ルシアン・ビュテの再起ロード

スポンサーリンク


もう一試合、ダイジェストでしかみてないですが、感情をゆさぶるのがルシアン・ビュテの動向です。
まるで、長谷川や内山、モンティエルの幻影のようではないか。

無敗のまま王者となり強烈な左アッパーを武器に9度も連続防衛した名王者。
キャリアの中には15度連続KOなんていうのもある。

けれど、スーパーミドル級最強決戦のスーパー6に出場しなかったことで評価が微妙なまま、準優勝だったカール・フロッチに痛烈なKOで破れて以来、一度も過去の栄光を取り戻せずにいる36歳。強打者にして打たれ脆さもあり、年齢的にもそこは克服できないだろう。

再起をかけLヘビーにも挑戦したが、同国対決のジャン・パスカルに敗北、ノンタイトルならクリアするが、Sミドルに戻しての王座戦、若き王者といえるジェームズ・テゲールや先日のバドゥ・ジャックにも引き分けで勝ちきれなかった。両試合とも接戦であと少しだったが昔の彼なら判定じゃなくKO決着してもおかしくない相手だ。

元々ルーマニア人なので、ボクシングを続ける限りは帰る場所もなくカナダでやっていくしかない。
そして、栄光と挫折を経てもう過去の人になりかけの今、結果がでずとも引退の2文字もなく黙々と再挑戦し続けている姿がかっこいい。

カナダで自分が自分らしくいられるにはボクサーであり続けるしかないのだ。
一度や二度の敗戦や年齢で軽々しく引退を意識するなんてもってのほか。

これは想像でしかないが、完全燃焼し、もう勝てない、弱くなったと自覚するまでずっとこのままでいてくれと願う。
現役の若き王者とは引き分けだ。あと少しで再び王者になれる。

チャンスがあるのがまだ恵まれているが、長谷川も内山もモンティエルもビュテのような気概で頑張り続けて欲しいとおもう。

3件のコメント

  • マイティ

    フィジカルやメンタルに深刻な障害が確認出来ない限り、周りが進退云々をとやかく言う資格は無い、という事ですね。

    コラレスの速攻にしてやられた内山ですが今回は序盤、少々雑な立ち上がりに感じました。

    フルラウンドかけて嬲り殺す本来のスタイルでの失地回復を期待します。

  • 桐島条助

    まあ確かに、こういう境遇の選手って応援したくなるのは判りますね。
    今でも長谷川の試合が、怖いような切ないようないろんな意味でのドキドキ感を感じます。

  • マイティさん

    内山が初回をとられたのははじめての事だったらしいです。
    なので2回でもうやり返してやろうと前がかりでしたね。

    前記事でも書きましたが

    内山と12ラウンドやるのが一番嫌です。

    いつでも逆転できると余裕をもって嬲り殺しスタイルでやって欲しいですね。

    桐島条助さん

    ボクシングは常に新旧交代を繰り返すのが面白いんですが
    長谷川やモンティエルやビュテが衰えたのを認めたくないおっさんがいるんですよ。
    私の事です。

    衰えは実際あるんでしょう。

    けれどやっぱり、日頃の節制、練習量、増量(階級アップ)
    に一番の原因があるのではないかとおもいますね。

    スタミナも耐久力もスピードも落ちるのに体重はきつくなっていきますしね。