スポンサーリンク

マニー・パキャオVSアントニオ・マルガリート

pacquiaovsmargarito

第26代OPBF東洋太平洋フライ級王者
第32代WBC世界フライ級王者
第11代WBC/International/S・バンタム級王者
第11代IBF世界J・フェザー級王者
第20代WBC/International/S・フェザー級王者
第27代WBC世界S・フェザー級王者
第32代WBC世界ライト級王者
IBO世界S・ライト級王者
第14代WBO世界ウェルター級王者
マニー・パキャオ(比国)
MANNY PACQUIAO
56戦51勝(39KO)3敗2分

NABO北米ウェルター級王者
第9代WBO世界ウェルター級王者
第14代WBO/Inter-Continental/ウェルター級王者
第12代IBF世界ウェルター級王者
WBA世界ウェルター級王者/Super Champion
第23代WBC/Internationall/S・ウェルター級王者
アントニオ・マルガリート(メキシコ)
ANTONIO MARGARITO
45戦38勝(27KO)6敗1NC

いよいよ近づいて参りました。メイウェザーが試合を避ける傾向のある相手とやってくれるパッキャオだからこの人がP4Pという評価でも納得です。
結果だけじゃなく内容も予想以上の圧勝、化け物的な強さな試合内容ばかりです。

持ち前のアグレッシブ、手数、決定力に加え、中量級でのパッキャオはアウトボックスなど技術も明らかに向上しています。

対するマルガリート、モズリーに負け、拳に異物混入してた事実が明らかとなって以降は完全なヒールで人気も落ちましたが無敗のコットを破った頃は実力NO1ではないかとおもわれたほど・・・
その圧力とタフネス、止まぬパンチ、体格、根性ともこりゃメイウェザー逃げるよなの筆頭格でした。

拳に異物混入といっても(明らかに選手失格ですが)この人の特徴は一発パワーではなく圧力でしたのでそこが劣化することはないでしょう。
Sウェルターのパンチャーシントロンやミドルのナイス王者のセルジオ・マルティネスにも勝ってますし、タフネス、耐久力は階級でトップクラスです。

そして体格差、ものすごいあります。当日体重差もかなりあるんじゃないだろうか。

あまりにスーパースターで文句のつけどころがないのでここでパッキャオをあまり扱ってきませんでしたが、ずっと彼の増量路線をみるにつけ
無謀ではなく彼にはむしろSライト、ウェルターくらいの方があってるんじゃないかとおもえてきました。

軽量級の頃、相手が小さく速くよく動く頃の方がむしろ苦戦が多く、大柄な選手相手になってからの方が圧勝が多い。
自身のパワーパンチもスピードも通用しているような気がしてなりません。

なので今回も調整が万全ならばスピードと強打でマルガリートの突進をかわし、ビッグパンチで仕留めることができるんではなかろうかという予想をしてしまいます。

しかしこれを逃したら二度とチャンスはないだろうマルガリートの気持ち、準備が尋常ではなさそうなので彼の乱戦がはまればパッキャオ遂に引退への可能性もあるのかなぁともおもいます。

二人のこの試合に対するモチベーションや準備に差がありそうです。

本番にめっぽう強いパッキャオですが練習ではアミール・カーンと互角かやや分が悪いみたいな情報がありますが
スパーだけだと案外カーンやリナレスの方が見栄えがよかったりしそうだな、軽いクラスの勢いある若手の方がもはや苦手とするタイプなんじゃないかなとおもいます。

打たれた時の耐久力という点で最近のパッキャオの試合はいつも怖いですが固いブロッキングとステップワークで危ない被弾はしないしパンチは強烈、
両者打ち合うのでスピードと一発の決定力でここもパッキャオが勝ちぬくかなぁと妄想します。

一体どっちの方が手数が多いやら・・・
熱い戦いであることは間違いなさそうです。

ファン・マヌエル・ロペスVSラファエル・マルケス

Juan Manuel Lopez

WBO/Latino/S・バンタム級王者
第14代WBO世界J・フェザー級王者
第16代WBO世界フェザー級王者
ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)
Juan Manuel Lopez
29戦29勝(25KO)

