スポンサーリンク



スーパーフライ 日本

ゾラニ・テテVS帝里木下

投稿日:

IBFスーパーフライ決定戦。少なくともリボリオ・ソリスやら亀2やらデンカオセーンなんかとは違うきちんとした世界ランカー同士の決定戦

憚りながらテテを応援しているが、それは純粋に両者のボクシングでどっちが好きかである。
帝里木下は日本王座を5度防衛し未だ無敗、世界挑戦資格はあるだろう。しかし印象に残る試合がない。
どの試合もかみ合わず、煮え切らず、接戦でわずかに木下かなというような試合ばかり。
上背があり、腰は引いて頭と手が同時に出てくるようなスタイルなのでバッティングがよく起きて相手はパンチと別のダメージを抱えながらイライラというような試合を見た。相手の力を発揮させないスタイルだ。
サウスポーだが左に威力がなく右の方が強い。
だから入られてバッティングがよく起きるのだろう。

ソリスVS亀2のため?なぜか王座をどかされてテテと挑戦者決定戦をやり直すことになった元王者ファン・カルロス・サンチェスJr。
この試合は先の統一戦よりよほどハイレベルな激闘でありそこを勝ち抜いたテテのボクシングの方が見てて楽しいのだ。

テテは攻撃的なボクサータイプのパンチャー。KO率が高い。ストレートが主武器の選手で接近戦に弱い。
自分の距離で戦えば強いが、重厚な圧力を受け距離を潰されると脆い。
成長、修正はしているだろうが、同国のモルティ・ムラザネ戦を見ると完敗である。

いいところ、悪いところがはっきりとした選手だ。

王者になるにふさわしいスキルとパワーを持つが決して盤石ではなく欠点ははっきりとしている。
このクラストップのオマル・ナルバエスにはそこをつかれるだろうし、先日王者となったカルロス・クアドロスほど完成はされておらず、王座を失ったシーサケットでもテテを追いかけまわして倒すだろうとおもう。河野はどうか?いかにも分が悪いが我慢してカウンターで逆転できるレベルかもしれない。

長身強打のサウスポーで才能抜群だが際どくも3つも負けている。

と、攻略の糸口はみえる選手だが、帝里のスタイルは待ちのボクシングなので果たしてかみ合うかどうか?
見栄えはきっとテテの方が上だろう。

しかし徳山や李列理が独特の距離を支配し王者となったように、日本で際どくも負けにくいスタイルを極めた帝里はテテにとってもやりにくいかもしれない。

テテはどんな試合も退屈にはなりにくいが、かみ合わず帝里のジリジリしたペースになれば試合はわからない。

KOでテテ
大差判定でテテ
際どい判定で帝里

と予想する。

この試合の勝者も亀1と戦いたいそうだ。
3階級王者なのに警戒されず、大人気だな。

しかし対戦の可能性はないだろう。

どちらも亀1よりも優れたサウスポーだから。
特にテテみたいなKOできる左のボクサーパンチャーこそが亀1の憧れのスタイルだろうから。

スポンサーリンク



-スーパーフライ, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.