軽量級のGGG

スポンサーリンク


マニアの遊びでやってる不完全ガイドで見つけた私的MVPのジャレット・ハードが王者となり、語る仲間は誰一人いずとも、一人で祝杯をあげたい、あげなくては。この記念日のアンダーカードで登場したモンゴルのニャンバヤルを私的、軽量級のGGGと認定して書いてみる。

トゥグッソト・ニャンバヤル
8勝8KO

ロンドン五輪フライ級銀メダル(ロベイシ・ラミレスに14-17)
日本の須佐の常に上をいく強豪でもあった。
リオの成松にもモンゴルの宿敵がいたよなぁ。

フィリピンのジェミノも強かったなぁ。
手ごわいので判定になりそうだったがきっちり最終回に仕留めるあたり、苦戦の中にも余力があり、計算してたと見えます。

まだ8戦ですし、モンゴル人の将来は不透明ですが、相手レベルはなかなかのものです。
軽量級を代表するトップアマですが、GGGのような無敵ぶりではなく敗戦もある。
中には韓国人に負けた記録もあり、韓国にも逸材はいるんだろうがプロはさっぱりだなぁ。

WSBにも参加してここでも2敗している。
速さにポイントロスしたのかな?

カザフとフランス

このフランス人はプロになっており、全勝です。楽しみです。

ノルディン・オウバーリ
http://boxrec.com/boxer/680900

なぜ、ニャンバヤルを軽量級のGGGと言っちゃうかというと
昔みたGGGのように、実はそれほど印象はない。オーソドックスで体幹が強いくらいの印象。
しかしその後大化けしたGGGと同じで、屈強さが抜き出ている気がするのだ。

ドファイターでもアウトボクサーともいえず、ガードを固めてコンパクトにジャブを基点にジリジリプレスをかけていくアジアっぽいスタイルだが、隙が少なくプレッシャーもきつく、パンチも強い。精神力もタフネスもモンゴルだけにかなり高そうだ。

要は総合力が高いのだ。速さや芸術性だけの選手は潰す底力が備わっている気がし、そこがGGGとかぶるのだ。

BOXRECでは173センチと背も高く、フェザー級でも大丈夫だろうが、Sバンタムあたりでみてみたい選手でもある。
もうかなり骨のある選手とやっているので10戦目あたりがひとつの山、全勝なら世界挑戦も近いだろう。
もっと俊敏華麗な選手やマグサヨのような天才系もいるクラスだが、リコンドーを倒すとしたらこういうボクサーかもしれない。

それにしても、ニャンバヤルやロベイシ・ラミレスのキャリアを眺めていると敗戦の中にカザフスタンが目立つ。プロにはなってないようだが、カザフスタン恐ろしや・・・です。

彼を軽量級のGGGなんて勝手に書きつつ改めてGGGについて最近おもうのは、NUMBERで西岡が指摘していたような気がするが、肩部•背部の筋肉が異常に柔らかく、強い。硬質すぎるジャブやワイドオープンな左フックなど、ありえない打ち方でありえない破壊力を生み出している。
特にGGGの左フックの打ち方について誰か解説してください。あれは人間技じゃない気がします。

話が逸れました。

ニャンバヤル、注目してください。
ほぼ井上尚哉と変わらぬ年齢で、アジアのアマではずっと格上でしょう。
井上が減量苦でSバンタムくらいが適正では?なんて声をよく聞くが、そこまでいくとこういう猛者がいますよ。
尾川もニャンバヤルを参考にしてはどうか?

日本で観てみたいなぁ。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

9件のコメント

  • ジュー

    プクーさんありがとうございます!私もニヤンバヤル、アマ時代から大ファンです。というか愛してますね。ニヤンバヤルのすごいところはプクーさんのおっしゃるとおりドファイターでも華麗なアウトボクサーでもないところ。普通の人が見ればごくごくオーソドックスなスタイルでそんなに強そうにも見えない。しかしその構えには隙もないし、パンチがなさそうに見えて実はハードパンチの持ち主。プレッシャーのかけかたも実に合理的。境地に達した剣豪のようなたたずまい。おそらくもう少し経験を積ませてから世界戦なんでしょうが、フェザー級だとシェルビーあたりは楽勝、バルデス、ラッセルあたりとも互角以上に戦えるのではないでしょうか、スーパーバンタムに降りてきても小國選手とは格が違うだろうし、黄昏のドネアも軽く倒してしまいそう。となれば、昇り調子のマグダレノか、帝王リゴンド―か。リゴンドーに一発当てれば何かが起きるかもしれません。その可能性をこの選手からは感じます。フェザー級で将来的には清水選手とやれれば日本人としては最高ですね。

  • ジューさん

    才能と鍛錬のたまものだとおもいますが
    こういうボクシングなら日本人も参考に出来そうですね。

    なんか、こう、言葉にしにくいのですが

    ただでは負けない、芯の強さを強烈に感じる人間ですね。

  • 確かにスタイルとしては参考にできそうですが、こういうモンゴリアンは
    筋肉が特別なタイプが多いと感じます。そこが純日本人との埋められない差かなあ。

    対バスケスの最初のダウンなんて圧力の掛け方、足の使い方もモロGGGっぽい。
    コンパクトに体は全くブレずになぞるように打つだけで効かせてしまうハードパンチも。
    マグサヨを動とするならニャンバヤルは静ですか。
    ファンになる気持ちわかりますねこれは。見ててゾクゾクするタイプのボクサーです。

