ルイス・ネリーVSヘスス・マルティネス他

スポンサーリンク


山中の国内防衛タイ記録がかかる試合の相手がほぼネリーと言われています。山中の試合直後にコロンビアのサウスポーとやって改めてその立場を盤石なものにしたようです。

ヘスス・マルチネスというボクサーもここまで23勝1敗の好成績で防衛戦の相手としてもそん色ないキャリアでしたが、勢いにのるネリーの圧勝でした。解説のチャベスからも「ネリーは世界王者の雰囲気が漂っている」といわれたそうですが、果たして・・・

元々、元暫定王者のデビット・サンチェスを下した頃からホープとして浮上してきて、その頃はSフライ級。河野への挑戦を目指していたみたいだからバンタムだと小柄な方だろう。

デビット・サンチェスがマーロン・タパレスに微妙な勝利とルイス・コンセプションに激闘負けしたことから、それを凌駕するくらいの実力者か?その後はさほど厳しい試合をしてきたわけではないのだが、今や期待値トップクラスのホープになりました。

メキシカンにしては風貌もボクシングも黒人的で、L字、ショルダーブロックを使って芯をはずすディフェンスをしつつ、圧力かけてボディ、顔面にモーション大き目なパンチを打つ好戦的なスタイル。上手く、力強いが接近しないと良さが出ないタイプか。

それだけに山中の距離を測るジャブと槍のような左ストレートの射程というのが大事になってきます。打ち下ろし軌道だから威力は問題ない。左は右肩で流してはずすようなネリーのディフェンスですが、山中の左は届きそうである。パワーも攻撃力もプレスも強そうだが、スピードがある方ではないので、自分の距離を大事にすれば山中のクオリティの方が高い気がする。果たして・・・

ネリーが脅威なのは技術的なことよりも今勢いにのっており、周囲の期待と自分のパフォーマンスがマッチしてノッテいるところだ。実力者はまだ他にいるという見解だが、ランク、知名度等を考慮すると今のバンタム級で記録のかかる試合で相手が指名挑戦者のネリーなら、これに勝るものはないだろう。

楽しみです。

フランシスコ・エストラーダVSアヌアル・サラス

シルバータイトルがかかっていた模様。相手もなかなか強い。しかしエストラーダがジワジワアジャストして終始圧倒。この階級でも安定感とパワーがあるなぁ。
元々Sフライ級だったエストラーダの方が階級適正はロマゴンよりありそうだ。益々ファン・マヌエル・マルケスっぽいスタイルになったとおもうが、多くのメキシカンに感じるように、やや全体のモーションが大きくスローにみえる。

自分の稚拙な評価だと、マルケスがメイウェザーにおもちゃにされたように井上尚哉やクアドラスのスピードにはついていけない気がする。それでもエストラーダの魅力は全体の完成度とキャリア、そしてなんといてもタフネスだから簡単には崩れないだろうけど。
自分の中ではニエテス>エストラーダなのだ。

なんかもう、エストラーダはクラシカルな古豪にみえてしまう。井上がポイントロスするような事はないとおもう。どこかで粘りに捕まってしまうかかどうかだけ。しかし井上にはスピードと共に破壊力もあり、クアドラスよりさらに上だろう。

週末はロマゴンVSシーサケットがあるし、この階級は戦国模様。
井上は体重の問題もあり、あと一年と宣言していたが、待ってさえいれば、ビッグネームとのビッグファイトは時間の問題か。

これまた楽しみですね。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

11件のコメント

  • このネリーという選手って間近2戦見る限り全く強く見えないのですが?
    スピードも然程なくディフェンス悪いしちょくちょく打たれてるし前戦も倒されたりと打たれモロさもある。
    パンチも言うほどない。
    フィジカルで押して乱打戦に持ち込むセグラみたいなスタイルでコンビネーションもメキシカンの良さが出てない。
    スーパーフライの実績も大して当てにならなくないですか?
    そもそもその階級に無理がある体格でバンタム以上のフィジカルは普通にあるかと。
    今回も3ポンド計量オーバーだったみたいだし。

