやると事故レベルになってしまう。

もうバンタム卒業し、ライバル多いsバンタムに行って欲しいのが本音だ。
パヤノやカバジェロでもそれほど燃えない、試合がどここうでなく、たいした扱いにならないだろう、世界的には。

スポンサーリンク



-スーパーバンタム, バンタム, プロスペクト, 日本, 階級別

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.