ギレルモ・リゴンドーの動向

スポンサーリンク


バンタム~フェザーあたりで王者を含め誰もが警戒、無視できない存在としてじわじわ王座に接近中のこの男、ギレルモ・リゴンドーが紆余曲折を経て試合を行いました。

相手はベテランのホセ・アンヘル・ベランサというメキシコ人でキャリアがあり当然かませではありますがホープ相手に食い下がってくれました。

結果は6R終了時でベランサ陣営が降参してしまいましたのですっきりした幕切れではありませんでしたがこりゃいくらやっても敵わない、ダメージを蓄積させるだけという意図があったのでしょう。

アマチュア過去最高峰クラスのリゴンドーですが同僚のガンボアらに比べボクシングが慎重です。技術、反応速度が優れているので危ない場面は全くないですが相手が出てこないから一気に攻めるということはなく攻めさせてその隙を一瞬でつくということに拘っているようです。

相手のさして怖くない動きにも反応して防御体制をとることもありいつスパークするんだろうとやや退屈な試合を見せますがやはり打たせない、自分だけ当てるということには抜群に長けておりヒヤヒヤするところすらありません。もっと強引にいけば楽に勝てるのでしょうが負けられない男のおかれた立場や豊富すぎるキャリアがそれを許さないのでしょうか。

筋肉質でパンチのパワーも切れも相当ありそうで全てのパンチでもカウンターのボディは強烈すぎるものを見せ付けますが超絶テクニシャンのレジェンドたち、たとえばリカルド・ロペスなんかと比べてもそのボクシングはちょっと違います。あくまで黒人アスリート、キューバスタイルの頂点ボクシングなのでしょう。

構えているだけで「オラオラどっからでも打ってこいや、倍返したる」的なオーラと隙のなさがあります。

いよいよ次の試合は元王者クラス、しかも現役バリバリという選手になりそうなようで注目です。

この目の良さ、反応の速さ、慎重さ、パンチの切れ
スーパーなキャリアとスーパーな練習環境・・・

どっからどうみてもやばすぎる超本命をどう見守ればいいんでしょうか。
やっぱり絶対王者となってしまい、強すぎて相手がいず試合枯れで消える・・・

そんな末路になってしまうのでしょうか。

熱い階級ですがこの人だけは特別な存在感を放っており無視できないです。

4件のコメント

  • バンダ

    はじめまして。

    次の相手が元王者クラス、しかも現役バリバリとは本当ですか?

    それと今回の相手のべランサという選手、33勝26KO19敗2分の戦績を残している選手です。

    『当然かませ』と書いていらっしゃいますが、その表現はどうかと思いますね。『はるかに格下』であってかませではないと思います。

  • ブリブリボクシングファン

    確かに噛ませではないかもですね。
    しかしそれだけリゴンドーを評価されているということだと思います。
    文章を読ませていただいて選手に興味が沸いてしかもその動画が
    すぐに見れる。ボクシングファンにはたまらないサイトです。
    ブックマークにして毎日チェックしてます。
    これからも楽しみにしてます。

  • バンダさん

    すいませんでした。ベランサ選手に謝罪します。
    どっかの記事にリカルド・コルドバにオファーしてるって書いてあったような。

    ブリブリボクシングファンさん

    ありがとうございます。
    アマチュアの怪物だったのでそのボクシングにどんな特徴、クセ、隙があるのか興味深いのですが今のところ見当たりません。

    意外とジャブとか手数は出さなくて一撃カウンター狙う方向でやってるっぽいくらいか。
    簡単に真似できる、参考になるボクシングではなさそうです。

  • バンダ

    あっ、いえいえ私の方こそ初めてコメントのにもかかわらず私見を書き殴ってすみませんでした。

    コルドバにオファーですか。。 こんな危険すぎる相手を受けてくれるのでしょうかね…。