  • 一瞬のマ夏

    お久しぶりです。GGGのパンチ、何回見ても全選手すごい効いてますね。今のボクシングは初動から出来るだけハイスピードで打つ選手が多いと思います。亀なんかの試合でよくノーモーションのひだりぃ!とか言われていたりとにかく最初からハイスピード。あるいは相手の意表を突くパンチ。GGGは初動はそれほどではなく
    インパクトにつれてスピードが上がりしかも身長に対してリーチがあり伸びていきます。野球でも球速に初速と終速があってその差が少ないと速く感じると聞いた事があります。そのほんのわずかな差が相手の反射神経と練習によって培われたディフェンスを狂わせるのでしょうか?あとスローでいつも思うのはヒジの位置です。拳と水平で普通の選手はヒジは下がり気味ですがヒジの位置が高く垂直に相手に当たるので効くのでしょうね。一見ヒジが高いため脇が空いて大振りに見えますがコンパクト。
    そしてそのパンチを支える恵まれた体幹。そしてアマから培われたディフェンス能力でクロスレンジでもパンチをもらわないですしバッティングもほとんど受けません。
    ボクシングというスポーツが盛んな国でないとこういう選手は出ないんじゃないでしょうか。例えば日本ではプロ野球で活躍するような人がボクシングをすれば可能性はあるかもしれませんね。日本人なら野球を選ぶでしょうが、、、。でもたまにマイナースポーツでも夢が見れます。砲丸投げの室伏選手とか、、、(笑)。
    村田は、どうでしょうか。夢を見せて欲しいですね。 長文失礼いたしました。

  • 八さん

    シンプルボクシングのひとつの究極、理想な気がしますね。
    テクニカルだけだったゾウ・シミンと違って鬼パンチ持ってるし。
    きっとタフネスも相当でしょう、

    一瞬のマ夏さん

    体幹というのが答えなのでしょうが
    GGGの左フックは、かいな力だけ、こんな打ち方はダメと怒られそうな
    上半身だけの横殴りの手打ちのようにも見えます。

    パッキャオも、脇を締めず、開けてフック打てば武器が増える的な事を
    井上にアドバイスしてましたが、肩部•背部の筋肉が発達してないと
    あの軌道と打ち方であんな破壊力は生まれないはずです。

    あれを何度も目撃して、こんな選手ははじめてだと驚きました。

  • 一瞬のマ夏?

    パッキャオがそんなアドバイスを、、、知りませんでした。思えばフックって総合のヒョードルとかでもそうですしロシアンフックと言われたり、やっぱり人種的な筋肉や足腰の強さにも秘密があるのでしょうね。あ~ライバルがいて欲しいですね。
    ウシク、ブリエディス、ガシエフあたりと同じ階級でGGGの方が小さいとかなら最高に楽しみなのですが、、、。

  • アダマウロ

    4スタンス理論ってのがありあますし、野球にもボクシングにも人それぞれに合うフォーム合わないフォームがあるんでしょう。ゴロフキンは三半規管を狙って打ってるようにもみえますが

  • マイティ

    カザフとモンゴル共通の肉食文化として大量に羊肉を摂取してるのも強靭な身体の一因かも知れませんね。

    個人差は有りつつも中南米の選手の打たれ強さと硬質なパンチはカルシウム抜群なトウモロコシを幼少時より主食としているからだと耳にした事があります。

    見た目は日本人に似通ったアジアンですが食文化が全く違う…優しげな風貌でも、まさに羊の皮を被った狼です。

    しかし、今更ながら思うにGは左利きなんでしょうか?いつぞやここで拝見させて頂いたミット打ちの動画では明らかに右より左の打撃音の方がエグかったです。

  • 一瞬のマ夏?さん

    パッキャオが日本にジム開いて来日してた時
    そんな話をしてました。もっと脇を開けてごらんと。

    ロシアンの怪力、剛腕はあるあるとして
    GGGの左フックは彼だけの打ち方なんですよね。

    けれども、もうそろそろ年齢が気になる頃になってきました。

    アダマウロさん

    子供時代の映像みてもああいう打ち方をしてました。
    線が細くてパワフルなのかはわからない映像でしたが。

    GGGには兄がいて、技術では上くらいいいボクサーだったらしいですが
    プロ向き、パワーがあったのでGGGがボクシングを続け、兄は戦士になったそうですね。
    あの左フックは練習で身に付くものじゃなさそうです。

    マイティさん

    同じ国でも色んな特徴のボクサーがいますし
    カザフやモンゴルはまだプロで見れる選手が少ないですが
    なんとなく全員、強打とタフネスがあるイメージですね。
    成松の宿敵だったオトゴンダライ・ドルジニャンブという選手も
    プロでみてみたいな。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)