ロマチェンコVSソーサ他

スポンサーリンク


8日、日本時間9日にまた各地で世界戦ラッシュです。日曜なんで空いてる時とどうしても観たい時だけライブ実況をやってみてなんか今年は忙しい気がします。例年同じかな。やはり世界はアクティブです。

米国、メリーランド州オクソン・ヒル
WBOスーパーフェザー級タイトルマッチ
ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSジェイソン・ソーサ(米国)

王者ですがソーサにとってはボクサー人生のハイライト。肉弾戦でぶちかます事ができなければ完封負け必至の相手です。けれど重いサリドに苦杯をなめたロマチェンコにとってもプロの壁といえそうなスタイルを持つのがソーサみたいな雑草です。
ソーサ陣営はまともな戦術では無理なのでただの前進プレスだけでなくロマチェンコの立体的な動きに対してもなんらかの対策を練ってくるだろう。狙ったパンチじゃなくあっちむいてホイ的なバクチパンチなど・・・

これほど、ポイントでは勝てないとわかりきってる相手を前に雑草がどんな奇襲を仕掛けるのかが見ものです。
雑草言うてもロマチェンコじゃなければソーサも技巧もタフネスも併せ持った日本人には高い壁の立派な王者なんですが・・・ロマチェンコ側も毎度相手の奇襲や開き直りの大胆な戦術を想定し、上回らなければならないのだから大変だ。

井上や山中以上に対戦者探しが大変だろうロマチェンコですが、当たり前に国を出て結果を出し、ミリオンファイターなのだからまだ相手は名乗りを上げてくる。
国内開催で安いファイトマネーで相手に断られるという次元とは違う。

ロマチェンコはここをクリアしたらたぶんライト級だろう。もうミリオンファイターだし日本人と絡むことはプロアマ通じてないのだろう。
日本人はSフェザーといってもコラレスと三浦絡みだけなのだろう。

ソーサを応援しますよ。

WBOクルーザー級タイトルマッチ
オレクサンデル・ウシク(ウクライナ)VSマイケル・ハンター(米国)

トップアマ同士、ロンドン組の対戦。ウシクは金だがハンターもベテルビエフ相手に悪い内容ではなかった。何より黒人らしく速い。両者のアマ時代の対戦はわからなかったがウシクの方が常に上という感じである。しかしその差はわずかであろう。同じ五輪組、トップアマ同士の対戦というのが新鮮なようでいて今の世界レベルじゃこれで当たり前なのだろう。なぜウシクはベテルビエフを何度も攻略できたのかな。それがわかる試合になるかな?

ハンター応援

4・8英・マンチェスター「A NEW ERA」
WBO世界Sウェルター級暫定王座決定戦 12回戦
同級2位・リアム・ウィリアムズ(英国)VS同級4位・リアム・スミス(英国)

ややこしいリアム対決。カネロに負けちゃったのがスミスで未だ無敗がウィリアムスかな。
スミスの方がテクニカルだがウィリアムスの方がパワーがある気がする。
より夢を持てるウィリアムス応援。

WBO世界ライト級タイトルマッチ 12回戦
王者・テリー・フラナガン(英国)VS 同級2位・ペトル・ペトロフ(ロシア)

マイキー参戦のライト級にあって地味というか地元を出ないので謎なおうじゃフラナガン。リナレスとやってクロラの仇を打ちたいだろう。英国の希望でもありそうだ。地味でもここまで32戦無敗のフラナガンに対するはロシア人なのにスペインで活動する古豪。過去、マイダナに唯一KO負け、ズラチカニンに負け、古くはビタリ・タイベルトに負けるも最近6連勝でサバイバルしてきた。そういえば粟生はどうしてるんだろう?