WBA/Fedelatin/バンタム級王者
WBA/Fedecentro/バンタム級王者
USBA全米バンタム級王者
第8代IBF世界バンタム級王者
IBO世界バンタム級王者
第23代WBC世界S・バンタム級王者
初代WBC/Silver/S・バンタム級王者
ラファエル・マルケス(メキシコ)
Rafael Marquez
44戦39勝(34KO)5敗

動画はこちら
http://box-p4p.com/tube/manuel-lopez.html

昨日注目の一戦、結果はマルケス負傷棄権で残念でしたがやはり彼の試合、拮抗した素晴らしい激戦でした。

記者会見などで並んでいるとマルケスの方が背が高そうですがリングで構えるとロペスの方が大きく見える?
やはり本格王者の貫録ある構えです。

両者、パンチが強くきれいに打ち抜くので迫力があります。
今までのマルケスの相手と違いロペスはパンチの他に体の圧力がありやや体で押されてるようで苦しそうでした。

しかしマルケスのタイミングのいい左フックが強烈で4Rにはロペスをぐらつかせてみせます。
対するロペスはこれほどのビッグ有効打はなかったですが対する右フックが強く、より多く当てていてマルケスをじわじわ効かせているようです。

どっちに転んでもおかしくない激闘でしたが後半にかけて少しづつロペスのパワー、気迫が勝りマルケス苦しいかという印象でした。

いずれにしろ決め手を持った両者のパンチがいかんなく交換された熱戦でもう一回見たいとおもわせる内容、幕切れでした。

今回は勢いにまさる若いロペスの体力が古豪マルケスを若干上回ったかなという印象です。

ロペスはやはり一流王者の風格がありますがやや顔面狙いのアップライト気味なスタイルでしょうか。
また気持ちが強いので打たれたらムキになって打ち返す、そこで少し雑になります。

こういう中量級並の迫力、パワーのある階級に長谷川は参戦するんですね。
いつか対戦するようなことがあればとゾクゾクします。

無敗の新鋭ブルゴスは体力、パワーという点でまさにフェザー級なので注目です。

ウーゴ・カサレス

Hugo Cazares

メキシコ/Pacific-Coast/S・フライ級王者
メキシコ/J・フライ級王者
NABO北米J・フライ級王者
アメリカ/カルフォルニア州/J・フライ級王者
第13代WBO世界J・フライ級王者
WBA/Fedelatin/S・フライ級王者
第20代WBA世界S・フライ級王者
ウーゴ・カサレス(メキシコ)
Hugo Cazares
40戦32勝(24KO)6敗2分

第51回西軍代表フライ級新人王/第51回全日本フライ級新人王
初代WBC/International-Silver/フライ級王者
久高 寛之(Gツダ/仲里ATSUMI)
Hiroyuki Hisataka
28戦19勝(8KO)8敗1分

Lフライ級から2階級上げて我らが名城との2度の激闘を経て王座を奪っていった憎きメキシカン。
その後は格下と無難な防衛戦を重ねて王座を防衛している。

そのカサレスと12月下旬に日本の久高が挑むことになった。

久高はフライ級で坂田、デンカオセーンと2度の世界戦を経験しており、その高いセンスに大きな可能性を感じさせたが、手数、消極的な試合運びで王座にあと一歩足りなかった。
特にタイでのデンカオセーンと試合では調整不良でガス欠の王者に勝ってもおかしくない内容だったが、やはり何か物足りない試合であった。

暫定王者のルイス・コンセプションとの戦いも辞さない決意であったが紆余曲折を経てカサレス相手となったようだ。

フライ級の正規王者の進路が微妙だし、暫定はデンカオセーンを1ラウンドノックアウトしたコンセプションだから世界戦を急ぎたい陣営としては手頃な王者と値ぶみしたのだろう。
王者もまた久高の実績、戦績、自身の日本での経験を踏まえOKしたのかもしれない。

