週末の順当な結果など

スポンサーリンク


昨日はたくさんの試合がありました。
感情的な応援を抜きにするとやはり順当な結果か。
その中でもクロフォードとチャーロ兄は王者らしく別格といった感じでしょうか。
あとはジョシュアもやっぱり強い。クリチコはもう過去の人なのか。

マレスVSクエジャール

まだ、ちゃんとした映像は探せません。
このダウンが明暗を分けたようで接戦の好試合ではあったようです。
マレスは小さくまとまった選手という印象は変わりませんが、時間をかけフェザー級の体力を作ってはおり、そこがドネアやダルチニアンとは違うところか。
クエジャールはやはりKOしないと勝てない。見た目がいつのまにか完全なヒールになっていた。
そこそこの実力でファイトマネーの割と高い王者が復活しました。
日本人が絡んで欲しい人です。

クロフォードVSモリナ

体重超過をやらかしたモリナ。勝てばいいという開き直りだったのか?
しかし完全にスピード差で何もさせてもらえませんでした。
モリナにとっては体重も作れず完敗なのでもうこれ以上を目指すのは厳しいかもしれません。

チャーロVSウィリアムス

このアッパーによるダウンの前にもジャブでダウンを奪っています。
ウィリアムスは正統派でいいボクサーでこんなパンチを過去食ったことない技巧派でもあったとおもいますが。
チャーロ兄はKOやダウン奪取率が高く、このレベルにしっかり差をみせて勝つので注目しています。
アンドラーデやララやトラウトにも欠けている、倒すタイミングをちゃんと持っています。
何気に一番エキサイティングな階級です。刺客レベルもみな高いです。

レイ・ベルトランVSマソン・メイナード

世界戦ではありませんが雑草のベルトランに対しメイナードはここまで32勝24KO1敗。
戦績だけみればベルトランは踏み台でしたが、やはり強い。ライト級だったそうで薬や体重は大丈夫だったのだろうか?
振り返るとクロフォードに善戦した男であり、パワーと耐久力がちょっと信じられないレベルだとおもいます。
リッキー・バーンズにも実質勝っていますしね。厄介なヒールです。

ジョシュアVSモリナ

結果はともかくモリナがここまで何もできないとは。
ジョシュアのハードパンチに心身ともに折れた感じです。
ワイルダー戦よりずっと一方的でした。
クリチコとの対戦が決まりました。クリチコにとってはジャブが生命線だな。

ルイス・オルティスVSデビット・アレン

こんな試合もあった。8回戦ということはオルティスは暫定王者でもなんでもないのかな。
やはり上手くて強いけどジョシュアなどに比べるとおっさんのゆったりボクシングでレベルは少し落ちるかもな。

コンセプションVSヤファイ

コンセプションの体重超過で試合前にミソがついてしまった。
やはり河野と違ってスキルで王者を上回り大差判定勝利を得たヤファイだが、ポイントほど離れた差ではない。
そして河野の方がコンセプションにダメージを与えていた。
走・攻・守、手堅い技巧派のヤファイだが、パワーも体力も並だ。上手いけど怖い選手じゃない。
しかしSフライは

ロマゴン、井上、ヤファイ、アンカハス・・・

なかなか魅力的な駒が揃いました。
日本人はアンカハス一択でしょうか?

その他チャベスJrの復帰とかまだ色々あったようだが興味ないので端折る。

6件のコメント

  • クッパ

    チャーロ兄やりますね。もう少し防衛が重ねられるのならカネロとの試合が見てみたいです。
    スーパーフライは統一戦の勝者同士がやればかなり盛り上がりそうですが:…日本も英国も外に出ないから無理かな。

  • クッパさん

    別にイケメンじゃないとおもいますが
    二人のファイト写真はすごく絵になりますね。

    トラウトには苦労したけどやっぱパワー優位だったし
    ガッツリ倒すボクシングをするんで実力も伸び白も一番かもですね。
    ジャブでダウン、アッパーでダウン

    いずれもすごいパンチです。
    超絶アマエリートじゃないのもいい感じです。

  • ジャモールは高校卒業後に父の手ほどきを受けて弟と共にボクシングをはじめたそうです。
    北京オリンピックチームにいたがつま先の怪我で離脱
    アマ戦績は65勝6敗だそうです。
    兄弟揃ってやや出来すぎですが・・・まるで井上兄弟。

  • camaro

    チャベスJrが「ゴロフキンかカネロとやりたい。俺の体重で。」
    と言ってるらしいけど、いつまで主役ヅラすんでしょうね。
    早く引退すればいいのに。

  • 一瞬のマ夏

    チャーロ、いいですねぇ。この試合でここが適正階級だと改めて思いました。
    私の大好きなクロフォード。順当と言えば順当ですがディフェンスにはちょっとほつれというか雑な感じが見えました。それでもスピードと的確なパンチにはホレボレでした。
    ヤファイは思ってたより弱かったです。スピードだけでした。見た目にジャッジも観客も騙されただけで勝っていたのはルイコンと思いました。ただ打ち逃げをする相手を仕留めれなかったのはフィジカルの差かもしれません。ルイコンはフライでこそ輝くと思います。フライならもう一花行けると思いますが、減量というボクサーにとって最高にして最低限の事が出来ないなら無理ですかねぇ。

  • camaroさん

    金になりますからね。
    Sミドルはやや地味なんで
    そこで王者を目指せばいいんじゃないですかね。
    Lヘビーじゃ通用しないだろうし。
    でも戦績だけはすごいですね。

    一瞬のマ夏さん

    チャーロはクロフォードやメイウェザーと違って
    打たれそうですよね。でもよりシンプルで攻撃的で
    これぞ、見たいボクシングだとおもいます。
    贔屓のジャレット・ハードは勝てるかなぁ。同じアルヘイモンですので対戦はないかな。
    同じ日に出てたエリクソン・ルービンも注目ですね。

    全ラウンドは観てないけどあの内容でヤファイの圧勝かぁ。
    イギリスの地元判定は露骨ですね。
    モレノみたいな真面目なボクサー以外パナマ人は当てにならないところがあるんで
    年末のコラレスも微妙ですね、体重。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)