アレクサンドル・ポペドキンVSマイク・ペレス他

スポンサーリンク


気になった試合をいくつか。

クリチコさえいなければ、ポペドキンは普通に強い王者になれるんでは?
2メートル巨人のスーパーヘビー時代で普通サイズのポペドキン今後どこまでいけるか。

マイク・ペレスはタイソン体型の小柄なヘビー級だが
キューバ選手らしく不思議な巧さ、軟らかさ、負けにくさがあり
一度は世界挑戦してみて欲しい存在だったが、この挑戦者決定戦で初のKO負け。

内山VSジョムトーンのような試合。

ペレスはポペドキンの右の速さに対応できていなかった。
普通の選手の右なら問題ないが内山やポペドキンの右は速く、深く、鋭い。

ポペドキンの右で2度も腰を落としかけているが、この時点で意識はぼやけていた。
その後サイドに回り込んでの小さな右フックで倒れたが、最初の右で既にフラフラであった。

驚いたのはレフリーが試合を続行したこと、完全に余計であった。
ドネアに倒されたモンティエルもレフリーは続行していたが危険だ、狂っている。

ポペドキンってこんなにパンチが強かったっけ?とおもう効かせっぷりだった。
ワイルダーへの挑戦権だそうだが、ポペドキンが不完全な巨人を倒し王者に返り咲くのではないか。

[youtube]https://youtu.be/eGocpc4Yx88[/youtube]

ジェームス・デゲールVSアンドレ・ディレル

結果はデゲールの勝ちだが、ディレルの方がいいボクサーなのになぁという試合。
2回のダウンだけはデゲール見事だったが。

いずれにせよ、この元五輪金選手デゲールは怖い選手ではない。
危うい王者といえそうだ。

[youtube]https://youtu.be/I1wqHqe8pL4[/youtube]

4件のコメント

  • Aprilweather

    ポペドキンはアマ時代五輪と世界選手権、欧州選手権で金メダル獲得。
    アマ最重量級のスーパーヘビー級でここ10数年間階級を代表する名選手の
    カンマレリと国際大会で3回戦って3回共勝っている。
    あまり話題にならないけど素晴らしい実績ですね。
    プロだとウラジに負けたのは仕方ないにしても、チェンバース戦や
    フック戦で内容的に圧倒できなかったのが気になってしまいますが。

  • プクー

    Aprilweatherさん

    素晴らしい実績と強さだとおもいますが
    サイズ的にも突き抜けたものはなく苦戦もありますね。

    クリチコに負けてからの再起の内容がなかなかいいので
    ワイルダーを破って欲しいです。

  • カワニーJr

    でかいやつを倒すロマンみたいなのって
    ありますよね

    ヘビー級では小柄な選手が
    かわしてかわして一発や
    コツコツ当てて勝つ
    そんな選手が人気(好み)あるような気がします

    ヘビーはそういう要素が
    なおさらあるような気がします。

    現実はきびしいかもしれないけど
    やっぱロマンは大事ですよ
    ロマンは(w

  • プクー

    カワニーさん

    今でもタイソン最強押しのファン仲間が多いですが自分はクリチコ押しです。井上とマティセが戦うような非常識がそこにあるとおもいます。
    ただポカはするんで勝てるかもしれませんが再戦したら仕返しリンチだと。超体格は退屈ですが。タイソンフューリーみたいな緩いデブやワルーエフみたいな巨人症むいな人は別ですが。