光の中の翳り

スポンサーリンク


今日は両国生観戦だったが、かなりリングが遠く、さらに人のいない方へとさまよっていたら最上段まで来てしまい、ゆっくり観戦はできましたが、細かな技術面はよく見えませんでした。なので、遠方からの生観戦独特の感想を記録。

山中VSカールソン

ソリス戦、モレノ戦で導かれた山中らしさの追求が今日のこれだろう。
右は距離測定とジャブのみで、とにかく左を突き刺す、多用するスタイル。
ボディストレート含め序盤から惜しみなく左を出していて、回が長引けばさすがに読まれるんじゃというほどであったが、やはり山中の左は特異だ。いつも左ばかりなのに今回も当たる、当たる。

もう34歳、これから器用になったり柔軟にはならないとおもうので、これを極めるだけでいいとおもう。
カールソンはいわゆる自分を出し切るだけのタイプで、これだけ左が代名詞な山中に対し、特に左対策をしてきたわけではなさそうだった。
そういう選手もいれば、モレノのように研究、対策してくる者もいる。

長期防衛王者の圧巻の強さに、ブーイングを浴びるかもしれないが

改めて

山中は硬い
打たれ脆そう
速くはない。
左を徹底研究されると危うい

と感じました。

2度倒した後に、開き直ったカールソンの反撃にたじろぎ、山中からクリンチにいくシーンが何度もあったが、若さやスピードに任せた強襲や、強引なプレスに対応しきれず効かされてしまう懸念を強く感じた。
内山がコラレスに屈したように、先日初回2度ダウンしつつも逆転したザキヤノフの気力、体力など、山中に死角ありをおもわせる大味な試合であった。
それでも常に左をねじ込んで倒すのは本当にすさまじく、世界でも突出した能力だが、圧勝の中に翳りも感じた。

見る目なき自分の勘違いでしょう。遠かったし・・・

山中の左は打つ、当てるというより、刺さるという感じだ。フック軌道じゃなく槍が抜ける感じ。だからあんなに効率がいいのかな。
鬼ごっこ的な当て逃げゲームじゃないから世界戦で30度もダウンを奪う。

尾川VS杉田

山中の左は突き刺さるのに、尾川の右は当たらない。
むしろ当たったのは杉田の右の方。

杉田が帝拳の選手だったら、結果が逆でもおかしくない接戦で、尾川が上回っていたのは気迫とパワーと最終回をとった事くらい。
杉田はあと少しだったが、挑戦者で最終回を落としてはベルトの移動はない。惜しかった。

尾川、キャリアをつけて世界挑戦真近になるにつれ、ビビりのボクシングになっており、コンビネーションも踏み込みも足りなくなってしまった印象。
踏み込みの浅いワンツーだけ打って、当たればいいなぁで止まってしまう。俊敏華麗な選手ではなく正統派なのでもっとガードを固めてプレスを強めたい。ジリジリ追い詰めたい。

ブライアン・ビロリア

長年の激闘と加齢、ブランクの影響か、錆びついてみえた。
しかし元々、格下メキシカンに苦戦、苦杯を舐めてきたので、粘るメキシカンは苦手なところもあるのだろう。
今日の出来だともう脅威ではない。

12件のコメント

  • うっちー

    山中選手、元々打たれ強くない印象ですが、世界獲った頃より脆さが出てる気もしてます
    格下相手だと悪い意味で余裕が出てしまってるというか
    それでもキレが落ちたと思ったら次のラウンド、何事もなかったかのように強烈な左を打ち込むので、回復力も凄まじいなと思いました
    攻撃の幅は求めてないので、ディフェンスと勝ち味の遅さをなんとかして欲しいです
    井上君なら、2、3ラウンドあたりで倒しててもおかしくない相手です

