マーク・マグサヨと井上尚哉

スポンサーリンク


マニー・パッキャオが引退表明し、(ラストファイトが素晴らしかったので復活してもおかしくないが)
第二のパッキャオを求める声がきかれる。
三浦が年間最高試合を演じたがかなり被弾し結果は敗北、内山もアメリカデビューすることなく敗北。
センス、才能、若さを純粋に考慮するとこの2人が最有力候補だ。

20歳と23歳、この二人のポテンシャルはよく似ているとおもう。
並のランカーよりも圧倒的にスピードがあり、エンジンをあげて攻撃態勢に入ると津波のような迫力で圧倒する。
空いたところに自在にパンチが出せる、相手にパンチを先に出させてもカウンターを合わせ自分のパンチのみ効果的に当ててしまう。
小さな頃からボクシングをやっていたからであろう、体に染みついた格闘センスが抜きんでている。

しかし、まだ若さも残る。

クリス・アバロスとのテストマッチでは様子見の初回を終え、2回にマグサヨはいきなりエンジンをあげてアバロスに襲い掛かる。
パワーとスピードにのったいきなりの強襲にアバロスはもうストップ負け寸前
しかしこの回を凌ぎ3回には肉弾戦に切り替えてマグサヨを嫌がらせダウンを奪う。

白熱のシーソーゲームだったが、またしてもマグサヨが津波を炸裂させてテストマッチの強敵をストップしてしまった。

井上も序盤はいつも強打をみせて相手をたじろがせ、主導権を支配してしまう。
それで圧倒し終わらせてしまうパターンだったが、一昨晩の試合では拳を痛めたのとじっくり戦うプランもあり判定まで粘られた。
無茶をすればKOできていたがそうしなかった。最終回だけ少し欲張った結果だろう。

最終回にセコンドの指示?でボディ攻めというのは珍しい。
意地の張り合いでお互いボディばかり打ち合って余裕残しの井上が徐々に圧倒しカルモナの膝をつかせたのだろう。

年齢と2階級制覇のキャリアの分だけ井上の方がマグサヨより完成度の高い大人のボクシングができていると感じるが
本質的な部分はとてもよく似た異次元の天才ボクサーだ。

パッキャオの母国、フィリピンで一番の才能と言われるマグサヨは順当ならば今後主戦場を本場アメリカに移していくだろう。
フレディ・ローチから熱心にスカウトされているという噂だからワイルドカードジムでやっていくのかな?
マグサヨがどんな性格で英語が堪能なのかも不明だが、たぶんパッキャオの後を追うような道が用意されているはずだ。

一方の井上もWBOの至宝と言われ、今回の試合のためだけにWBO会長も観戦に訪れたほど。
現P4P最強と言われるロマゴンに勝てる逸材として世界的にも注目、期待されている。
しかしまたしても拳の怪我で今年はあと2試合できるかどうか?

今の環境でも手ごろなパートナーは多いだろうし井上を取り巻く環境は悪くはなさそうだが、そこまで期待値の高い至宝のような選手をこのまま日本に残しておいていいのだろうか?
どう考えても海外の環境の方がはるかにレベルが高く刺激的な練習が可能だろう。完璧にみえる井上の課題、修正の余地さえあるかもしれない。
マニー・パッキャオの進化はフレディ・ローチなしにはありえなかったであろう過去をみても。

大手ジムでなくとも村田より後にデビューしたアマのライバル、イエフゲン・ヒトロフの方が質も量もいいキャリアを積んでいるように
井上ほどの逸材は早い時期に海外へ羽ばたかせるべきだとおもう。

井上自身の希望もアメリカ進出、英語の勉強をしたいと言っている。

結婚もしたみたいだし、本人の意思が一番大事だが、このまま日本にいても年2試合でマスコミに大いに煽られTVで弄られ、タレント化していくだけとおもわれる。
後4年が勝負と自覚しているみたいだから一番大事なその時期に、最高レベルの環境に身を置いて欲しい。

内山のような飼い殺しにならぬためにも
自分の未来のためにも
日本ボクシングのためにも

なんならマーク・マグサヨと同じ環境なら最高の刺激となろう。
多くのホープがいるだろうし、ドネアも身近な存在になれるかもしれない。

これはマニアの妄想でしかないが
絶対その方が強くなれるよね、拳の怪我も克服できるノウハウがきっとあるよ。
最初はしょっぱいファイトマネーかもしれんけど、勝ち続けてればミリオンファイトの近道だよ。

本場だったら記録だけのために井上拓真を7戦目で世界挑戦させたりしないだろうな。

ところで、一昨晩の試合の意見、重鎮だろう森田さんですが

「俺のとは、違うなあ」

という感想です。
皆さんどうおもわれます?

