ミーシャ・アロイヤン他

スポンサーリンク


ロンドン組というかリオその他トップアマに君臨してきた男がまた一人。デビュー戦は判定勝ち、2戦目で早くもWBCシルバータイトルだそうです。ロマチェンコに続く早期挑戦も想定されます。

ミーシャ・アロイヤン

ロシア代表ですが、生まれはアルメニア。胸毛がそれを物語っています。なんで胸毛?リオ五輪でも銀メダルですが、ドーピングではく奪されたような気がします。

数々のアマ試合でメダルをとった大物です。
268勝12敗

過去には

ロベイシ・ラミレス
アムナット・ルエンロン
ラウシー・ウォーレン
アンドリュー・セルビー
ノルディン・オウバーリ
カリ・ヤファイ

などに勝っています。

モンゴルのニャンバヤルだけは彼に連勝してますが。僅差ですね。
28歳ですが、アマでは井上よりずっと格上の存在です。

WSBの試合をみると、相手も強いんですが、このパンチがというよりは、スピードとタイミングを見計らって一気に踏み込んで連打するポイントゲッター的なボクシングに見えます。相当勘がよくすばしっこい選手でしょう。
スピードだけならロマゴンより完全に上です。

そしてこの胸毛とアルメニアという国籍から、パワーもあるにはあるでしょう。なんで胸毛?

十分すぎるアマキャリアと軽量級ではピークといえる年齢から勝負を急いできそうです。

こういうトップアマは、まだプロ仕様とはいえないとも、一気に王者にも勝ってしまいそうな才能と実績があるので、無視できないです。Sフライも、今のサークルが最強といえないところがありそうです。

アンソニー・ヤード(英国)
ライトヘビー級
12勝11KO

第二のアンソニーでしたか、第二のジョシュアと勘違いしておりましたが認識はしていました。こちらはアマ12戦のプロが土俵の選手ですが、素材と破壊力が魅力です。いきなり、スティーブンソンなんかと野獣対決して欲しいくらいです。華があります。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

4件のコメント

  • 一瞬のマ夏

    この前のバラニー辺りには、もう余裕でしたね。パワー、フィジカルが違いすぎな感じでした。トップレベル相手にこの感じでいってくれれば面白いのですが、Lヘビー位になってくるとロシア系が強いですから
    どうでしょうね。ウォードのような戦いはこの階級でちょっと面白みに欠ける所があるのでヤード、期待したいですね。
    ホッキョクグマ(ロシア系)とゴリラ(黒人パワー系)の対決を見たいです(笑)。
    ミーシャ、どこがプロモートなんでしょうね。WBCだと中々めぐってこないかもですね。アンカハスはファイトマネー次第でやってくれそうですね。こういうタイプだとアンカハスは空転させられるかも。ヤファイは石田ですか。日本人狩り。英国開催ですし厳しいかな。井岡ジム、海外も行くんですね。私の好きな井岡も同日にダブルタイトルマッチですれば良いのにと思うのですが。。。真面目な話し、こういう時こそ井岡ジムの他の選手にも海外試合を経験させて欲しいものです。

  • 一瞬のマ夏さん

    ヤードという選手は格下にはめちゃ強いけど
    トップアマ上がりには苦労しそうですね。
    ボクシングがまだ単純すぎる気がします。
    デビット・ヘイ的かな。

    これだけパワーとスピードがあるのは天からの授かりものでしょう。

    石田選手は英国でヤファイに挑むんですか?
    それだけでも立派な事ですね。
    あのジムならなおさらの事。
    甥っ子さん以外はさほど大事にしてなさそうだけど・・・

  • あな

    改めてみるとミーシャのキャリアすごいですね
    しかし、おっしゃる通り完全にアマスタイルのタッチゲーマーですからこのままだとゾウ同様伸び悩みそうな気もしなくもないです
    トップアマのプロ化はどうスタイルを適応させてくるかも見所ですね
    ちなみにロマチェンも初期に唯一の敗戦を付けられるまではタッチの要素が強かったですが、再戦では今のスタイルに代えて雪辱してます
    相手のセリモフもろにタッチゲーマーでは日本のアマ選手からはロマチェンコよりも評価してる人もいる模様

  • AIBAのチャンピオンには
    中国人が二人もいるんですね。
    http://www.aibaproboxing.com/apb-world-champions/

    国内トップしか出場しないし
    こっちの方が強い王者たちなのかもしれません。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)