コバレフVSウォード2 LIVE

スポンサーリンク


コバレフの雪辱、ウォードの無敗記録が途切れるのを夢見、のんびり観戦します。ウォードのボクサーとしての姿勢は尊敬しますけど。

コバレフVSウォード

勝敗つくけどこれほど両者にとり注目され稼げる試合はないので幸せかもね。

1R
プレッシャーかけるコバレフ、右も狙う。
ディフェンス意識過剰のウォード、すぐクリンチ。
ウォードは打っても即クリンチ

コバレフ10-9

2R
有効打はない。
攻めたいコバレフだが、すぐクリンチに来るウォードにイライラ
ウォードの揉み合いからのローブローあり

コバレフ10-9

3R
ペースとしてはクリンチでコバレフの試合をさせないウォードなのかもしれないが
攻めてるのはコバレフで一発コバレフの右が浅く入ったような気がする。

コバレフ10-9

4R
攻めてるコバレフ優位につけるが、有効打はないのでジャッジがどう見てるかはわからない。
ウォードの軽いパンチもヒットしたが攻勢とコバレフのジャブもヒット

ウォードのディフェンスは本当に狡猾。打つ前によけている。

コバレフ10-9

5R
コバレフは明らかな右狙いになってしまい、読まれている。
軽くウォードがヒットするだけで歓声となりポイントも1差でコバレフと出たので
このままだとウォードのラウンドかもしれない。

コバレフは当たらずとも手数、左が欲しい。

ウォード10-9

6R
この共に有効打がない展開をジャッジはどうみるか
たぶんウォードがコントロールしているとみられてしまうんだろう。

ウォード10-9

7R
マリナッジの採点はここまで互角と出た。
やはりコバレフの良さを殺すだけのウォードに好意的だ。

クリーンヒットは難しいので揉み合いの中でコバレフの強打を炸裂させるしかないが
ローブローも含め、ウォードの流れになっている。コバレフはイライラしてるだろう。

ウォード10-9
マリナッジ採点だとウォードが逆転したかな。

8R
コバレフがローブローをアピールしたが認められず。
ウォードの有効打と出た。

コバレフはボディが効いちゃって大ピンチ。
ここにウォードの右がクリーンヒットしコバレフ効いた。

ここをウォードが俄然と攻めてウォードのKO勝利。
ローブロー込みのダメージでクリーンな結果とはいえないとおもうが完全決着。

コバレフにここまでボクシングをさせないウォードはすごいけど
頭脳的というか狡猾すぎる。

そしてコバレフはやっぱり超強打者だけど、超タフネスではない。打たれ脆さがある。

残念だが、決着した。

早く終わったので前座を流してますが
この黒人は誰だ?すさまじく強いな。

一方的なのでレフリーが止めました。

Tramaine Williams
12勝5KO

だそうです。

アマ97勝10敗戦。
10回の全国アマチュアチャンピオン
2回のリングサイドワールドチャンピオン
4回のシルバーグローブチャンピオン
PALナショナルチャンピオン
ジュニアゴールデングローブチャンピオン

フェザー級、日本人は厳しいな。

今日の前座勝利とおまけ。
この中に未来の王者がいるかも。

John Bauza
http://boxrec.com/boxer/756261

Bakhram Murtazaliev
http://boxrec.com/boxer/689777

Enriko Gogokhia
http://boxrec.com/boxer/762194

Junior Younan
http://boxrec.com/boxer/665199

Vaughn Alexander(デボンのアニキ)
http://boxrec.com/boxer/247286

井上尚哉の次戦の相手
Antonio Nieves
http://boxrec.com/boxer/585558

バンタムだし、ロマゴンリーグの一環ではないのかな。
やや残念。

ギレルモ・リコンドーVSモイセス・フローレス

フローレス雄たけび
リコンドーは切なげ

1R

初回最後で唐突に終了。

ギャーギャー雄たけびを叫びながらパンチを振るうフローレスだが空転。
リコンドーは冷静に様子見。

残り数秒でフローレスが強引に攻めてきたところを少し怒ったリコンドーが打ち返す。
それが一々急所にヒットして、ゴング後レフリーが割って入る少し前に入ったリコンドーの左フック

