スポンサーリンク



ウェルター

ビクトル・オルティスVSフロイド・メイウェザーJr

更新日:

注目の大一番は後味悪くともある意味衝撃的な結末でした。

長い観戦歴でも、観客も、TV見てた人も最後のパンチをはっきりと見ているのに試合を裁く、両者に最も近いレフリーが最後のパンチを何にも見ずよそ見していた試合なんてはじめてです。

見てないくせにカウント数えるなんてレフリーとしてありえないでしょう。
彼の不可解な動作が試合に突然の終止符を打ってしまいました。

オルティスは最近の若手では一番注目株でサウスポーで、無敗のディフェンスマスターメイウェザーにどこまで迫るか注目されました。
パワーとアグレッシブ、勢いという点でパッキャオ戦のデモンストレーションのような意味合いもありましたので。

結果はみなさんご記憶の通り、オルティスの故意のヘッドバッドの後レフリーが割って入り減点勧告、その後仕切り直したもののオルティスはレフリーからのファイトの声が改めてかかるまで無防備、そのオルティスの顔面にメイの左フック、このフックを受けてオルティスはレフリーを見てました。「おい、反則打だぞ!ちゃんと捌けよ」とアピールしたかったんだろう。しかし続けざまにトドメの右ストレートをクリーンヒットしたメイウェザー。オルティスはぶっ倒れ、半ば意識をかられました。

期待を裏切る突然の幕で、メイウェザーの相変わらずの巧さ、ディフェンススキルは健在でしたが時折仕掛けるオルティスの攻勢も魅力があり予断の許さない展開でありました。このラウンドからオルティスは玉砕覚悟でおもいきったラッシュを仕掛けていき面白くなってきたのに。

がしかし、最近のデラホーヤ傘下の選手は故意のバッティングやローブローが多すぎます。
原因を作ったオルティスのヘッドバッドもパンチが当たらないイライラをぶつけ、反則でも何でもいいからメイウェザーにダメージ与えてやれという意図的なものを感じました。マレスがアクベコにやったのと同じ印象。

メイウェザーの姑息にも見える最後のパンチですが、まぁ反則受けた直後だしリング上でリスペクトや同情はいらないから仕方なかったかもしれません。しかしこの結末をして完全KOとはいいがたく、躊躇なく左、とどめの右を打てるメンタルもやばいとおもいました。やっぱヒールだわ。

完ぺきにクリーンに入った2発ですがそれ以前からオルティスはやや苦しそうにも見えました。メイウェザーが速く上手いだけじゃなく以外と右を主体に攻撃的でパワーがあったのが以外でした。最後は全く立てないほどに効いちゃったような強いパンチにもみえず、内容からしたらメイウェザーペースで遅かれ速かれの結末であったようにも感じました。
がしかし、ロープに押し込んでの連打はなかなか見ごたえあり覚悟を決めた攻撃でまだまだ期待できる途中でした。

一番悪いのはレフリーです。重鎮ですが最後のシーン完全によそ見してましたしはっきりと仕切り直しの合図したのかどうかもあんな動きじゃわかりにくいです。選手見ないで何してるのかおじいさん。

この試合も自分はハラハラドキドキというよりは結構冷めた目でみていましたが

ドーピング疑惑に湧く昨今ですが反則織り込み済みの両陣営の姿勢といいレフリーの不甲斐なさといい、なんかきな臭いです。
メイウェザーにしても本当にクリーンなのか。無防備な相手とはいえあんなにパンチ強かったっけ?と疑わしい面も感じてしまいました。
オルティスが打たれ脆いところありますが、パワーも互角かそれ以上に見えました。
彼はまた長期休養に入るんでしょう、どうせ。

オルティスも負けたわりにはプライドは維持できたわけでこういうベルト関係なしの究極ビッグマッチはなんかもやもやと歯がゆい結末が多すぎます。笑ってましたがもっと悔しがってくれよ。

やはり言葉でなくファイトで魅せるボクサーしか信用できないです。
メイウェザーは相変わらず上手かったですが、ジュダーを一方的に下したカーンあたりとやればきついんではないか。
いつまでも無敵ではないような気もします。マルチネスあたりとやれば分が悪いかもしれません。

いつかパッキャオとやるのでしょうかね。パッキャオがこけるのをなるべく待ちたいのでしょう。
能力は認めつつ、イマイチ好きになれないメイウェザーらしい試合でした。
オルティスは悔しいのか満足なのかわかりませんが再戦はたぶんかなわぬ事態となるのではないでしょうか。

クリーンで堂々たる試合かまたは完全決着まで見たかったですね。

-ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.