エリスランディ・ララ

スポンサーリンク


試合は塩分たっぷりで積極的に観たい選手ではないですが、この姿勢はいいですね。
まるごとコピーですが、自分のために残しておきます。

WBA世界S・ウェルター級王者エリスランディ・ララ(キューバ=写真)が、ミドル級3冠統一王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(カザフスタン)挑戦をアピールした。

「彼は私のようなタイプの相手と対戦したことがない。
私は頭脳を使ってゴロフキンに勝ってみせる。
私は(プロ、アマ含めて)ゴロフキンのような選手と何度かグローブを合わせ、インテリジェンスを活用して勝ってきた」

「私はウェルター級からミドル級まで誰とでも戦う。
でも一番目のチョイスはGGGだ。
次にカネロとのリマッチ。
もし両方ダメなら、これまでのクラスレコード(93年に当時のIBF王者ジャンフランコ・ロッシ=伊が樹立した11度防衛)を破る12度防衛を目標にしたい。」

両方ダメならって言うところがチャーミングです。
自分の置かれた立場をわかってる。

バネス・マルティロスヤン戦ではボディに効きそうなパンチを食っているようにみえましたが効いたそぶりもなく淡々と勝ちを拾っていきました。

記録上無敗ではないが、はっきり負けた試合もなく唯一危なかったのはアルフレド・アングロ戦のルール違反マッチだけです。

Sウェルター最強はチャーロかアンドラーデかなんて妄想してましたが、アンドラーデにはアマではっきりと勝っており、やはりララが一番でしょう。

観てて退屈に感じる部分もあるスタイルですが、すげぇなぁと感じるところもあり、見逃せない男ではあります。

5件のコメント

  • 桐島条助

    何だかんだで皆ゴロフキンを避けてる風潮の中、こうして名乗りを上げるのは立派です。
    でも結局相手にされずに終わりそうな悲しさがありますが・・。

  • KK

    大好きララちゃん、ロナルド・ハーンズ戦のKO勝ちの頃からファンになりました(笑)
    GGG戦、カネロリマッチとどちらもダメ?そうな感じはありますが…もし決まれば楽しみです。

  • 桐島条助さん

    戦績に傷はありますが
    アマの実績、スタイルからしても
    ララはメイウェザーのコピー
    もしくはそれより上かもしれないですよ。

    わりとハンサムですしね。
    キューバ人であることとスタイルのせいで爆発的人気は無理でしょうが。

    KKさん

    実力差があれば派手なKOもやるんですがね。
    注目のビッグマッチになると塩になりますね。どうしても。

    確かにアマではゴロフキンの先輩、カザフの英雄
    アルタエフや

    今売り出し中の
    デレブヤンチェンコ

    なんかに勝っており、ロシア系パワー選手を攻略してるんですよね。

    ゴロフキンが五輪決勝で負けた
    ガイダルべコフも天敵はいつもキューバ人でした。

    KO勝ちは期待できませんが、やる気あるならみてみたいですね。

  • マイティ

    人間要塞ゴロフキンのKO敗も塩漬敗も想像出来ないですが、カネロよりララの方が全然勝ち目あるような気がします。

  • マイティさん

    アマだとロシア圏とキューバというのが頂点争いです。
    アメリカじゃありません。

    ゴロフキンも今の実績になる前は
    カザフスタンでは

    アルタエフ>ゴロフキン

    という評価だったとおもいます。
    アルタエフは北京金なので(ウェルターですが)

    ゴロフキンは軽打はポンポン食うところあるので、見てみたくはありますね。
    ララが勝つとしても判定の勝ち逃げ限定でしょうが。

    命を削るような強打者相手に名乗りをあげるのはかっこいいとおもいます。
    カネロは口だけっぽいですからね。