レフリーが割って入ったが、これが効いたフローレスは大の字失神。

レフリーのブレーク後、ゴング後かで物議になっているようだが
どうみてもリコンドーの圧勝だろう。

パンチが強烈に強いんだもんなこの人は。

また変な試合になっちゃったリコンドーですが、非はなく、個人的には楽しめましたよ。

結果はまだ審議中のようです。

ゴング後なのかもしれないが、フローレスの攻めを止める流れのパンチだし、レフリーのブレーク前の一撃だからこれでリコンドーの反則とかは勘弁して欲しい。
フローレスは記憶も吹っ飛んでる様子。

リコンドーのKO勝利で幕。
フローレス側は不満のようだが、気合入りすぎの墓穴かと。

フィニッシュはゴング後でしたが。
強いのは変わらず。

ドミトリー・ビボルVSセドリック・アグニュー

ビボルはもうチャンピオンと紹介されている。

初回からビボルのオーソドックスなボクシングが冴え、ダウンを奪取。
本当に日本人的なワンツースリー程度のオーソドックスなんだけど、速くて鋭い。
アグニューもコバレフにKO負けだけのスイッチヒッターで筋がいいのでしょうが,今のところブロック以外何もできていません。

スパーリングのような一方的な展開でビボルのTKO勝利。
最初からガードを固めるアグニューにワンツーしかないビボルのパンチはなかなかクリーンヒットしませんでしたが、最後は左フックかな?アグニューの眼を痛めつけてギブアップ。

一方的なスパーリングでした。一発も食ってないのでは?ワンツーだけでここまで強いのは驚異。
風貌もスタイルも東洋人的なので、村田がこんなタイプだったらなぁと嫉妬してしまいます。

USBAミドル級タイトルマッチ

王者
ルイス・アリアスVSアリフ・マゴメドフ

ホープ同士の一戦

互いにまとまりのいい拮抗した戦いだが、ミドルのパワーに欠けるかな。
キューバルーツの無敗アリアスの方がやや鋭い。
マゴメドフもぶれない芯の強さがあるがややスピードで追手。

打たれ強さもみせて粘っていたマゴメドフですが、アリアスの右フックスイングを食いダウン。
これが効いてストップ。

アリアス、抜き出たものはないですが、攻防ともまとまりがあり、穴が少なく
偏りのあるデビッド・レミューあたりより総合力は上にみえます。
米国には強いミドルがまだまだいますね。

22件のコメント

  • ああ。リゴンドーのホールドしながら打つ悪い癖がでてしまいましたね。
    どっちにしろ勝ちは固そうな気もしましたが…。
    ノーコンテスト??

  • ビボルも出てましたね。
    ひと目で分かりやすいから有難い。
    あれだけビビるのはパンチの異常な硬さにあるのでは?

    リゴは勝ちになったみたいですね。
    ホールディングパンチは当たってなかったのが幸い?
    リプレイみるとゴング後の加撃というほどではないですね。
    試合前は苦戦するのでは?と声もあったそうですがやっぱレベル違いますね。

  • 八さん

    悪いくせかもしれませんが
    あれだけ強引なフローレスを止めるには
    あれくらいは許容かと。

    ゴング後は明確でしたが流れの中なので止められないかと。

    フローレスの空回り感は半端なかったですね。
    これだけ待って3分で終わるとは・・・

    ビボルは今後苦労しそうです。
    ワンツーボクシングなんで。

    でも速くてパンチも強いのでこれだけでほぼ勝てますね。
    関心します。

  • いま知ったんですが井上の相手決定したそうです。
    アントニオニエベス。誰やねん。
    アローヨのどっちかじゃなかったんですかね。

  • コバレフはミスブローが多すぎましたね。
    スタミナロスが顕著な所にウォードのローギリギリのボディ、
    カウンターの右。。
    絶対に半身を崩さない憎らしい試合運びですがやっぱり上手いもんです。

