Favorite更新

スポンサーリンク


本物を追求するという姿勢なので、最近はアマチュアに興味が移ってる気がします。

誰か友達になってください。

スポーツに限らず、プロよりアマチュアの方が崇高で本当にレベルが高い人がいるような気がする昨今です。

プロ転向し、村田とマカオで共演するかもですが

イゴール・メコンツェフ

こやつも強かったなぁ。Lヘビーなのに長谷川みたいなサウスポーでした。で、拳は岩石です。

ワシル・ロマチェンコ メイウェザーよりハイレベルであると断言する。
全然ディフェンシブなボクシングではない。
マトリックスのような仮想空間で試合を組み立てる感じでアングリ。
あの黄緑はやっぱり映画マトリックスかな。
ギジェルモ・リコンドー もう年齢が心配だ。
最強ボクサーは誰からも相手にされない。
ジュナディ・ゴロフキン ジェイコブス戦でやや底が見えた。
やはり体格、パワー、無限ではない。
けれどミドル級王者としては突き抜けている。
井上尚弥 この日本人だけは世界に誇れる。
全階級屈指のスピードといえるのではないか?
ただしSフライでパワー上位なだけで適正といわれるSバンタムあたりでは抜けたパワーも耐久力も凡庸になるかもしれぬ。
逸材というだけでジムの方針でビッグマッチがない。
ロマン・ゴンザレス Sフライになって相手が頑丈でやりたいように出来なくなってきた。
勤続疲労も心配。
けれど、シーサケット戦で土がついたといってもロマゴンはロマゴンで終始打ち続けていた。
変わらないコンプリートファイター
アーサー・ベテルビエフ まだ王者じゃないけどボチボチ受けてくれる相手がいなくなってきた。
未知数はたくさんあるけれど、怖いとおもえる貴重な存在。
怖いのがボクサーにとって一番の勲章だ。
田中恒成 まだこれからの選手だが外人選手並のメンタルで強者から逃げない姿勢に惚れた。
井上には届かないが、ロマチェンコばりの横の動きを即実践で効果的に使ったり・・・
負けたってかまわない、応援したい青年だ。
エロール・スペンスJr これまた王者になってもないが、ブルックには勝って欲しいしそういうタイミングだろう。
挑むスペンスも受けるブルックも素晴らしい。
ランセス・バルテレミ キリル・レリには負けて欲しいのだけど
実力は認めざるをえない嫌な強さを備えた奇人
マイキー・ガルシア リナレスやロマチェンコとの試合が実現すれば無敗神話も終わるかな。
超教科書でクラシカルなボクシングだが、美しい。
ジャレット・ハード おまけ。好みだから。
スケール感と独特の個性があっていい。
ジェルボンタ・デービス まだこれからの王者だが、Sフェザーで日本人はもう無理とおもわせてくれた。
本能の部分でどうしたってメイウェザーよりリスキーだけどエキサイティングな試合をしてくれるだろう。
ジョンリル・カシメロ これまた好みだけ。
穴だらけだろうが怪物君みたいのがいい。
番外 山中慎介 具志堅の記録を超えた後に海外へ出て欲しい。
国内でヌクヌクやっていなければそろそろタイムリミットか。
記録の後には夢を・・・
番外 三浦隆司 強さの順位じゃ番外だが、日本人で一番ワクワクする舞台で戦ってくれている。
しかも己のストロングポイントを生かし切って漫画みたいに面白い試合をしてくれる。最高の選手だ。今となっては試合前一番緊張、燃える。

6件のコメント

  • 五輪 金 太郎

    いますね~~~w
    こうやって見ると

    各地のサバイバルゲームを抜けて
    世界の舞台に踊り出て
    そこで更に過酷なサバイバルゲーム
    を勝ち抜く
    その先にチャンプが君臨しているって
    構図が一番わかり易くて
    面白いと思うケド

    階級ワープの超人が出てきて
    ベルトの重みは薄れ
    団体も乱立してチャンプの権威も落ち
    ビッグネームに敬遠されちゃう
    不運な選手はほんと可哀想ですよねw

  • プクー

    五輪 金 太郎さん

    僕みたいなマニアは少なくて
    スカッとしたい。
    派手な打ち合いが見たい。

    からボクシングを見るのでしょう。

    しかし究極は打たせず打つことだから
    人気と実力はかい離したところにある

    というのが本質ですね。

    ビッグスターにもアンチがおり
    人気ない選手にもファンがいる。

    僕は後者です。

  • 野上のタケ

    お世話様です。

    うんうん、こういうふうに羅列いただくと、
    見やすく興味が持てますね。
    後で一人一人、調べて確認しておきます。

    注目はやはりロマチェンコ。
    さて、今後どのチャンプと絡んでくるか。
    タイトルマッチはまだまだ先ですかねぇ?
    だとしたら、今のチャンプ達とは、
    全く対戦しないかも。

  • プクー

    野上のタケさん

    ロマチェンコはもう次の試合が世界タイトルですよ。相手はオルランドサリドです。

    これほど絶対的なアマキャリアなら批判できません。

    スピードや技術はすごいけど桁外れなパンチ力というわけではなさそうです。サリドは強いけど順当に勝つとおもいますね。

  • 野上のタケ

    お世話様です。

    失礼いたしました。
    プクーさんの過去記事に、ちゃんとロマチェンコと
    サリドのタイトルマッチ記載ありますね。
    2013年4月頃とか。

    非常に楽しみです。

  • 野上のタケ

    度々、失礼します。

    2014年4月頃の誤りです。