    というかこのレベルが指名挑戦者ってかなり美味しいと思うんですが?
    衰えや油断がなく日本開催なら山中が負ける相手ではないと思います。

  • サーシャさん

    誰も目ぼしい人いない感じなのでいいのではないでしょうか?
    自分の注目はライアン・バーネットですが、ランクも下位だし誰も知らないでしょう。

    微妙な印象ですが

    田中VSアコスタ
    山中VSネリー
    八重樫VSメリンド

    などは日本国内では極上の世界戦だとおもっています。

  • 杉川

    山中は雑魚より相手がそこそこ強い方がいい試合するんですよね。モレノとの1戦目にしてもアレだけ左を当てられない展開ならいくら日本でも普通に判定負けしそうなものですが、いつになく右が好調でなんとかフルラウンドやってジモハンに持ち込んでますし。山中は窮地に陥ると岩佐戦のころまで維持できてた右が火事場の馬鹿力で機能してる、そんな感じがしますね。山中は撃たれもろいですが、一方で底力も相当ある気がします。

    ネリーは思ったほど強くないかもしれませんね。ただネリー以外にもウォーレン、パヤノ、田パレスあたりが候補に挙がっているみたいなので、V14戦まで行っても楽しみではあるんですが。

  • 確かにバンタム級は目ぼしい選手は皆WBC以外を狙うし、プロスペクトの未知の強豪的でネリーはマシと言うのは分かります。

    田中はボクシングもですがキャラがいいですね。
    アコスタの敵地に乗り込んでフェイスオフ。

    今となっては試合でも全く成長が見られない井上以上に面白い選手になりそうな気がします。

  • ネリーは強烈なボクサーではないにせよ、最近の山中ならどうかなあって思います。
    足が使えなくなった昨今の出来ではネリーのプレスと大振りなパンチに捕まりそうで。
    まだパヤノやウォーレンよりは与し易いとは思いますけど。

  • 杉川

    井上のあれは成長というより才能だけでボクシングやってるようなものでしょ。本来なら井岡みたいなボクシングにシフトしていかないとダメですが、それができる器用さと才能はないですから、近いうちにボロが出て負けるでしょう。自分のスピードとパワーが通じない敵には何もできないボクサーです。幸い今までは井岡や亀田みたいに雑魚かナルバエス爺さんみたいにやる気のないロー取るとしかやってないから露呈してないだけ。強敵と当たったら馬脚を現すと思います。

    というか個人的に井上はあまり評価に値しないボクサーだと思います。弟はさらにその下位互換です。

  • 井上は才能だけでやってるからこそ伸び代があるのでは?
    海外でやるなり指導者を変えるなりすれば伸びるとは思いますが。
    環境は大事だと思います。
    大橋ジムでのマッチメイクやお父さんの指導、スパーリングパートナーなど、色んな面で限界だと思います。

    ネリーは指名挑戦者だし個人的な見解抜きにして文句無しの相手ですが内藤リッキーに風貌が似てるなと思います。

  • 一瞬のマ夏?

    ネリーは山中相手でも、このスタイルで来るでしょうか?山中の左は私も届きそうだなぁと思いました。ただ心配なのは前回のようにパンチを貰ってしまう事。不用意に懐に入られるような展開や右に大振りの左を合わされると危うい感じですね。
    やや陰りが見えるというか年齢のせいか、減量がどうなのか分かりませんが、前回の試合は状態が最高という話しの割には、身体にツヤというかハリというか無いように見えました。
    エストもロマゴンも今のところ、Sフライでも勝ってますが、怪物ぶりを発揮するならフライが適正だと見えてしまったような気がします。Lフライ~Sフライって本当に微妙ですね。減量を頑張り適正階級以下で戦うのと適正階級で状態よく戦うのと、
    人によって違うのでしょうが、ちょっと井上とは骨格が既に違うような、、、。
    井上が今年はSフライと明言していますが、それなら今年限定でも海外でやれば良いのにと思いますね。ロマゴンなら勝敗関係なく称賛されるでしょうに。
    いづれにしても日本人王者は年間3試合はして欲しいです。

