スポンサーリンク



ウェルター 階級別

ブルックVSスペンス

投稿日:

ライブ観戦は見逃した。
英国時間はなかなか厳しい。

結果とハイライトを受けて

https://youtu.be/Q-xA8hz3oLg

ブルックの左眼の負傷による棄権的な幕でスペンスがベルト奪取。
ゴロフキン戦の右眼に続く似たような結末になってしまったようだ。

結果は予想通りとなったが、スペンス側もやや大味、強引さがあり絶対的な強さや安定感は感じられなかったという意見も。

個人的に重要視するのは、最近の米国ホープの試合内容

ジェルボンタ・デービスやエロール・スペンス

など、強さの中にも荒さや強引さがあり緻密といえない部分が残る気がするが、接戦のようでいてダメージ的には圧倒しているようにみえる部分があるところだ。

ダイジェストだけではわからないが、ブルックのダメージと疲労に比べて、若いスペンスはパワーも体力も余力も残っているように感じる。そこに底知れぬ強さを感じてしまう。

もう限界だと膝を折る。これもある意味ノーマスだと言える。
10ラウンド終わって視界がぼやけてやめたいとセコンドには伝えていたそうだ。

ブルックは紛れもないトップボクサーでポイントのピックアップも上手いが、ダメージ的には大きく差をつけられたようにおもう。

眼の異常により2重に見えたそうなので、大きなハンデといえるし、今後の状態も心配だが、体力あるスペンスにリベンジするのは険しい事だろう。

サーマンの長期離脱や、多国籍なホープがいる階級で、ナンバーワン王者に躍り出たスペンス、これからの防衛ロードに注目だ。
ベルトを参ったさせたショーン・ポーターもフィジカルモンスターっぽくてまだまだ楽しみだし。

天才、フランキーゴメスや贔屓のカバラウスカスなど、スペンス有利かもしれないが楽しみに事かかない。

グローブスVSチュディノフの方はグローブスを何が何でも王者にさせたかった試合にみえてしまう。
こういう相手、試合になるとチュディノフは相手をKOするしかないのだが、早めにストップされてしまったようだ。

スペンス

彼(ブルック)は自分のリズムやペースで試合をやりたがり、それが崩れると脆いのを知っていた。
今日の僕はあまりシャープじゃなかったので、ペースを崩そうと彼が嫌がるプレスを続けた。
ポイントは危なかったかもしれないけど彼のペースが崩れ、落ちていくのを感じていたよ。

これが公式の中継映像だとしたら、上半身のアップばかりで足とか位置取りとかよくわかんない、いただけないカメラワークですね。

https://youtu.be/Gr4CON-m-GQ

https://youtu.be/vxOi9BCjLkE

-ウェルター, 階級別

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.