試合を観戦した元JBC(日本ボクシングコミッション)事務局長の森田健氏が言う。

「メキシカンはタフなボクサーが多いことに加えて、階級の違いもあるかもしれません。井上はライトフライ級からスーパーフライ級まで、2階級を上げている。階級が上になるほど、周囲のボクサーのパンチ力も増す。確かに井上のパンチ力は目をみはるものがありますが、ライトフライ級の時ほど絶対的な武器とはなりにくい。最終ラウンドのダウンも、相手のスタミナが切れていなければ倒れていなかった可能性が高い。私個人の考えですが、井上はフライ級くらいが一番輝くかと思います」

11件のコメント

  • れい れなーど

    森田さんかなり手厳しい意見ですね。今回は拳を痛めたので絶対的な強打を打ててないですが階級上げた井上のほうがパンチ力も動きもいいとおもいますが。井上がローチの指導受けて試合できれば無敵になれるとおもいますが。
    アバロスに和氣は勝てないとおもってますがマグサヨがローチとほんとに組めば驚異な存在ですね。

  • ボクシング好き~

    お久しぶりです。私もこの森田氏の記事を読みました。違うなぁと思いました。
    一番は適正階級。以前も書きましたがSバンタム位が良いと思っています。Sフライより下では減量がきついでしょう。
    TV向けの一般人ファンを獲得し日本ボクシング界を盛り上げる為だけならこの階級までで戦わせたいでしょう。
    チャンピオンとなった今ではマッチメイクも陣営が有利に進めれるので大橋ジム次第ですね。次戦ナルバエス戦をどこでするかで見えてきますね。日本開催ならあ~あ大橋ジムもか、、、。ですし少なくとも日本ならテイケンにでも移籍するしかないですね。アルヘイモンと契約して欲しいです。
    理由は違えど亀3のしている事は亀一家でなければ良いやり方なんですけどね。認めたくはないですが。あとは亀海とかも頑張って欲しいですね。
    個人的には井上は好きなボクサーでは無いですねぇ。きれいすぎるというか何というか強いのは間違いないのですがくせのあるボクサー(ブルファイターとか)としてみて欲しいです。KOに拘らず勝ちに徹するならロマゴン相手でも捌き切れそうです。あとはやらしいクセのあるボクサーと1度して欲しいです。誰かな?

  • まぁー

    正直全然違うんじゃないの?と思いますね。

    あれがフライ級での試合だったなら逆に尚弥が減量苦によるスタミナ切れを起こす事も考えられるわけで。

    このお話は今後、バンタム、Sバンタムへ転級した時に出る意見かなと思いました。

    かつて野茂がメジャーへの道を拓いたように、井上には個としての最大のわがままを周囲に遠慮なく発揮して欲しいですね。

  • れい れなーどさん

    階級あげてパワーを生かせるようになった。
    森田氏と逆の意見です。

    今でも彫刻のような体で、もっと階級あげるべきなんだろなぁ。
    そうすれば拳の怪我も減る

    とおもってるんですが・・・

    山中との試合はみたくないけども。

    ボクシング好き~さん

    背が低いのでSバンタムまでいくと
    カール・フランプトンみたいになっちゃうなぁと懸念してますが

    漲るパワーと減量のアンバランスで拳に負担かかっちゃってやしないかと。

    半端ない逸材なんで大橋会長も井上だけは海外行かせたいっぽいですが
    どこまで手放れさせるかでしょうねぇ。

    シーサケットと昨日のような試合してると怖いなぁとおもいますね。
    とにかくアクシデントが怖いし起きやすいですね。

    まぁーさん

    くだらない民放や日本のマスコミから遠く離れたところで
    強さを求めてやって欲しいですねぇ。

    仕方なく井上の試合は衛星中継だとしても
    海外スケールのボクシングを庶民が見たら驚くとおもいますよ。

    歴史が変わるし、井上が西岡を超えないと誰がやるんじゃ?
    って話です。

  • ダド マリノ

    おっしゃるとうりです。フライ級では減量出来ないでしょう。スーパーフライでもギリギリの体調に見えました。適正ほバンタム級と思います。ライトフライの時に水分不足で足がつっていたように。スーパーフライの2戦を見ても森田健氏はパンチ力を疑うのか理由がわかりません。大橋会長が海外 海外と言っていますが渡辺会長の時の事もあるので本当に実現するまでぬか喜びはしないようにします。井上も山中も次回の対戦者が決まりそうですがワクワク感ないです。その他は気にもならないです。内山がリベンジしたい相手は対戦するまでに王者じゃないと思います。当分は静観します。