  • ジュー

    山中選手、今回はダウンはありませんでしたが、一瞬効かされた場面がありましたね。ただ回復力の速さも山中選手の長所。いまさらコンビネーションを増やすのも難しいですし、コンビネーションを増やすことでバランスを崩すこともあるので、今ままでのようにジャブで距離を測りつつ、左ストレートを叩き込むというシンプルなボクシングを追及すべきでしょうね。あの左ストレートはわかっててもよけられませんから。ただ昔に比べて体に柔軟性が失われつつあるのかなと思います。さっさと具志堅さんの記録を超えて、階級上げてマグダレノ、リゴンドー、ドネアあたりと(バルガスでもいいです)やってほしいものです。残された時間はそんな多くはないですから。世代は違いますが、専大ボクシング部の偉大な後輩なので、いつも心臓バクバクもので見てます。勝ってよかった…。

  • 杉川

    カールソン陣営が戦略ミスしてくれたおかげで山中は助かりましたね。もし5R以降の動きをカールソンがしていたら「まさか」が起こった可能性もあった気がします。まぁそれでも実力差は歴然としてたので、よくてダウン奪えたかどうかだったと思いますが。

    尾川は良くわからないボクサーですね。スケールはあると思うんですが、格下相手にも微妙な試合をしてしまう印象があり、このあたりは山中・田口・河野・八重樫といったあたりと被ってる気がします。世界を狙うにはもうひとつ突き抜けたものがほしいです。内藤や伊藤よりはスケールは大きいと思うので。

    ビロリアはブランクもあったのでしょうが、復帰戦にしてはそこそこ強いい相手だった気がしますよ。復帰戦はエストラーダなんかも怪しい試合してましたし、もう1回見てみないとなんともいえないと思います。

  • アダマウロ

    世界ランカー相手に勝って当たり前と言われる凡人には到底理解できないシンドイ状況の中で、観客を喜ばせつつ勝っていく山中氏にあっぱれ

  • UT

    仰る通りだと思います。
    爆弾を抱えた強さだとこの3試合で感じました。

  • れい れなーど

    プクーさんいたんですね私も3人で上から3番目の列いてほんと見辛かったです。選手のカットも全くわからないし。それでもやはり生観戦はいいですね今度一緒に観戦できる日ができるといいです。桝席に多少空席あるくらいでほぼ満員でしたね。今回の相手だとどうかとおもいましたが。
    規定路線の防衛戦になってしまいましたが開き直ったカールソンの根性もあり試合は盛り上がりました。世界戦これで30回目のダウン奪取。何より山中の試合(三浦も)は毎回スリリングで断トツに面白いです。山中の海外はもう私は諦めてますのでせめて他団体王者との試合を期待します。
    尾川は日本王者で唯一期待してますが今回は負けですね。ジャブを貰いすぎ。
    全盛過ぎたビロリアは唯一無二の人にも勝てないとおもいました。

  • うっちーさん

    山中も三浦も倒してチャンス到来でも
    左の一発に頼るから勝ち味が遅く
    反撃食うのも似てますね。帝拳の伝統か。

    色々な弱点のある王者だと観ますが
    左を当てるだけ、右はその伏線
    というスタイルでもういいとおもいます。
    すごい事です。

    ジューさん

    具志堅の記録はやっぱり偉大で10回超えるあたりでマンネリが
    とはよく言われますが、日本だけだからですよね。
    韓国やタイは17回とか19回とかいますしリカルド・ロペスも
    ミニマムひとり旅でそれを超えました。

    そんな呪縛に囚われないで欲しいものです。

    けれど、全部日本というのは変わらぬ伝統ですね。
    個人的にはそこがガッカリです。

    杉川さん

    カールソンはここからサバイバルモードでしょう。
    地元では格上ホープのネリーとかとやってどんな試合みせるんでしょうね。

    尾川は世界挑戦圏内なので負けられない慎重さが出てるんでしょうか。
    しかしあの程度では今の世界王者にゃ通用しない

    なんて書くと特定の人に病人扱いされますが

    コラレス一択だけでしょう。

    UTさん

    海外への道筋がある帝拳でも、山中は国内のみ
    強いけどもう年取ったと本田会長まで言ってました。
    山中に関しては国内限定で記録超え狙いでしょうか?
    13度目の記念も国内でネリーが最大限っぽいニュアンスでした。