ペトロフ応援

WBO世界バンタム級挑戦者決定戦 12回戦
同級1位・ゾラニ・テテ(南ア)VS同級2位・アーサー・ビヌラエバ(フィリピン)

WBOだからタパレスへの挑戦権になるわけだが、大森はこの両者に勝てるのだろうか?もし戴冠したら是非やって欲しい。
テテ有利だとはおもうがビラヌエバもかなりいいボクサーでキャリアも十分です。

ついでにこんな試合もありますね。

エディオンアリーナ大阪
WBAスーパーバンタム級タイトルマッチ
ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)VS久保隼(真正)

この試合よりも勝った方の次が気になります。いいランカーがゴロゴロいそうな階級です。
あまり期待されていない久保が気の毒なので応援したいですが、やはり試合で納得させるしかない立場です。
むしろ、今頃になってやっとセルメニョがみれるのが新鮮です。もう旬は過ぎましたが・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

6件のコメント

  • camaro

    ソーサがどんな戦術で行くか気になりますね。
    サリドみたいにいっても今のロマチェンコには通用しそうにないですし。
    ライトに上げてマイキーに勝ったリナレスと戦うとなれば最高に燃えますね。

  • 杉川

    ソーサはウォータースやフォルトルナにも押され気味ながら後半巻き返したように対応力もあるいいボクサーですが、ロマチェンコはこの二人より頭5つ分ぐらい強いですからね。対応するどころか5~6Rまで立っていられるかも怪しい気がします。あらゆる角度からパンチ浴びせられてた房も対応力も発揮させる暇すら与えてすらくれないと思います。それくらいマルチネスやウォータースを倒したロマチェンコは相手に絶望感を与える強さでしたので。

    ウシクは近年のクルーザーでは最強といわれてますが、今回は試金石かもしれませんね。普通に勝つと思いますが、たぶんプロ入りしてから一番強い相手じゃないかと……それくらいクルーザーは一時不人気でしたからね。

    テテに関しては大森とやるとしても全く関心もてそうに無いですね。大森にほぼ勝ち目は無いと思いますし、塩付けにされた挙句後半KO負けでしょう。むしろテテとは井上兄弟とかとやってほしいですね、大橋会長がやらせない気もしますが。

  • プクー

    camaroさん

    絶望的な相手からのオファーを受けるだけで
    ソーサかっこいいですよ。

    彼自身はこれからまだ強くなる余地があるアマエリートじゃないのに。

    リナレスよりマイキーの方が自分は燃えます。

    杉川さん

    アマエリートじゃないのにここまで来たソーサ
    防衛もしてたしまだ強くなりそうです、が、ここで最強の相手。

    ロマチェンコはどうせ超絶な出入りと左右の動きでしょとわかるし強打者ではないんで怖さはないですが、個人的に。

    どんだけすごいのか肌で感じつつ、ソーサの天然力に期待です。

    テテもヨーロッパ所属なので無名の無謀なチャレンジ以外は相手にしにくくなっちゃいましたね。
    そんなに強いとはおもってない選手ですが、長身、強打という怖さを持ってますね。

  • なぜかプクーさんの応援する側を私も応援してしまいます。ほぼ弱者側なんですが(笑)

    しかしウシク対ハンターこれはハンターの出方によってはお互い空気を読み過ぎたとんでもない塩試合になりそうです。
    ウシクとはアマの時も戦ってないと思いますが(間違ってたらすいません)
    ウシクは格下だと感じているようでハンターがムチュヌと同レベルと考えているようです。
    たしかにプロ転向後の技術レベルは差がついてしまっていますね。
    ベテルビエフとやったらウシクは判定までいきそうですが、今のハンターは12R中にKOされてしまいそうです。
    ハンターはインドンゴ、ヌジカムばりの虚を付く一撃をかまして沸かせて欲しい所です。塩気の強い12Rは辛い。
    それはソーサも同じなんですけど、、、ウクライナ勢の被弾の絵がなかなか浮かびませんね、、、

  • マイティ

    長身、強打のサウスポー…日本人ボクサーの天敵そのものじゃないですかテテ。

    IBOの防衛にこだわっている所も面白い選手です。

    シーサケートと並ぶハイリスク、ローリターンの双璧ですね。

  • 世捨て人さん

    ハンター眠い試合だけは勘弁して欲しいですね。
    プロだとやや足りない気がしてましたがアマの試合みたら好選手だったので期待します。

    ウクライナすごいですね。人口の割に。

    マイティさん

    ハイリスクローリターンは日本ではスルーされがちですね。
    強敵にはそれなりに苦戦してるテテは怖さもあるが穴もあるとおもうんですが・・・
    KOパンチがあるのが魅力ですね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)