華のウェルター級

スポンサーリンク


メイウェザーの抜けた王座の争いだったそうですが
しぶといガルシアが無敗キープで2階級制覇だそうです。

ガルシアはカーンやマティセ戦など、大事な試合で結果を出し未だ無敗。
アマではテレンス・クロフォードにも勝ったことがあり
なかなか頑丈で左フックの威力もありプロ向きなことは間違いないですが

評価的にはサーマンやブルックやポーターにはまだ劣る、階級下の小柄な選手という印象です。

本当に苦手なのは足とスピードでカーン戦は鬼門だったとおもいます。

どうしても

マウリシオ・ヘレーラ戦や
ラモン・ピーターソン戦の

苦戦やビクトル・ポストル戦が実現しなかったのがひっかかります。

これからはやや軽い試合を挟みつつもビッグマッチ路線を避けて通れないでしょうから
まだ27歳、これからの試合を見守るしかないです。

ゲレロは最近黒星が目立ち、無敗(ゴースト)の面影も危ういですが
フェザー級上がりで驚異的なタフネスと精神力には頭が下がります。

亀海に競り勝ちましたが、やはり骨太なキャリアは本物です。
適正はウェルターより下だろう。

スターが集まる華の階級ですが
メイウェザーの弟分であるエロール・スペンスJr世代との絡みが本当の意味でのメイウェザー後継者争いといえるでしょう。

エロール・スペンスJrは本場で最も期待されている選手の一人でしょうがアマの頂点にはたどり着けなかった。
金は逃したが、ダイヤモンドは手に入れたと今後の成長と活躍を約束されていますが

僕のようなへそまがりは、スペンスJrすら下して、アマトップに君臨していたセリク・サピエフとかの存在が気になります。
プロになりませんでしたが、カザフスタンはすごいな。

そして、アマのキャリアをみると52キロとかからはじめてるのに、ウェルターでも怪力ぶりの目立つエギディウス・カバラウスカス(リトアニア)
なんかを応援したくなります。

頑張れ、無名!本場を脅かしてくれ。


3件のコメント

  • マイティ

    カウンター巧くてスピードあって、尚且つタフなガルシアはプロ最強のスタイルだと思ってましたが、、

    ポーターやサーマンとかブラッドリーとかの名前を出されると、ウェルター級はまた別世界なのだなあ、と感じました。

  • yuu

    初めましていつも更新されているのか楽しみで見させてもらってます。
    ガルシアは自分から試合作れないので攻めてくるファイタータイプには強いですが、距離おかれるともともと手数もすくないし見栄え悪いですね。
    メイが返上したもう一つのWBCスーパーウェルター級戦線も気になりますね、アンドラーデ、チャーロ弟、マーティロスヤン、ジョン・ジャクソンと若手の強豪揃いでトップの選手と絡んでいないが圧倒的な強さでIBF王者になったチャーロ兄を含め今後ミドル級に上げる選手もいるだろうし結構気になる階級です。

  • プクー

    マイティさん

    たしかにタフですし
    単なるファイター型ではないですが
    かつてはエリック・モラレスなんかとやりあっていたので
    ウェルターは重すぎるとおもいますね。

    yuuさん

    はじめまして
    疎いブログを見てくださりありがとうございます。
    カーンが逃げ足で戦ってたら危うかったとおもいますが、勝負強いですね。

    Sウェルターはメイとの絡みすら見たかったアンドラーデやララはじめ
    骨格の本格的な人がわんさかいますがなぜかみなおとなしかったですね。
    微妙に警戒されて対戦させてもらえないのかな?
    かといって上にはGGGがいるし。