アマチュアの頂点

スポンサーリンク


トップアマチュアの快進撃が続いております。団体乱立、ランキングもおかしなプロよりアマチュア頂点の方が強いのか?

国内予選を勝ち抜いて、トップレベルが集い、たったひとつの頂点を目指すアマチュアの方がどうやら険しそうだ。
戦い抜いてきた舞台が違うといわんばかりの村田の圧勝、柴田はOPBF王者と紹介されてましたが元日本王者でもある2階級王者でしたがモノが違いました。

今GGGとやったら危険すぎる、それが村田の立ち位置だとおもいますが、村田はそういう猛者のいるアマチュアで頂点を極めたんだよな。
本当にすごいことだ。

しかし運にも恵まれて?金をとったが、世界選手権では敗れ、ミドルで絶対的な存在であるイェフゲン・キトロフ(ウクライナ)はどうだろう?
未だ、こちらの方が格上のような気がする。

http://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin/article.php?storyid=4072

井上も五輪は出れませんでしたが出てればゾウ・ジミンとやってどうだったかわからないほどの逸材だったようだ。
ゾウ・ジミンの方がキャリア、勝ち方を知っているというだけでプロ向き、不向きはどっちだろう?
とりあえずゾウの方がパワーはなさそうだ。

トップアマの快進撃を見て、色々と思いめぐらしています。

今日本で最も頼れる剛腕、内山は国内トップアマ、世界ではベスト16だか、8だかで五輪へはいけなかった。
しかしプロでの内山の試合内容を見ると今までの対戦相手だと全て冷静にアウトボクシングをして技術、ポイントでも有利、盤石な戦い方が出来ている。
いわば培ったアマチュアの技術、キャリアで相手を既に上回っているような試合ばかりだ。

ではこれが、アマチュアで内山以上の実績の相手とやったらどうなのだろうか?
今までそんな相手はいなかった。勝つべくして勝った相手ではなかったか?これからが正念場だろう。

色々なタイプのボクサーがいるので全てがプロで結果を残すことはできないだろうが、総じてアマチュア王者の方が安定的にレベルは高そうだ。

特にロシア圏のトップアマはかなり高い確率でパンチも強いのが多く、プロモートの険しさはあれど即プロトップで通用しそうな選手が多い。
プロ激戦のライト、ウェルターあたりでも

今度デビューするらしい

ワシル・ロマチェンコやよく出てくるセリク・サピエフなんかはプロ王者より強いんじゃないかとおもっています。

アマチュアに最強ありき・・・

しかし情報少なく、強さも伝わりづらく世界アマチュアを追いかけるのはしんどそうです。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=qZCCjxGYAfI[/youtube]

10件のコメント

  • Aprilweather

    >ではこれが、アマチュアで内山以上の実績の相手とやったらどうなのだろうか?

    内山と同じ(近い)階級のアマエリートだと、ガンボアの他には19歳で世界選手権金メダル、
    20歳で五輪銀メダルのロッキー・ファレスあたりが思いつきますが、内山と戦ったら
    惨殺されるような気がします。
    http://boxrec.com/list_bouts.php?human_id=1366&cat=boxer

  • プクー

    ファレスはもう晩年では?
    ピークであればクリスジョンにも引き分くけたし難敵だとおもいます。

  • ジムシー

    ゾウシミンはプロに向いていないように見えます。短いラウンドで判定勝ちすることに特化したスタイルではないでしょうか。今のところ井上のほうが魅力的ですね

  • 桐島条助

    他のスポーツでも、アマエリートがプロでも活躍する事多いですが、
    それでアマ>プロとかいう話にならないですよね。
    ボクシングもアマのエリートとかがこぞってプロに来てるわけだし、
    あまりプロvsアマみたいな比較で考える必要性を僕は感じないです。

  • プクー

    ジムシーさん

    なんか判定ばっかで非力なのかなと感じますね。
    ただ絶対アマ王者ですし、テンポ、勘の次元が違うそうですから
    そのスタイルでどこまでやれるか見届けたいです。

    桐島条助さん

    自分は知名度関係なく最強は誰かなぁというロマンがあるので
    アマチュアに視線注いじゃいます。

    ま、ルールがかなり違うので妄想するだけで比較はできないとおもいますが。

  • 一ファン

    普通のスポーツは、プロはトップアマの参入によってその
    レベルを維持しているもんですので、プロvsアマなんて
    週刊誌的な見方の必要はないと思います。
    アマチュアの繁栄なくしてプロの繁栄なし。それが普通です。

    たとえばプロ野球。プロ野球がレベルが高いとすればそれは
    松坂、田中、ダルビッシュといったスター高校生たちや、
    かっての上原、古田といった社会人トップが参入してるから
    こそで、これがプロテストから上がった連中ばかりだったと
    したら目も当てられないでしょう。
    どんなスポーツでもそうですよ。
    プロは金の力でアマから人材を引き抜くからこそ、レベルが
    高いんです。金がなく、アマからの参入がないプロ競技は
    例外なく衰退します

  • プクー

    一ファンさん

    ボクシングはやや違っていてだから好きなのかもしれませんが、アマチュアだけでキャリアを終える選手が多いんです。

    特にキューバや旧ソ連、東欧、アフリカとかプロ興業の厳しいエリアです。
    ステベンソン、サボンあたり五輪3連覇です。

    未だ、プロ転向はごく一部で、なっても人気を得にくく試合組みにくいなんてことも。

    なので妄想かきたてられるのかもしれません。

  • borokabuaai

    自分もアマ出身者に良い選手がいると思う。アリ、フレイジャー、フォアマン、ボウ、ルイス、ホリフィールド、レナードやメイもですし強いです。ただ叩き上げでも、デュラン、チャベスSR、バレラ、モラレス、マルケス、パッキャオみたいな選手も出てくる所が、ボクシングの面白い所ですね!自分はナイトクラブの用心棒上がりみたいな選手で、怪物的パンチャー&タフネスみたいな選手に妄想を抱きますが・・・ゾウミンは、エストラーダーやフライ級の強打者と対戦したらKO負けします(マカオ以外で)井上もロマゴンには勝てそうにないです。

  • 野上のタケ

    プクーさんへ

     貴重な映像やボクシング情報、ありがとうございます。
    いつも、興味深く拝見しています。

     イェフゲン・キトロフ選手、初めて知りました。
    いやぁ、強いですね。
    また、このような強い選手と殴り合いしていた
    村田選手に、改めて感動しました。

  • プクー

    borokabuaaiさん

    自分はそこまで言い切れないです。
    強打者を完封できるからアマの頂点

    プロはより危険ですが・・・

    色々な選手がいてパッキャオやロマゴンもアマキャリアはかなりあります。
    ロマゴンやリカルド・ロペスなんてプロ、アマ無敗と聞いていますがなぜアマで国際的な舞台に立たなかったのでしょうね。
    色々複雑な事情がありそうです。

    野上のタケさん

    アッボス・アトエフという選手もミドル、Lヘビーの2階級王者で
    熊みたいなガタイで軽く打ってもパンチがメチャ強いなんて書いてありますね。
    それを世界選手権、五輪、2度も破って村田は金とったんですね。

    きっとアマチュアの頃のGGGも怪力っぷり半端なかったとおもいます。
    けれど五輪決勝のロシア人はそれを上回っているようにみえました。(プロになってないけど)

    五輪は組合せや不可解な採点に泣くケースも多くキトロフという選手が現在実績ナンバーワンのミドル級選手でしょう。
    続く選手も続々といますが・・・