ノニト・ドネアVSジェフリー・マセブラ他

スポンサーリンク


注目の一戦はドネアの順当な勝利とのこと、日本の佐藤も順当に初防衛しました。

ドネアVSマセブラ戦は観戦できず・・・これからじっくりみます。
youtubeでちょっと確認すると・・・やっぱ大きな相手で中間距離でも相手のパンチが届くのでやや組み立てが雑か・・・
リコンドーなどスーパーな王者がいるのでどうかはわかりませんがやっぱりしなやかで速くて強いのは一目了然。
特別な世界王者だとはおもいます。

どんな選手にも試合や相手によって出来不出来、ムラはあるもので、そういうのがなく全ての試合が絶対的だったのは全盛期のタイソンとリカルド・ロペスくらいだよなぁとおもいます。増量ドネアにそういう領域まで求めるのは今の時点では厳しいか。
やっぱ体がユルイ感じの仕上がりです。

でもやっぱ華麗で別格に素晴らしいボクサーです。
相手だって曲者現役王者、かなり強いですからね。
こんなレベルの相手でも普通に勝つのは当たり前、どんな勝ち方するのか、体格差の克服はみたいになるドネア、やっぱ特別な王者です。
このレベルの選手は世界王者でもそう多くはありません。
何度も書きますがSバンタムでは実績のある西岡、特別な存在であるリコンドーがいますけどね。

http://www.youtube.com/watch?v=IuqACSzRRgc&feature=related

佐藤の試合はなんとかTVで見れました。

初防衛戦としては佐藤らしさも出てよかったとおもいます。
しかし課題も見えました。

ボクサースタイル、ファイタースタイルがまだどっちつかずのようにみえる
パンチが単発、コンビネーションがあまりない
下がるシーンはあってもロープに詰めて攻め込むシーンがあまりない

どっちかというとスピードがあってパンチがシャープで手足も長いのでアウトボクシングが佐藤の真骨頂であろう。
ただこの日は初防衛で相手のパンチが重いので慎重だったのか、得意のカウンターやアッパーなどは少なかったとおもいます。

シルベスター・ロペスは佐藤より上半身が分厚くパンチが強いのは感じましたが
基本に忠実すぎ、スピードがなさすぎ、正直世界王者になれるレベルには見えませんでした。

どっかの親子が偵察に来ていましたが、どうするんでしょうか?
3番目は結構みかけだおしのスピードとテクニックを持っているとおもってますが佐藤のほうが断然強くみえます。
パワーはロペスの半分もないでしょう。ペラペラです。
前回どっかの居酒屋でやってた前座試合はお客さんほとんど誰もみてませんでしたがフィニッシュシーンは風圧でした。
ありゃー動きよさげとおもってましたがこんなにもパンチが軽いのねという印象です。

ロペスは一発のある不気味な挑戦者でしたがタイの王者、前王者の方が回転力とガッツがありそうです。
まだ伸びる佐藤ですので今日のような丁寧なボクシングプラスαで長期政権を築いて欲しいとおもいます。
意外や佐藤のようなボクサー型は日本では珍しく長く防衛できる素質があるとおもいます。

4件のコメント

  • ブリブリボクシングファン

    佐藤の試合はまだしっかり見たことはないんですが
    3号には負けてほしくないです。ていうかやらねえか!笑

  • プクー

    ブリブリボクシングファンさん

    佐藤は徳山に通じるっ評されてましたがなかなかいいボクサーですよ。
    日本人には珍しく中南米選手のような距離感とディフェンスワークを持っています。
    パンチも速くてシャープです。重いというタイプじゃないだろうけど。
    傑出したエリートというのではなく日本王座はじめ地道なキャリアが実を結んだ好ボクサーです。

    まだまだ伸びるとおもいますよ。

    3号は兄弟の中では一番動きがいいようにみえますが佐藤レベルはもとよりロペスレベルともやったことない謎なキャリアなんでとても敵わないとおもいます。

    動きはよさげだけど空気みたいなパンチ打ってましたから。

  • p

    やっとDonaire vs Mathebula 観れたので投稿します。

    フタを開けてみればドネアの圧勝、予想でした。ところどころでパンチを被弾しているものの、全体的な印象はドネアの動きに圧倒されるマゼブラという感じ。自分の採点は116-111でしたが審判はもっと開きがある採点でした。ラスベガス採点だとジャブを重視するのでもう少し違ったかもしれません。

    この試合を観て、西岡はドネアに手も足もでないんじゃないかと心配になりました。ドネアはスゴい選手なんだな、西岡とリゴンドーを並べてもSバンダム最強と言われるだけあると痛感しました。

    しかし、気になった点があります。
    バスケスJrとの試合と比べると、増量でドネアの攻撃力が増しただろうとは思うんですけど、以前の精密な動きが幾分荒くなっている様にも見えます。パワーを得たがキレを落としたのかなと感じました。まあ、マゼブラの身長を考慮するとバスケスJrとの試合を比較するのは無理があるかもしれませんが、ちょっと気になりました。

    ついでに佐藤も少し書きます。
    正直、佐藤の王座奪取した試合をみて期待はしていなかったのですが、危険と思われたシルベスター・ロペス相手にしっかり勝つ事ができたのは嬉しい裏切りの結果でした。ロペスの動きが硬かったのか元々ああいうスタイルなのかは分かりませんが世界戦にしてはもの足りなく感じました。
    佐藤は上下を打ち分けて巧く当てていたのが印象的でした。

  • プクー

    pさん

    ドネア、佐藤ともに格の違いはあれど相手より速くて自在性がありますね。
    なので相手のスタイルにあわせ色々な戦い方ができる。

    ドネアは西岡やリコンドーのような体格相応、スキルの高いものと戦ったらまた精密でシャープすぎるボクシングで望んでくるとおもいますよ。

    今回は相手がでかいし派手な試合したい色気もあったんじゃないでしょうか。
    勝ちに徹することもできるしやっぱ柔軟な選手です。

    ただまだ階級適正はできてないとおもいます。