サウル・アルバレスVSアミール・カーン

スポンサーリンク


よく吠えていたもののメイウェザー戦もパッキャオ戦も実現せずビッグマネーファイトを逃してきたカーン。
自身の発言と試合内容がアカンかったから自業自得だとおもいますが、ならばと現役トップのアイドル、カネロ戦を選択。
試合自体はとても興味深いがつくづくカーンはお金目当てなのね。

両者ともビッグネームですが階級が違うので対戦妄想はなかった。
カーンは黙っていても先日ウェルター級王座をとったダニー・ガルシアの指名挑戦権があったはずだが・・・
一度負けているトラウマ、ガルシアよりもさらなるビッグマネーを狙ってきたか。
オフのカーンはブヨブヨ太ってミドル級超は当たり前だったからこれもありか。

BOXRECの数値だと1センチカネロの方が背が高いみたいだが、見た感じはカーンの方が背が高くみえリーチではカーンが大きく上回っている。懸念される体格差はない。

しかし両者の試合ぶりを見るとパワー、耐久力が全く違い、カネロのダウン(あったっけ)もKO負けはもちろんない。
方やカーンは優勢に試合を進めても一発で効かされてポカ負けをする。
首回りや全身がガッチリ太いカネロに比べカーンは細さも目立ち耐久力に難がある。

カーンのよさはスピードで、序盤は勢いもありポイントメイクは当たり前、パワーも感じる。
しかし中盤から後半になると余裕がなくなり相手ペースに巻き込まれ、自身のパンチもパシャパシャ回転力だけの弱腰に。

カネロは太い体幹を武器にどっしりとしたパワーファイトが信条だが、最近ではやけに繊細でディフェンスが上手い。
格下にはKOで圧勝、手ごわい相手だと技術戦でも渡り合うという万能感が出てきた。穴はこちらの方が少ない。

オッズでも恐らくナチュラルで重いカネロ有利と出るだろう。メイウェザーに判定負けの1敗しかしていないスターなのだ。
カーンは下の階級でKO負け含む3敗。メイウェザーには相手にされず対戦も敵わぬ立場。

いくらカーンがアマの実績がすごいスター候補といえどプロではカネロの方が信頼されているだろう。

だからこそ、この試合は楽しみで不利だろうカーンを応援してみたくなる。
己のスピードと減量苦から解放されたカーンがどのくらいキビキビ、伸び伸び戦えるかだ。

155ポンド(約70.3Kg)というキャッチウェイト。

せっかく、似非ミドル級のコットからベルトを奪ったとはいえ、この契約体重ではカネロもまた

俺はミドル級じゃ小さく不利なんだ。
ゴロフキンとは戦いたくない。

という意思表明に感じる。

どちらが勝って人気が上がっても、真のラスボス、ゴロフキン戦は望めそうにない。
ならばより崖っぷちで大金稼ぎに出たカーンを応援したい。

立派な体とコンディションを作り、カネロも手を焼くスピードボクシングを披露してくれ。
口だけ達者な青二才じゃないところをみせてくれ。


13件のコメント

  • ドロンパ

    この対戦には驚きました。しかしながら、仰るとおり、事実上ゴロフキンとはやらないという意思表示で間違いないかと…
    私も今回初めて、カーンを応援します。
    キレキレのカーンが、集中力を切らさずに、長谷川の、ガルシア戦のような戦いができれば、判定勝ちも十分ありえるのではないでしょうか?

