ウーゴ・ルイス

スポンサーリンク


正式決定したわけでもないらしいが、決まるならこの男しかいない。
直近試合みると素晴らしい強さなんですが、それでも一番攻略の可能性が高いのもまた事実。
決まったら、これから何度も書きますが、改めて復習を。

名のあるミランダ戦だけマジョリティでの勝利だが、よく動く小柄なミランダを捕まえきれなかった内容で、パワーや内容では押している。
一番変わったのは積極的になり、自分から鋭い右を出したり下がったり接近戦でも強い左フックやアッパーをコンビでタイミングよく振ってくる。
戦績にはじぬKOパンチャーらしいスタイルになったものだ。
スピードもタイミングもパワーもあって当たれば相手は即ダウンというような質のパンチだ。
やたら積極的でエキサイティングなパンチャーに変貌した。

セハ戦、再戦は初回鮮やかな右ストレート一閃で終わったので参考になりにくいが、初戦も内容はよかった。体を沈めて突っ込んでくるセハを迎え撃ちながらも鋭いパンチを返しており、パワー型のセハをしてもルイスの方がキレとスピードがあった。鮮やかな左フックカウンターでダウンを奪いほぼ勝ちかけたが、不用意な左一発で逆転された。
遠方からの左フックは当たる。

メキシカンにしてはパンチをコンパクトに回転よく打ってくる。スピードもある。
離れても、くっついても実に危険なパンチを打ってくるようになったが、やはり長身選手の宿命か、接近戦でガチャガチャやられるとやりにくそうな面もみえる。

正直なことをいえば、前戦のカルロス・ルイスより速いし強くみえ、体格も劣らない。
オラシオ・ガルシアほどパワーはないだろうが、スピードもキレも申し分なくジョニゴンタイプにも見え、長谷川にとっては苦手の典型か。
先に一発食ったら終わりだ。

しかし、耐久力もジョニゴンに似て、ウーゴ・ルイスも一発で沈む特徴があるのだ。効きやすいところがある。
体力、タフネスは過去に戦ったブルゴスやガルシア、カルロスが上だろう。
ほぼアップライトで柔軟性には欠けるので、パンチを当てにくい選手ではないはず。

長身でキレるストレート、左フックをビシビシ打ってくるので、普通ならゴチャゴチャした接近戦がいいのだろうが、長谷川にそれを要求するのは間違い。
一発をもらわぬ細心の注意を払いつつ、スピードと出入りのアウトボクシングで、技術、ポイント先行のボクシングができるかどうかだ。
その展開の中でカウンターを当て、相手が効いたり一瞬止まったら怒涛のラッシュ。

つまり、アウトボクシングでウーゴ・ルイスを上回れるかが鍵だとおもう。
ウーゴ・ルイス自身も距離をとったボクシングの方が得意そうだが、思い切りがよくパンチもキレるので元気なうちに接近するのは怖い。

これが、ドネアとかであればジャブの差し合いで負けないだろうしパンチの精度、瞬間スピードでも大丈夫だろうが、長谷川には出入りとタイミングはあっても鋭いジャブとかないからな。

やはり、最初に大砲を当てて、そこから一気呵成にという展開しか勝算がないような気がする。

幸い、ウーゴ・ルイスの方からゴリゴリ前にでてくることはほぼない。迎え撃つというのが定石になっている。
柔軟性はなく頭の位置はほぼ一定だ。鋭いジャブや槍のようなストレートを飛ばしてはくるが。

西岡、長谷川の試合展開、予想によくいえることだが、先に当てたら勝ち、食ったら終わり、そんなイメージしかわかない。

そして今のウーゴ・ルイスは長谷川が反応しきれずダウンしてきたパンチと質が似ており、嫌な予感をイメージさせる。

リコンドーやゲイリー・ラッセルだったら、こういうタイプのメキシカンをどう攻略するか、それがヒントであり手本だとおもいます。
西岡がやりにくいジョニゴンに適応しビッグレフトを当てたような、あんな一発が理想です。

決して楽ではなさそうだが、それでもどんな結果であれ受け入れることのできる、最高の相手です。

2年前くらいだったら無条件で長谷川の勝利を信じ、相手の穴を探し、勝てるとおもいこめたが、今はそう単純ではない。
パワーが通じず、華麗さは残しつつも被弾もする、成長も衰えもある中でどんな引き出しを用意して臨むのか?
とにかく被弾しないこと、それが出来れば勝てるはずなのだが。