久高は前試合で無敗のトップコンテンダーのパノンルーンクレック・クラティンデーンジムを見事に攻略したので資格はあろう。
世界戦も際どい勝負を演じてきた。

しかしこの試合もやはり手数、アグレッシブで劣っており逆転のカウンターKOであった。
久高はセンスがあるがカウンターに頼る傾向がありポイントメイクできない、リングジェネラルシップで劣り涙を飲むことが多い。
しつこいファイターボクサー相手にはそれが顕著だ。

対するカサレスはもうベテランといっていいだろう。大柄で58キロくらいでリングに上がることが多い。
打ち合いもボクシングもできる万能型だ。モンティエルの同僚でもある。

経験、幅からいってカサレス優位は動かない。
久高が勝っているのはスピード、カウンターの精度かとおもうがそういう相手をクリアして現在の地位にいるカサレスには当たればラッキーくらいの確率と考えた方がよさそうだ。

天才肌で能力の高さが目立つ久高に期待したいのはポイント劣勢からの奇跡のカウンターではなく
スピーディーにアグレッシブに動いて手を出しポイントを抑え、空回りしてスタミナの落ちたカサレスを痛烈に沈めることだ。
王者になることも大事だが防衛していく野心があるなら今のスタイルでは足りない。

巧くセンス抜群なのだから3度目の世界戦、最後とおもってもう一皮向けて欲しい。

カサレスは上手くて強くてずる賢いと3拍子揃っているが負けることが想像できないようなスーパーな王者ではない。
キャリアで培った技巧でしぶとく王者でいるが盤石ではないのでこの試合は期待できそうだ。
勢いある名城に再戦で勝ったように戦術をたくさん持っている。
練習環境もハイレベルで久高より最近も試合をこなしているので調整は盤石だろう。

現時点では王者の総合力が上だが対策と練習でどうにか超えて欲しい壁である。

二コシナシ・ジョイ

二コシナシ・ジョイ

ケープタウン/ミニマム級王者
南アフリカ/ミニマム級王者
IBO世界ミニマム級王者
第17代IBF世界ミニマム級王者
二コシナシ・ジョイ(南ア)
Nkosinathi Joyi
21戦21勝(15KO)

IBFで高山が戦うという王者、
ネット以外で見たことないのであまり多くを語れません。

南アフリカのミステリアスに満ちた王者という感じです。

しかし評価は高い。ミニパッキャオをいわれたフローレンテ・コンデスや当時無敗のチャンピオン、ラウル・ガルシアをほぼフルマークで破っているし映像見るからに強い。

この階級でいえばポール・ウィリアムス的なやばさ漂う規格外の大柄な男です。

身長、168cm
リーチ、172cm

とのことでやはりミニマムではでかい。そしてその体格を生かした距離を生かした抜け目ないボクシングが目立ちます。
きっとパンチも体の力も強いんだろう、だから歴代の王者をしてもなかなか圧力をかけられない、そんな印象を抱きます。
しかしこの2人と戦うまではキャリアの浅い平凡な戦績の相手としか戦っていないようでいきなり相手がレベルアップしても差を見せて勝ち続けるなんてどこまで大物なのだろうか。

高山も多くを語れるほど見てきていないが運動量豊富で目まぐるしく動き手数も多い。非常にハイテンポなボクサー。
けれどパワーレスで判定が多いのがいかにも日本人的・・・

という印象がありますが、このハイテンポはかなりのもので日本では抜けていた。
そして世界でも一流王者にひけをとらないパフォーマンスを発揮している。
誰が相手でも逃げないし不利を予想されても常にそれ以上の内容を披露する漢である。

自ら過酷な環境に身を置きこの試合をたぐりよせた高山は心身の成長含め期待せざるをえない。

やっとたどりついた世界戦がこんなミステリアスな怪物なのは酷だが一見ジョイはスピーディというほどではない。
無尽蔵のスタミナとゴンザレス戦で見せた根性、己の武器である超ハイテンポでこのでかい男の歯車を狂わせて欲しいと願う。

Boxing News