山中慎介の歩む道

スポンサーリンク


西岡が切り開いた本当の世界への扉、そこへいつ飛び出してもはずかしくないのが内山、山中、長谷川、そして夢のスタートをきった村田や井上、井上の先輩八重樫だってどこでも誰とでもやる覚悟はありそうだ。

ジムの方針、実績からして先日メキシコで見事王座を防衛した三浦の所属する帝拳ジム、実質ここが日本から世界への窓口であるようだ。
その帝拳ジムで最も輝いているのが山中慎介。

西岡の引退を悲しむひまもなく本格派王者として輝きを増している山中、今後どのような道へと進むのだろう?

王座の戴冠はドネアの抜けた隙間、クリスチャン・エスキベルは上位ランカーだが王者の器ではなく圧倒・・・
しかしながら仕留めにいって逆に倒されたり試合のピークで停電中断があったりで100点の出来とはいいがたかったが、そこからの防衛戦は見事なもので王者となった今自信と確かな成長は増すばかり。

おもえば日本タイトル防衛戦で岩佐と競っていたのが遠い昔と感じるくらい貫禄がついてきた。

ランカーに強いのはいるとはおもうがイマイチ無名ばかり・・・WBAスーパー王者のモレノくらいしか楽しみな相手がいない状況だがこの男にはまずWBAを掃除してからにして欲しい。その他2人の日本人がいるが山中とガチでやるとは到底おもえず、妄想で一番楽しみであったレオ・サンタクルスは階級を上げ2冠・・・

今後山中はどこで?誰と戦うのがふさわしいのだろう?

内山のように日本で未知の海外ランカーを呼んでというのでは食い足りない。山中には是非早急に西岡の歩んだ道を突き進んでいただきたいのだ。

が、バンタムでは相手がいない、マニア的にはアクベコや無敗のホープなんてのも楽しめるがダルチニアンやツニャカオに勝った今、もう国内卒業でいいほどの実力者であろう。

体格もパンチも十分上の階級で通用するのだからSバンタムに進出する方がエキサイティングなのかもしれない。
VSリコンドーは微妙だがVSサンタクルス、見てみたいなぁ。

接近戦、手数、体力、サンタクルスが上、体格、互角・・・
遠距離、カウンター、破壊力は山中が上だろう・・・
テクニックはアマの実績もすごいサンタクルスが上かな・・・

ただ山中の方が美しく本格派なスケールの大きなボクサーにおもえて仕方ない。

しかしここもチャンスを伺う長谷川がいるからまだ先の話となるのかな。

無敗といえど2度の引き分けがあり、歩んだ道のりはスローペースだった山中。
粟生や下田の方がよっぽど表舞台で目だっていた。

いつ、どんなきっかけで何がそんなに変わったのか知りませんが、見てても惚れ惚れしてしまう山中の活躍を期待せずにはいられない。
本場の醍醐味を日本の民放で是非お披露目ください。

あとは挫折あれどキャリアを積んできた大場や停滞感のある岩佐の世界挑戦もいつか見てみたい。
しかし階級を変えないかぎり?いきなりスーパー王者のモレノか山中しか今のバンタムに挑戦のチャンスなし???
何をモチベーションにがんばればいいのか、歯がゆいでしょうね。

13件のコメント

  • プクー

    あっIBFがありましたね。
    王者もやる気なようなので
    是非バンタムスーパー4でも6でもお願いします。

  • ジムシー

    アグベコとやればKO勝ち出来ると思います。さすがにモレノには判定負けかな。でもモレノ戦見たいですね。普通のランカーではまた一回KOになりそうで怖いです

  • ボロカブ

    取りあえず、モレノとやってバンタム級の統一路線はどうでしょう。日本人初の4団体統一王者!個人的に複数階級制覇よりも4団体統一王者の方が、ステークスが上だと思うのですが?

  • プクー

    ジムシーさん

    ニエベスに勝ってるやつらとかホープはいるとおもいます。
    ですが日本に呼ぶ場合のランカーって微妙に二流だったりする。

    海外にアピールできる名前とやって欲しいですね。

  • P

    バンダムはドネア中心にリゴンドー、マレスが追っかけて台風の如く名のある選手も階級大移動してしまいましたから、今の現状からすると無理に山中は増量せずにバンダムで基盤を作るのがベストでしょう。
    早い内にラスベガスでアピールできるようになればサンタクルスあたりバンダムに戻る可能性もなくないのではないでしょうか。

    ボロカブさんの言う通り狙い目のチャンプを下すよりも4団体統一をした方が箔はつくのは間違いないと思います。でもIBF以外はやる気ないと見なすのが妥当かと、特にWBAは。