  • まんB&じょっP

    海外進出については同感です。大手プロモーターが付いてくれてマッチメイクしてもらえれば良いのですが。拳のケアやトレーニングもまだまだ学ぶことがあるかもしれないですし。このまま日本にいて変な試合枯れがなければいいのですが。
    森田氏の見解は、並の選手なら当てはまるでしょう。身長だけみればフライ級くらいですし、バンタムくらいになると小柄なくらいでしょう。ただ、世界王者の中でもグレートの域になると、ある意味適正階級そのものがないように思います(勿論、限度はありますが2、3階級程度の壁が無いような)。過去にグレートな選手を見てもそう感じます。
    もう一点、今回はカルモナがタフであり、Sフライの選手だと倒せないのではなく拳の怪我が原因でしょう。1Rは会場がどよめくくらいのパワーと撃ち込むハンドスピードでしたが、2Rからは明らかに落ちました。中盤にははっきりしましたよね。本当に課題は拳の怪我ですね。

  • マイティ

    安易な転級は賛成しませんが…

    減量から解放されて筋量、骨密度ともにフィジカルが充実したパワー全開の井上を見てみたいですな。

    今現在のサラブレッドのような身体つきを見てフライ級に下げろとかどうかしてます…

  • ダド マリノさん

    パンチが足りないからKOできなかったのでもなく
    カルモナがタフだったわけでもなく
    拳の怪我で強く打ち込めなかったんですよ、あの試合は。

    カルモナのテーマは勝つことよりも顔面守って立っていること
    井上相手に善戦すればまた次にチャンスが来るさ
    だったとおもいます。

    コラレスが1,2試合レベル高い相手と戦えば消える可能性は高いとおもいますよ。

    まんB&じょっPさん

    拳の怪我をしにくい打ち方、体の作り方に徹底して取り組んだ方がいいですね。
    海外ではそこも含め進んでいるとおもいます。

    5階級制覇のドネアは憧れでしょうが、ほどほどの適正階級に落ち着いて欲しいです。
    今は複数階級よりも統一王者の方がかっこいいです。

    マイティさん

    パワーもスピードも全くもって問題なく上の階級で通じるとおもいます。
    しかしカルモナの軽いパンチを被弾していたようなセンスに頼るディフェンスでは
    側頭部にパンチ食らって倒れたドネアのように、相手のパワーと体力にやられる瞬間が来るとおもうので
    耐久力まで含めた範囲内で今後の適正階級を模索して欲しいですね。

    ロマゴンとの対戦街まではこの階級でやっていくつもりなんじゃないでしょうかね。

  • うっちー

    森田さんの意見には僕も正直「?」と思いました
    さすがにフライ級では無理でしょう
    LF時代みたいに、能力を削いで試合に出ることになるでしょうし
    井上君、いや、井上兄弟には早く海外進出を果たしてもらいたいです
    日本のマスコミ、TVは当てになりませんし
    ロマゴンとも試合をしてほしいですが、ロマゴンはいつ階級をあげてくれますかね?
    今の井上君の減量苦を考えると、持ってあと1年くらいな気がしますが

  • うっちーさん

    P4P一位が相手ですから
    やれるまで頑張って欲しいですね。
    ベルト以上に価値のある試合です。
    拳の怪我や技術的な点もまだまだ修正の余地はありますしね。

    森田さんはレフリーやジャッジのころから色々

    「俺のとは、違うなあ」

    でしたが、ただのブロガーの意見なんかより

    森田氏の見かたも一理あるんでしょうな。

  • マイティ

    やはりプロボクサーである以上、強く打つ事、打たれる事に耐え得るタフネスこそ最も重要なファクターなのかも知れませんね。

    バンタムに転級後、山中のGLを凌げるのか?パヤノのラフに応戦出来るのか?

    クリア出来れば普通にモレノやウォーレンにも勝てそうですな。

    栄養面やトレーニング環境、指導の変化、ディフェンス、オフェンスの進歩…適性階級の考え方も日進月歩だと思います。