スポンサーリンク



日本

もはやスポーツではない

更新日:

またもや日本ボクシング界が揺れている。

亀田家が試合をするたびにこれである。

つまり毎回、清廉潔白、公明正大な試合ではないからこうなるのだ。

ルールがどうのこうのと騒いでいるが
個人的に一番問題視しているのは

試合が著しく低レベルであることだ。

あんな試合をTVのいい時間を使い放映し続けていたら、

ボクシングはつまらない
昔の方がよかった
とても世界戦とはおもえない
選手の質がひどい
採点がいかがわしい

と、ボクシングは見捨てられてしまいかねない。

今まで視聴者を欺き、強者と偽り、わけありポンコツ相手に勝ちを与え続けてきたが
2流のポンコツ選手にさえ、大苦戦する、演じることさえできなくなってきた。

本物の強者にはチャンスを与えず王座を独占し、やれ体重苦だ、複数階級だと
好き放題獲得、返上を繰り返し王座を独り占めしてきた。
ついには負けても王座から落ちないというウルトラCまで発動させた。

採点発表のうろたえ加減、2号の結果をきいての態度と表情、
あれは勝ちが決まっていた者の反応だ。
「どうなっとるんじゃ、聞いてた話と違うやんけ」

自分が負けであることくらい肌で感じ取れないのか、有効打も手数も明らかに負けだ。

これ以上、あんなひどい内容のボクシングをまだ見せ続けるのか?

軽い階級でさえKOする姿を一度もみたことない2男がバンタムに上げるとか
入札指定日直前にモレノから逃げて階級を下げる長男
孫より弱いボクサーなどランカーにいるとでも?

八百長と断言すると反論する人もいるが
もう、本物の世界クラスと真剣勝負をしたら身体が危ぶまれるような状態だ。

それを懸念してのモレノ戦回避はやむおえない。予想通りだ。
真剣勝負なら無残な敗北が待っているだけだから。

しかしこれでは強い者と戦わない、真剣勝負はなしと身をもって宣言しているようなものだ。

そんな選手、試合をこれからも放映していいのか?

このままでは

日本のボクシングは腐っている
もはやスポーツではない、見る価値なし

そう審判される日が来るだろう。

-日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.