カルロス・メデリン戦

ラモン・マス戦

ジョバンニ・カロ戦

ミランダ戦

16件のコメント

  • どらごん

    亀1号との試合の時より積極的なスタイルになってるかんじですね。
    長谷川のコンディション次第と思うけど12回もらわずにいくのはきびしいかも。無理に打ち合う場面も見られるし。

  • どらごんさん

    基本は待ちのスタイルで
    当たる距離に相手がきたらやり合うカウンターパンチャーですね。
    強豪にはそれなりに苦戦してるんで空回りさせればさほどでもないとおもいますが。
    嗅覚とシャープさ、おもいきりのよさがはるかに向上している気がします。

    ハンドスピードはあるけど全体のスピードや動きはさほどでもないので
    そういうスピードで上回れるか、かなぁ。

  • サーシャ

    本当にやるんですかね?
    長谷川はWBCのランキングに入ってなかったと思うんですが?

    でもやるべきではない。
    やれば衰えた今の長谷川は確実にKO負けでしょう。

    何も知らない人間に亀田と比較され晩年を汚す事になるだけで全く意味がない試合だと思います。

    そしてリゴンドーやラッセルなんて何の見本にもならない。

    元々のレベルが違い過ぎてあのレベルの選手を体現する事は日本人選手には不可能。
    世界的に高い評価をされてる井上でも無理です。

    全盛期の長谷川でもリゴンドーやラッセルと比べたらプロ野球選手と高校球児くらいの差があります。

    こんな晩年を汚す事になる無謀な挑戦は周りが止めるべき。

    やるなら和氣が勝てば挑戦すればいいと思います。

    和氣になら勝てるか、負けても惨敗もなくいい勝負になるでしょう。

    亀田と間接比較される事もなく最後の戦いに相応しいんじゃないですかね。

  • マックス

    長谷川はWBCランク7位です。先月でしたっけランク入ったのは?その時点でマニアの方はルイス狙いだと分かってたと思いますが。

    前回のダウンはテレビのインタビューでどのパンチで倒れたか分からなかったみたいなことを言ってましたが、それは反応すら出来てないってことなので不安ですね。ルイスも似たようなストレート打ちますからね。長身の天笠あたりに頼んでスパーした方がいいと思います。まあ日本はSバンタムやフェザーにはいい選手が多いのでスパー相手はたくさんいそうです

  • プクー

    サーシャさん

    まだ決まったわけじゃないそうです。
    海外ソースに出ててその先は僕が妄想しただけです。

    マックスさん

    現役続行の意味は再びの世界だろうし
    日本人で一番骨のある再起戦をしてましたので
    ウーゴ・ルイス狙いは想定内でしたが
    このタイミングで決まったらナイスですね。

    オラシオ・ガルシア
    カルロス・ルイス

    と、ウーゴ・ルイスに似てなくもない選手とやってきましたが
    相性は微妙ですね。

  • うっちー

    僕は楽しみで仕方がないです
    勿論、怖さもありますけど

    前回僕はコメントで、亀田戦にも触れましたが、亀田の名前はもう出すべきではないですね
    あの時とは別人と考えるべきだし、純粋に試合を見届けたいです

    僕にとっては内山選手と同じくらい思い入れが強い選手なので、どんな結果であれ受け入れたいです

  • るろう

    僕もうっちーさんと同じく楽しみですね。
    正直、今の長谷川は全盛期からほど遠いし嫌な予感をひしひしと感じますが
    それも含めて、長谷川だと思ってます。
    一発もらったら終わりのハラハラする試合になること必至だし、長谷川が負ける可能性も高いのにわくわくしてしまいます。
    長谷川は昔から応援してますが、魅力的なボクサーで目が離せません。

    オラシオガルシア戦の時のような予想を裏切る試合展開を期待したいです。

    一発貰ったら終わりのハラハラする試合になること必死だと思いますが

  • サーシャ

    そもそもオラシオ・ガルシアという選手が発展途上で全く世界レベルの選手ではないですから。
    ウーゴ・ルイスより下のレベルなのは明白。

    世界戦を10戦以上戦った長谷川がガルシアに勝った事は何の自慢にもなりません。
    むしろあの程度のレベルに負ける事が恥。

    亀田を出すなと言われても単純比較される事は避けられません。
    例え長谷川が全盛期ではなきにしろ。

    亀田なんかと比較され最後に晩年を汚すような試合をやるべきではない。

    僕はこの試合反対だしやる価値を全く見出せないです。

    長谷川というより山下会長はトレーナーとしても無能ですがマッチメイカーとしても無能。

    こんな無能な陣営の長谷川が哀れでなりません。

  • ダド マリノ

    何度も言う様ですが長谷川はスピードとタイミングで倒してきたのですが、バンタム級から上の階級に上げてからボクシングが変わり力んでパンチを打つようになり、パンチ力が無くリーチも短いので勝つ要素がありません。打たれ弱いロマゴンやマルチネスにもパンチは効かなかったし危険なダウンが多すぎます。この前の試合もダウンしてましたし、やはり五感の衰えが顕著です。