  • れい れなーど

    このコロンビア人はとても23勝1敗の選手には見えないですね。弱すぎる…
    風貌からネリーは黒人の血が混ざってそうです。前回のカールソンも試合のプログラムみて母親がニカラグア人だと記載してました。
    23戦全勝22才と頼もしい相手ですが山中の敵じゃないとネリーの何試合かみて私は確信してます。
    日本開催だろ?って言われちゃうとなにも言えませんがそれでも山中、三浦の試合が一番いつも興奮するし毎回面白い試合なんで楽しみで仕方ないです。判定だってあのダルチニヤンを息切れもせずに完封したりモレノ第一戦なんてあまりの両者のレベル高さに300回くらい家や車内でみてしまいます。もう海外は諦めたのか最近は一切その話をしなくなったのだけ残念ですが。また今年も山中か三浦が年間最高試合取ること期待してます。
    話変わりますが久保って選手と大森は軽くやられるでしょうね。

  • クッパ

    左の威嚇が効いて突き放せるなら問題なく勝てそうですが、ガチャガチャ距離を潰されると前回みたいにパンチをもらいそうで嫌ですね。山中は相手が強い方が気持ちが乗ってコンディションが良さそうなのでそこに期待したいと思います。

  • 杉川さん

    井上に関して手厳しいですね。
    それこそが強さなんじゃないですかね。
    手に負えないスピードとパワー、センス。
    熟練の技巧も名王者もふきとばすような。

    そういう存在が常に新旧交代や時代を作ってきたものとおもいます。
    彼も歳を重ね、増量していけば同じ苦労をするとおもいますが
    Sフライで輝けるライバルがいてこそ、今が旬でいいんじゃないでしょうかね。

    サーシャさん

    アコスタやネリーなど地元期待の無敗ホープでも
    王者になる前であれば怪物だ、雑魚だと色々言われるので
    日本人とやってどう出るかですね。

    どちらも、日本人の方が強いんじゃないかなとは映像を通じては感じますが、わかりません。

    八さん

    実績十分の王者とか元王者というわけではなく
    勢いのある無敗の指名挑戦者なので、評価はわかれて当たり前でしょう。
    自分も山中なら勝てる相手とみてますが、ネリーを過小評価もできません。

    一瞬のマ夏?さん

    カールソン戦の時もオファーをかけてたそうですが
    山中が強いから回避したというより指名挑戦権が来るだろうし
    ファイトマネーが安いから見送っただけで、次にやる覚悟はあったみたいなんで
    だからこそ今回サウスポー相手だったのかなとおもいます。

    時間かけて山中対策してくるでしょう。
    それこそ同胞のカールソンの意見も取り入れて。

    少なくともリボリオ・ソリスよりは強いし上手いしパワーもありそうです。

    れい れなーどさん

    モレノを高く買いすぎかもしれませんよ。
    全盛期過ぎてバンタムはきつくなった状態だったんじゃないかと。

    自分も映像みる限り山中の方がネリーより強いと感じてますが
    ネリーは世界王者候補として自信満々で、そこに勢いを感じます。
    その自信の差がこのコロンビア人との差なんじゃないでしょうかね。
    少々の被弾を気にせず潰せるという・・・

    ただ、日本開催だとおもうので、観客の声援やメキシコレジェンド達の後押しもなく
    アウェーでこんな強気な状態でいられるとはおもえませんが。

    久保は本当にわからないんですが、大森は地元やTV的にはものすごく期待されてるとおもいます。
    だからこそタパレスには前回の差がそのまま実力差だとリングで証明してみせて欲しいですね。

    クッパさん

    そうですね。プレスをかけられて下がる展開だと全部捌けないとおもいます。
    たまに出る山中の左アッパーは強烈ですが。

    今の山中は荒っぽく強襲されると危なかしいとおもいます。
    ザキヤノフがウォーレンにやったような・・・

    静かな技術戦ならネリーは問題ないとおもいます。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)