  • 杉川

    リゴンドーは前回のディケインズ同様に全く相手にしませんでしたね。フローレスはディケインズよりずっといいボクサーのはずなんですが、リゴンドーにとっては同程度の相手だったようです。

    しかしリゴンドーはビジョン見えて来ないですね。フェザーに仮に上げても誰も対戦してくれないでしょうし、かといってナチュラルバンタムのリゴンドーがSフェザーまで上げてロマチェンコとやるというのも無理でしょう。ビッグマッチやろうにも相手がいません。

  • 富士山

    2Rのローブローが効いたのが全てですね。
    ローブローはやったもん勝ち。 すぐにひ回復しないです。

    気持ちよくない試合でした。

  • フィニッシュも含め、ほとんどローブローでは?
    ベルトラインと言われると微妙だけどウォードは強いというよりずるい。

  • クッパ

    ローブローを含めてうまいですが釈然としないです。これもボクシングなんでしょうけど…
    ウォードとステベソンの試合も見たいと思わないですね。やらないでしょうけど。

  • 杉川

    もう1回やってもコバレフはウォードに勝てないのはほぼ確実でしたから、結果は想定内ですね。ジャッジが全部アメリカ人なのにローブローアピールなんかしても無駄です。

    ウォードはコバレフの撃たれ脆さとスタミナの無さも完全に見抜いてましたね。前半はひたすらクリンチで時間を稼いで時折ボディを撃って削り、スタミナ切れとダメージで鈍ったコバレフを後半KO。仮にローブローがなかったとしても今日のウォードならどっちみちコバレフをKOしてたでしょう。それくらい差があったように思います。

  • 杉川

    ウォードからすればコバレフよりスティーブンソンの方がやりにくいでしょう。なんせ山中や三浦同様に一発で全部チャラにする左がありますからね。ウォードは勝てる試合しかしない印象なので万が一が起こりうるスティーブンソンとはやらないと思いますが。

  • カリメロ

    管理人さんはマリナッジのことをいってるのでskyを見てたんですよね?試合後にマリナッジがアナウンサーに向かって、ローブロー問題について自分の意見を機関銃のように話してて、内容を知りたかった。何言ってたかわかりますか?

    個人的には、ああいう形(僕はローブローだと思う)で試合がストップされたのは、なんだか納得きません、、。

  • マリナッジの機関銃英語はヒアリング不能です。
    活字になればなんとか・・・

    ローブローが決めてとなった試合だと確信しますが
    コバレフ陣営に策がなかったかも。

    当然、初戦を経て、ウォードにはこれしかないのは
    わかっていたとおもいます。

    ウォードが強いというよりは、勝つために手段選ばず
    狡猾さとそれを遂行する能力だけはすごいなと。

    ディフェンスはさすがです。
    ハードクリンチャー認定です。

    リコンドーも、余裕で別の勝ち方できるのに
    いつもああなっちゃうのは、クセなんでしょうかね。

  • SAKANA

    オリンピアンの甘いアメリカジャッジという印象です。LマティセとDガルシアとの一戦もローブローが勝敗を分けたような試合でした。才能あふれるコバレフの今後が心配です。

  • カリメロ

    ヒアリング不能でしたか(笑)。ベラベラまくし立ててたから、少しでも何言ってるか、神経を集中して聞いてたんだけど、無理っすね!

