スポンサーリンク



階級別 プロスペクト 日本

リオ、途中、雑感

投稿日:

五輪でやや小休止のプロのリング
それでもウォードが完勝してたり見逃せない。
彼は無冠戦でも世界戦レベルの試合を黙々と勝ち続けてきてるなぁ。
コバレフに勝ってもおかしくはない。

興味はあるものの、時間や情報の錯そうであまり見れないので自分はリフレッシュ休暇してました。
休暇なのに余計に疲れるという顛末でしたが。

ロンドン組もメダリスト以外でもプロで王者になっている五輪のボクシング。
この中から将来のプロ王者が誕生することは間違いないだろう。

日本勢は全て敗退してしまったようですが

成松が勝ったベネズエラ人はリナレス、いやそれ以上の逸材なわけで負けても彼自身のボクシングはトップレベルですね。
日本王者よりは確実に上なのでは?

2回戦のアメリカ人の若手はプロと練習相当やってるだろうなぁ。
それこそロマチェンコあたりと練習していたりして・・・

ヘッドギアがないので、より実戦的で楽しく観戦できますが、素早い、ロボットのような身のこなしは、世界ランカーレベルでそん色ない動き。内山や三浦と比較しても速く強くみえたりもする。

しかし、ロマチェンコのような絶対的なボクサーと違うのはやはりディフェンスか。
国を代表するトップレベルの攻防になるとケンカのようなスタイルより被弾しない選手がやはり格上にみえる。

成松も森坂も敗退してしまいましたが、清水や村田に比べ劣っている面はないとおもう。
何が違うかといえば想像の域を出ないがやはり国際経験か?

特に村田の五輪の軌跡はほとんどがかつて拳を交え、勝ってきた選手ばかりだった。
ルールが変わり、こういう戦い方をすれば逆転できる、勝てるという戦術を採用することができたが、成松や森坂の相手はやってみないとわからない、未知の世界の強豪だったとおもわれる。

地力もさることながら、一発勝負になってしまうと本来の才能やセンスだけでは、よりハイレベルな世界を勝ち抜いてきた代表選手に一歩劣るということか。

井上だって行けなかったこの舞台、次を目指すにしてもプロになるにしても最上級の経験をした選手たちの将来に大いに期待したい。

そしてメダル争いくらいはきちんと観戦し未来のスターを目撃したい。


-階級別, プロスペクト, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.