  • れい れなーど

    無謀かもしれない。呆気なく負けるかもしれない。それでも長谷川が戦うのであるなら全力で応援したい 。試合が決まった瞬間からわくわくさせてくれる人間ボクサー長谷川 穂積。誰が何と言おうと心の底から応援できるまさにカリスマボクサーだとおもってます。日本人の世界王者と名乗ってるいまのフライ級以下のボクサー…わくわくなんて欠片も感じたことなくて…

  • マックス

    少し話題がズレて申し訳ないですが、和氣の相手のグスマンとかいう選手に興味があったので調べてみましたが、これは酷い。亀田よりも酷い選手は始めて見ました。

    21戦21KOですが21戦中、8人が0勝の選手。0勝17敗とか0勝12敗とかいます。そして同じ相手と3度、もう一人は2度戦ってます。その3度戦った選手の現在の戦績は2勝37敗です(笑

    エキスベルに勝ってますが、大森戦後の戦績は1勝6敗です。グスマンの戦績の水増しは本当に酷い。ドミニカだからあまり対戦相手がいないのかなと思いますがよく分かりません。またプクーさんが和氣戦の記事を描くなら、またその時にでも。ここに書いてすみませんでした

  • サーシャ

    ウーゴ・ルイスに勝ったとしても穴王者に勝っただけとレッテルを貼られ、
    負ければ単純な間接比較で亀田以下の評価をされ、
    晩年を汚す事は避けられない。

    こんな試合に何の意味がありますか?

    痛々しくて見ていられない。

    それよりは和氣や大竹とやるべきだと思います。

    和氣や大竹なら衰えた長谷川でも経験値の違いで十分に勝機がある。

    負けたとしても好試合になると思うし次世代へのバトンタッチに繋がる。

    最後になっても有終の美を飾れると思います。

    長谷川自身、今更タイトルに拘っていないのでは?

    亀田なんかと比較対象にされる試合だけはしてほしくない。

    これ以上、晩年を汚す恐れがある試合はやってほしくないです。

  • ダド マリノ

    山下会長はマッチメイク力は無いですが渡辺会長や井岡ジムと違い海外でビックネームと戦うマッチメイクが出来れば長谷川共々逃げる事はしなかったし大口も叩きません。やるやる詐欺とか逃げ回っているのに大口を叩く陣営とは根本から違います。山下会長自身も長谷川を内心心配していると想像します。長谷川も千里馬ジムから抜け出せて山下会長から素敵なレストランを引き継いだのだからそろそろグローブをつるして山下会長のジムで後進の指導をする事が恩返しになると思います。

  • うっちーさん

    決まれば僕も楽しみです。
    亀のことなどどうでもいいです。

    るろうさん

    全く同意見です。
    それをふまえて準備するでしょう。

    サーシャさん

    そういう意見もあるのですね。
    あえて反論しません。

    ダド マリノさん

    ロマゴンとはやってないですよ

    れい れなーどさん

    決まったら勝機を探してどこまでも応援していきましょう。

    マックスさん

    そんなものでは?
    トップ層は強いとおもいますが、ドミニカ国内全体的には選手層薄そうです。
    戦績よりも内容、最近誰とやったかが重要で、少なくとも最近は和氣の相手よりはまともですし映像見る限りなかなかいい選手であるのは間違いないです。
    怪物とはおもいません。

  • マックス

    まあ確かに和氣も強いのとやってませんから、この試合でどちらが本物か分かるでしょうね。相性的に長谷川はグスマンの方が良いかもしれません。パンチはありますが比較的オーソドックスな感じですし、身長も長谷川と同じぐらいですから。

    ルイスはあの身長ですからバンタムでは減量がキツかったんじゃないでしょうか。体格的にフェザーかSフェザーぐらいですよね。もう亀田の時とは比べ物にならないですね。強いですよ。ボディが弱そうな気がするんですが、中々ボディには当てづらそうですねえ

  • マックスさん

    確かに強いけど
    自分からあんま仕掛けてこないので
    追い足は未だ課題かもしれませんね。

    相手を見下ろせるんで、迎え撃つのが得意っぽいですが。