  • camaro

    カーン好きじゃないけど今回は応援します。
    スタミナが切れなければ勝てる可能性もあるでしょうね。
    でもミドルのタイトルマッチとしてはおかしいです。

  • 桐島条助

    カネロもせめてカーンみたいに、見た目にもうちょい華があればなあ・・。
    なんて昔どっかでコメント書いた事ありますが、まさか二人が対戦するとは。
    しかしカネロの方が背が高いってのは信じ難いですな。

  • zuca

    ウェルターに上げて3試合、Sウェルターで試合をしたこともないカーンがミドル級のタイトルに挑戦できる仕組みがわかりません。
    ミドル級で実績積んできた他の選手はどう思ってるんでしょう。

    カネロのキャッチウェイトにこだわるのもいただけませんが、このマッチメイクは???です。

    スポーツとして制度が未完成なんでしょうね、ボクシングって。

    二人とも嫌いな選手じゃないですがちょっと興ざめです(カネロは好きな選手なので、Sウェルターで活躍してほしいです)

  • プクー

    ドロンパさん

    カネロ最近はアウトボクサー化してるので
    どっちのカネロで戦うんでしょうね。

    最後は圧力で潰しにかかるのかなとおもいますが
    カーンがメイウェザーのようにレッスンできるかどうかですね。

    camaroさん

    これはスター同士の特別試合だとおもって観ます。
    一部人気選手はこうなりますからね。

    桐島条助さん

    メキシカンにしては赤毛で(染めてるのかな)
    ルックスもいいので人気があるとおもってますが、どうなんでしょう?
    チャベスっぽい選手かとおもってましたが最近はアウトボクサー化しつつあるような。

    zucaさん

    一部ドル箱選手はパッキャオしかり、メイウェザーしかり
    ベルトや階級超えてビッグマネー優先の試合に走ります。
    ファンが見たい、金になる試合なので特別扱いでいいんじゃないでしょうか?

    実力は?ですが、2人ともすでにそういう存在です。
    パッキャオも引退決まり、メイウェザーもいない今となっては。

  • プクー

    BOXRECだと

    カネロが175センチ
    カーンが174センチ

    とあります。

    が、二人が並んだ写真からも

    カーンの方が背は高いかと。

    カーンが大きいというよりはカネロの自己申告が水増しかな?
    172センチくらいかな?

  • まっからむ

    案外カーンの適正体重で、パワーは互角かも知れませんが、タフネスは段違いなんで、カネロの圧勝だと思います。
    ところで、カーンって目ぼしい勝利ありましたっけ?要所でKO負けしている印象が強いのですが。

  • プクー

    まっからむさん

    その通りですね。

    僕がカーンを評価してるのは
    マイダナ戦の1ラウンドのボディ

    ですね。

  • Aprilweather

    カネロはメイ戦の時には公称身長5フィート
    7.5インチ(171~2cm)。
    メイと並んだ時も殆ど同じ身長だったし、
    実寸は大体そんなもんじゃないかと。

  • プクー

    Aprilweatherさん

    がっちり太いですしね。
    山中と変わらないくらいか。

    なぜサバ読むのかな?

  • プクー

    まっからむさん

    デボン・アレクサンダー戦も素晴らしかったですよ。
    アレクサンダーの良さも出てましたが。

  • まるお

    いつも更新楽しみにしています。

    パワー&タフネスのカネロにスピードのカーンが挑む、自分の最も好きな形の対戦です。

    カーンみたいな、スピード&テクニックで相手を圧倒する才能があるけれど、明らかな穴もある、そんなボクサーが何故か好きです。天才的な部分もあるけれどそれ故のムラっけと言いますか、ポカミスしてしまうところが憎めないとでも言いますか・・・。

    最後はカネロのパワーに圧倒されてKOされてしまう場面が想像つきますが、でも階級違うし衰えていたとはいえ、ジュダーやマリナッジに勝ったカーンを応援したいです。

    ただ、階級上げてからは圧倒的なスピード、と言える程では無くなっている気がしています。

  • プクー

    まるおさん

    両者のボクシングだけを考えると純粋に楽しみですね。
    ミドル級のキャッチウェイトでタイトル戦というから?がつくけど。

    アンチも多いカーンのボクシング、僕は好きです。
    紛れもなき天才だとおもいます。

    しかし、カネロを倒し切るほどのパワーも体力もないだろうし
    だとしたら見せ場は作っても最後まで持たない

    結局そうなりそうな予感です。