  • 杉川

    リゴンドーはKO勝ちを余裕で出来た試合だったドネアとアグベコ戦で酷い塩試合をして勝ったのに散々叩かれましたから、差があり過ぎて遊んだアジア人相手の二試合はともかく、いつもより相手にダメージ与えるブローが増えてた気がしますね。しかしこれじゃ尚更相手が居なくなりそうなのは不憫です。

  • 杉川

    ニエベスは以前に不完全ガイドで紹介してましたね。同じく紹介されていたポタポフとのサバイバルマッチ(NABOバンタム級タイトルマッチ)でスプリット負けして王座陥落、井上戦が再起戦みたいですね。

    管理人さんが紹介するぐらいのボクサーなんで悪くは無いと思いますが、やはりアローヨ兄弟と比べると実績も実力も確実に落ちますね。

  • あな

    ウォードコバレフ、楽しめませんでした 最初はともかくローブローに関してはなんとも言えないし、決め手になったのはリゴンドー同様クリンチ際からのオーバーハンドでしょう 途中ラウンドまでの採点も意義なしです
    それよりもお互いのパフォーマンスが謎だらけでした ブルックゴロフキンの再来かと
    コバレフが距離を潰してクリンチされたり上からのし掛かったあげくラビット打ったりローブロー貰ったりはまぁ試合前からそうなるかもとは思ったのですが、ウォードはちょっと理解できないです
    l字の使う距離がおかしかったり、前回のキーショットのボディージャブを伏線なく打ってしこたまオーバーハンドを被せられたり、よくわからないタイミングでサイドとろうとして失敗したり意図の見えないスイッチしたり 終盤の2ラウンドまでのそれは井上を見てるよう プレッシャーが強すぎたのか、最大の持ち味のリスク管理が手抜きに見えました
    自分は前回のウォードのパフォーマンスはハーンズ戦のレナード以上の史上屈指の出来だったと思いますが、仕掛けが不発だとただの塩ダーティーボクサーにしか見えないですね、確かに お互いキャリア最悪のパフォーマンスでは
    フローレスはリゴンドーに右で距離とタイミングを図らせない戦いをしたかったのだと思いますが、パンチのうち終わりの処理はないし、その癖無理矢理懐に押し込んでいかないしで、本当にトップアマなのかという出来 そしてその狙い放題のうち終わりに左を打ち込まずにアウトボックスするリゴンドー
    結局リゴンドーの真価を図る前になんちゃってkoされたフローレス
    個人的には最悪の興行でした イライラして文章が荒いです ご免なさい
    リゴンドーはフェザーでラッセルとやってほしいな

  • あな

    ビボルやっぱいいですね
    跳ねるフットワークとコンビネーション少な目のある意味受け身のボクシングですが、リードを強く打つ点と打ち終わりの処理を怠らない点が美徳ですね
    こうしてビボルやマイキーが活躍してるのを見ると日本人に欲しいのはアメリカンなスキルでもなければ身体能力でもなくプレスのかけ方とディフェンス意識だなと再確認します

  • うっちー

    コバレフ負けたんですか…
    勝ってほしかったんですがね
    リゴンドーの試合、気になります
    動画探してみます

  • 一瞬のマ夏

    う~ん。もうウォード劇場でした。こうくるのは予想していたんですが、、、。ウォードはコバレフが序盤に勝負をかけてくると読んでとにかくそれを空回りさせる事に注力してました。この辺で全然ブーイングもないのが何とも、、、。ディフェンス偏重の見栄えのするタッチボクシング。
    これに対して1発KOパンチを入れて欲しかったです。

  • 皆さんコメントありがとうございます。

    出た結果は尊重せねばですが

    歴代で最強のLヘビーとおもっていたのがコバレフでした。
    今はベテルビエフとかロシアのすごいのがゴロゴロ出てきましたが。

    そういう、正攻法に強いボクサーがウォードのような頭脳派に屈するのもまたボクシングの奥深さ。

    メイと同じで好きになれないウォードですが、戦術は本当に見事です。

    やっぱ、殴りあってぶっ倒す、本能的な部分で強い、怖い選手にこのベルトを奪い返してもらいたいものです。

    今回のローブロー決着は村田やバーネット戦のような物議にはならないのでしょうかね。

    バーネット戦は採点が修正されたようです。
    それでも80歳の糞ボケジャッジの権威は尊重するそうです。
    歴史的な出来事だとおもいます。
    プロにもそういう糞ジャッジは存在するんですな。

    最近、明らかにおかしな事が多すぎです。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)