    けど、もうそれでいいです。

    れい れなーどさん

    今回はモレノ戦のボーナス的なものもあり
    本人もマスコミも勝って当然なムード満載でした。
    ローカルヒーロー極まれりでした。

    やっぱ、抜けた強さかどうかは別にして
    三浦の衛星中継の方が雰囲気満点、相手も満点で痺れますね。

  • れい れなーど

    来年にも井上兄弟等バンタムくるなら激熱になること期待してます。やはり三浦と同じあの痺れ捲りの場所で戦ってほしいおもいが本音ですが。プクーさんは引き続き外野の声なんか無視して本音でボクシングをボヤキ続けてほしいです。皆そうおもってます。
    特定の人はかなりやばい感じですがスルーして下さい。

  • 帝拳勢で言えば西岡はフィニッシュは比較的多彩で鮮やかだったと思いますね。
    三浦と山中のバリエーションの少なさは異常なほどですし…。
    西岡は何よりデビューしたてにぶっ倒されてからのディフェンスの鉄壁さが素晴らしかった。
    山中はそこが確実に落ちてきているのが危うい。

    ネリーは分かりませんが、パヤノ、ウォーレンも話に出ているようですが。
    まずスピードで切り落とされるでしょうねえ。
    本当に海外でやりたいならそれなりのアピールがあってしかるべきなんですが。。

  • クッパ

    僕も体がかたいなぁと感じました。だからパンチもらうと効きやすいのでしょう。序盤見る限りではすぐに終わると思いましたが、ディフェンスがルーズになったり、強引に来られて後手にまわりズルズルと中盤までかかりましたね。詰めがあまい本質はずっと変わりませんしこれからもそうでしょう。それでも大半がKO防衛ですから凄いですが。
    相手を選べば具志堅越えは難なく達成しそうですが、昨日はモチベーションが低くてパフォーマンスを発揮できなかったと思いたいです。海外で強豪との試合は不安だらけだと思ってしまいました。

  • れい れなーどさん

    正直山中と比較しても井上兄は別格だと感じていますが
    体格差もキャリア差もかなりあり、山中の左は飛びぬけてますんで
    どっちが強いとかは言うつもりはありません。

    加齢によるものか、以前よりさらに硬く、効きやすい体質になってる気がしたのと
    ストレート系だけ、左を当てまくるだけとスタイルが固まったようにも感じましたので
    それを貫徹して欲しいですね。

    八さん

    僕が言いたい本音に近いことを堂々と語られてますね。
    パヤノ、ウォーレンより遥かに第一人者の格上王者ではあるとおもいますが
    相性的には危なかしい対戦相手ですよね、ザキヤノフとかも。

    偉大な記録保持者ですが、とにかく日本に呼べる相手だけなので
    大熱狂はできません。

    対戦相手がいないとは言っても、「そんな安いファイトマネーじゃ嫌だよ」
    という意味のようです。

    クッパさん

    TVを見直したら、圧巻、圧勝ではありました。
    しかし今回はそうなるべき相手でした。

    速さと荒々しさとパワーを兼ね備えたような相手だと危なかしいな
    と感じたくらいですね。カールソン相手で色々分析すべきではないでしょうね。

  • RICE

    山中は、VS岩佐の頃から倒し倒されのタイプだったので加齢とディフェンスの甘さで壊れてきたのかなー、という印象を受けました。皆様ご指摘の通り、柔軟性と全体のスピード、動作間の俊敏性の衰えが顕著でした。

    山中の左、個人的にはジェラルド・マクラレンの右のように得意な貫通力がある凄い武器だとは思うのですが、内山同様、国内に呼んで防衛を重ねるとポテンシャルの全貌が掴めないまま小さくまとまり、気づくと衰えが来てしまい、フワフワした評価のまま引退してしまうことになることが多いので、終わりの始まりのような寂しい気持ち観戦していました。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)