  • プクー

    ボロカブさん

    バンタムの体作れるなら無理する必要ないですね。
    SもLもつかない歴史ある階級だからかっこいいですし。

    複数階級より統一が本筋だとおもいます。

    IBF王者はやる気のようなのでやって欲しいです。

    モレノはまずWBA掃除して欲しいです。

    モレノ、山中という素晴らしいチャンピオンの一方が削られて
    WBOとWBAのインチキが生き残っているのは納得がいきません。

    Pさん

    サンタクルスは戻らんですよ。
    ライト級くらいまでやりたいなんて夢物語語っていましたから。

    もはや空き巣、暫定、いっぱいありますからタイトルより誰とやったかが重要なんですが
    日本のマスコミはうそついたりスルーしますからね。

  • P

    サンタクルスがライト?
    マレスがフェザーで派手にコケた後に聞くと寝言にしか聞こえませんね。
    あの体からして、せいぜいフェザーまででしょう。穴チャンプ相手ならベルトを手にする可能性はあるだろうけど。。。

    遥かに体が大きいホルヘ・リナレスでもライト級ではパワー不足なのに。
    あ、でもマルケスみると凄い体になってるからなぁ。

  • プクー

    Pさん

    そのジョニゴンをターゲットにしているらしいですよ。
    データだと170センチ以上ありリナレスと違い頑丈なストロングスタイルなので上げても大丈夫とおもいます。

    マルケスのムチムチとパワーと回復力と頭髪見るとなんかステロイドっぽいですよね。偉大さは十分認めてますけど。

  • プクー

    モレノとやればこの人がWBAの王者でありTBSのは違いますよとちゃんと解説してくれるかな。

  • P

    いやいや、そうなる前に「ずっと前からSフライとばしてるのは気になってたんや」とか言って早めの引っ越しに精を出すんじゃないですかね。

    仮にモレノと山中の試合が決まったら、間違いなく勝者との統一試合がWBAから指令されるし。モレノが勝者なら買収で回避もあり得ますけど、山中がモレノを下した場合は逃げるのが難しくなるため 事前の策は用意してあると思います。

    しかし、肝心のモレノ自身が山中を避ける可能性もなくはないと思いますよ。ビッグネームでない危険な選手と試合をしたがるチャンピオンなんてほぼいませんから。

    ジョニー・ゴンザレスはターゲットにドネア、リゴンドー等を挙げているいるようです。リゴンドーにとっては階級あげてのジョニゴンはリスクが高いけどチャンスなのかもしれません。

  • プクー

    Pさん

    今のままでも下へ行っても弟がいますので
    引退でいいんじゃないでしょうかと。

    兄としてやりつくした。
    夢も果たした。
    実はずっと怪我と戦っていた。

    とか言って。

    ジョニゴンこそはもうやり尽くした
    今はボーナスステージみたいな状況だとおもうので
    誰とでも戦うでしょうね。

    次、ホープのゲイリーラッセルとか言われてますね。
    いいですね。

  • プクー

    Pさん

    ダルチやマレスともやったモレノだから山中から逃げるということはないとおもいますが、金次第だとおもいます。

    人気がある王者ではないのでお金のためにやっているような気がします。モレノタイプのボクサーは。

  • P

    山中から逃げるというより、モレノからしたら総合的に魅力的ではないということです。
    マレスやドネア並のビッグネームなら倒せば名を馳せる事が出来きて、尚かつトップ戦線に並んでファイトマネーの高い試合にありつける道が開けます。

    しかし逆に負けてしまうと選手としての価値が一気に下がるのでトップ集団のレースから脱落してしまうんです。

    ボクシングで稼ぎ続けたいのなら無駄にリスクの高い試合は避けるのがボクシングビジネスでしょう。

    長谷川はそれに失敗した例だと思います。ベルトがないとファイトマネーで食っていけなくなりますから。

    パッキャオやドネアは試合内容だけで魅せる事ができるので負けてもダイヤモンドですが、
    プクーさんの仰る通り、対してモレノは全く異なるタイプのボクサーなのでそこまで名の知れていない山中に負けるのはビジネス上でのボクシング生命に関わります。

    山中みたいな危険な一発を持っているファイターは不当だと感じる程のファイトマネーをださないと受けてもらえないと思いますよ。
    モレノからしたら「WBAスーパーチャンピオンベルトを維持している方が仕事がなくならない。割に合わない選択はしませんよ。」と考えるのが妥当だと思います。

    仮にマレスが4団体統一に路線を変えるのであれば話は変わるでしょうが、それも現実的には可能性が低いと思われます。

    日本みたいに国内に格下相手で試合を回して金を稼げる環境がないので当然だと言えるでしょう。
    しかし、だからこそ厳しい環境を渡り世界レベルを維持できる。
    逆に日本は環境が甘いがために、そこを漬け込んで実力の足りない者が恥を知らずにベルトを獲得し保持し続けられる。

    これは、、、ボクシングに限りませんよね。残念ですけど。

    ジョニーゴンザレスは良い選手だし、ポンデに負けるまで防衛続けていたのでボーナスステージを満喫するだけの資格?があると思います。下の階級から上がってくる猛者達からするとチャレンジングな相手だし不足もない。非常に良い立ち位置にいますね。