スポンサーリンク



スーパーフライ 日本

Sフライ級

投稿日:

全階級で?ストローは置いといて、へぼい階級に成り下がってるなぁとおもっていたこの階級がまともになりつつあります。

かつては渡辺次郎、鬼塚、川島、徳山、川嶋、佐藤洋太・・・など日本人にとり思い入れのある階級でしたが・・・
戸高もいたかぁ・・・

WBOは殿堂クラスのオマル・ナルバエス

久高が挑んでくれてよかったな。
それまで未知の王者であったがその全貌が披露された。
パワーはないが攻防よどみなく連打が巧みで総合力が高い。
ドネアには何もできなかったが何もさせないほどにブロック職人ぶりを見せつけた。
小さいのでこの階級でボクサー人生を全うするだろう。
しかし本格派南米ホープあたりに落城の日は近いか。

WBCはカルロス・クアドロス

帝拳所属で日本で何度もお目見えしているが、リナレス系の天才肌で誰も名乗りをあげないほどのパフォーマンスだった。
佐藤洋太や向井を破ったシーサケットを下して戴冠したが、懸念も露わになった。
格下相手だと抜群に強く派手にKO勝ちするが、特別パワーがあるわけでもなく打たれ強くもなさそうだ。
そこらへんもリナレスと似たタイプの俊才に見える。
しかし彼に挑む日本人はいないだろう。

IBFはゾラニ・テテ

前王者ファン・カルロス・サンチェスJRとの激しいサバイバルマッチを経て、帝里との決定戦ではそのご褒美かのごとく楽に王座の手土産を得た。
長身のパンチャーでノックアウトが多くいかにも日本人が避ける武器を持つが戦略次第では穴のある選手だ。
この相手、このスタイルにアウトボクシングで勝とうなんてナンセンスであった。

赤穂だけ俺がいったると言いそうである。
ストロングポイントが両者はっきりしている。

WBAは河野公平

おもえばたくさんのチャンスをもらった選手だ。
未だにトマス・ロハスに何もさせてもらえずそこから3連敗の印象をぬぐえない。
最近倒すヒットポイントを得たが倒してきたのは一流の選手とはいえない。
申し訳ないけど2階級下の井上の方が強そうだなんて声もあるのが事実。

このような状況では情けないことだが河野の王座をターゲットにしている日本人が多いみたいだ。
河野には舐めるなとカツを入れて欲しいが、亀1とやるために危険な試合を避け、準備をしているみたいな現状だ。
勝てば内藤の二番煎じのごとき人気は得るかもしれないが、世界王者としての評価が増すことはない。

マックジョー・アローヨなどなど、たくさんの王者級ランカーがいるなかで
穴王座争奪の様相を呈する現状がとっても嘆かわしい。

ボクシングファンはもう知っている。王者より強いランカーがいることを。
それでも日本人が王者だと挑戦すらさせてもらえないということも。

スポンサーリンク



-スーパーフライ, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.