マクジョー・アローヨVSジェルウィン・アンカハス

スポンサーリンク


日本より1日早い3日にIBFの王座が入れ替わりました。
挑戦者の地元フィリピンで行われた世界戦ですから、財政破綻したとされるプエルトリコはボクシングは強いですが、経済状況はひどく自国開催なんて不可能なんだろうな。

なぜか日本はスルーのIBFのこのベルト

マクジョー・アローヨが王者になったのは1年以上も前でずっと試合枯れ
当時のフィリピン無敗ホープ、アーサー・ビラヌエバに勝ちましたが1年後同じフィリピンのホープに屈しました。

ファイトマネーやらで揉めていたので、士気が上がらず厳しい状況だったのではと勘繰りたくもなりますが、試合は普通にハイレベルでアンカハスがいい選手だったのでしょう。
地元の声援も味方になったかな。

アンカハスという選手を知りませんでしたが24勝1敗1分と好成績ですが、アローヨがかつて勝ち、日本でも井上拓真さんに負けているマーク・アンソニー・ヘラルドに屈しているので、3段論法的にはアローヨかなとおもっておりました。

サウスポーの両者、非常に似たスタイルですが、ジャブを軸により積極的なのがアンカハス。
ペースを作っていきました。

パッキャオプロモート選手のようですが、パッキャオイズムが少し入ってる感じで、コンパクトに畳んだガードとかはフォームが似ているかもしれません。

拮抗した両者ですが、有効打から何度か畳みかけてダウンぽいのをとったのがアンカハスなので、試合全般を通じやや上回った印象です。

やはりマクジョー・アローヨは敵地で久しぶりで少し固い、動きに乏しかった気がします。

基本に忠実で、フィリピン人全般にいえますが、KO率よりパワーもある。
パッキャオの選手だけあって、多くのフィリピン人にみられる才能はあるが、スタミナがないとか、やや大振り、大味なところ、精神力にムラがあるところもなく優等生的でした。

今のところ、大物感はないですが、これだけの才能に勤勉さが身につくと化けるかもしれません。

アローヨは次またチャンスあるかな
せっかく王者になったのに、そうなると試合が枯れるというのは南米特有の事態でもありますね。

日本に来ることもあるかもしれないアンカハス
今後強くなっていったらたぶんお呼ばれしなくなるでしょう。

フィリピンで長期政権はなかなか難しい状況ですが、今後伸びそうな選手ではありますね。

7件のコメント

  • うっちー

    アローヨが負けたのですか!!
    驚きました
    フィリピンはやはり良い選手がいっぱいいますね
    日本人と絡んで欲しいと思いますが、果たして

  • 一瞬のマ夏

    以前の記事の展望予想でアンカハス強いかもと書きましたが、アローヨ相手に本物かと思いました。ボディ打ち、良かったです。ただアローヨは1年以上も試合枯れだったので可哀想でした。帝里木下、五十嵐、石田あたりとやった方が良かったかも。アンカハスの今回の報酬は40万円弱位、アローヨは250万位だとか、、、。せつないですがこうだからこそハングリーになれるのかも。アンカハスはパッキャオ傘下の選手で今回パッキャオからボーナスが出るようで、良かった。日本はスルーしてアメリカに行っても良いかも?

  • 一瞬のマ夏

    関係なくてすいません。9月11日石川県ではカシミジム主催の興行がありますね。
    風太も出るしこれまたフィリピンの無敗
    セルバニアも出ます。
    風太は私生活さえちゃんとしてたら楽しみな選手。注目ですね。

  • プクー

    うっちーさん

    まじめな青年顔、しっかりガードでアグレッシブかつ丁寧に戦っていました。
    才能あるがやや大味な多くのフィリピン人とは違いました。
    パッキャオの影響でしょうか。

    明らかに、以前より伸びた、強くなった選手でしょう。
    才能あるフィリピン人にパッキャオイズムが加わったら脅威ですね。

    一瞬のマ夏さん

    アローヨのままだったらスルーか記念挑戦がいいところでしょう。
    ある意味日本に呼びやすいアンカハスですが、まじめそうで伸びそうな選手なので
    日本に絡まずにいくかもしれませんね。

    セルバニアはどうなるでしょうね。
    マヨールもツニャカオも日本移籍で成功したとはいいがたかったので
    素質はあるが、化けるか日本で潰されるか・・・

    風太選手は自信はつけたでしょうが、事故のような勝ち方だったので
    そんなに注目、期待はしてないですが・・・番狂わせがライト級だったのがすごいです。

  • パッキャオイズム。

    確かにアンカハスの左ストレートはパッキャオを感じるところあります。

    しかし井上は出来ればこの相手との統一戦に進んでほしかったです。
    確かに河野戦で来日してたりと交渉し易いのもあったんでしょうがほぼ同日に行われたIBFの世界戦なのでMPならオファーしたら受けそう。

    河野には悪いですがレベルが高いのはアローヨ×アンカハス戦なのは明らかでした。

    サウスポーだしロマゴン戦を見据えるた調整試合としては考え難いとは思いますが。

    MP初の世界王者でアローヨを破ってるとなると話題性含め戦う相手としては十分な質だと思います。

  • プクー

    サーシャさん

    アンカハス、ファイトマネーはわずかに28万円だったらしいですよ。
    しかもノーテレビ。

    ただ、パッキャオが入場料無料サービスと、勝ったアンハカスにボーナス出したらしいです。

    まだ、新米王者ですが、フィリピンに珍しく優等生で伸びそうなんで
    そういう選手は日本人と絡まないんじゃないかな。

    絡むとしたら帝里とか地方の選手の冒険マッチじゃないでしょうか?

    大橋ジムには鼻息荒くする前に選手をきちんとケアして欲しいです。
    猛練習だけじゃなく最高のコンディショニング作りを。

  • 管理人様

    28万円ですか…
    絶句するような金額ですね…

    しかしアンカハスはいい選手ですよね。
    伸び代ありそうだし多くのフィリピン選手に共通するのは実際のKO率以上のパンチもありそうです。

    あと管理人様の仰る通り。
    選手のケアを含めた最高のコンディショニング作りが出来てませんよね。
    いくら猛練習しても実戦で不安を抱えてリングに上げるのはいい加減止めてほしいです。

    それは井上陣営のミスでもあると思うので。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)