2015 プロスペクト 前半

スポンサーリンク


これが一番気になるので年明けにいろいろ見てみよう。
話題のホープたちの今年を追ってみた。

2015 プロスペクト 前半

ジェシー・マグダレノ
won 19 (KO 15) + lost 0 (KO 0)
スーパーバンタム

階級的に厳しいが、挑戦資格十分のホープ。
日本人は恵まれているよ。
[youtube]http://youtu.be/l6E2YGyG26Q[/youtube]

ゲイリー・ラッセルJr.
won 25 (KO 14) + lost 1 (KO 0)
ファザー

再起はフルマーク判定
大物相手でもKOする気概が欲しい。
タッチゲームだとロマチェンコに劣るのだから。
[youtube]http://youtu.be/x-7JiFxOFd8[/youtube]

ミカエル・ズースキ
won 26 (KO 20) + lost 0 (KO 0)
ウェルター

カナダの強打者
チャンスは訪れるか?
[youtube]http://youtu.be/Ue5CIFIl5qQ[/youtube]

ジャーマル・チャーロ
won 25 (KO 11) + lost 0 (KO 0)
スーパーウェルター

チャーリーに勝った人
アンドラーデには危険なのにファイトマネー安すぎると断られた。
KOタイプではないのかな?
[youtube]http://youtu.be/6rXNc-FosxM[/youtube]

ジェームス・ディゲール
won 20 (KO 14) + lost 1 (KO 0) + drawn 0
スーパーミドル

ジョージ・グローブスに負けたのが意外なほど
村田級のトップアマチュアだ。
[youtube]http://youtu.be/8_DfzvIMHM4[/youtube]

エレイダー・アルバレス
won 16 (KO 9) + lost 0 (KO 0)
ライトヘビー

ロシアが怖いがコロンビアの有望株
来年挑戦できるかな?
[youtube]http://youtu.be/DaKeHFJ15zo[/youtube]

デオンテイ・ワイルダー
won 32 (KO 32) + lost 0 (KO 0)
ヘビー

いよいよスティバーンに挑戦
この試合で色々とわかるだろう。
4ラウンド以上やったことがないのだから。

アマキャリアは少なくKO率も低かったが
クリチコ級のスーパーヘビーなパンチャーであることは間違いない。
この人が無理ならクリチコは永遠に倒せない。
[youtube]http://youtu.be/Mqt6tW2a2Kc[/youtube]

カリド・ヤファイ
won 13 (KO 9) + lost 0 (KO 0)
バンタム

完成された技巧派
山中よりバランスはいいがパワーはさほどでも・・・
イエメンには素材がいるな。
[youtube]http://youtu.be/mMh0cB0Mp54[/youtube]

ドディ・ボーイ・ペニャロサJr.
won 13 (KO 12) + lost 0 (KO 0)
スーパーバンタム

ジェリー・ペニャロサの甥っ子
まだ大きな試合をしてないが血が怖い
プロアマ無敗
ドネアの次を狙える俊才
すごい買ってるけど階級がな。

どっちかというとソンソナに似てるかな。

[youtube]http://youtu.be/DZjq5VLyfIk[/youtube]

続く

4件のコメント

  • 桐島条助

    カリド・ヤファイってなかなか怖そうですね。
    確かにイエメン系には能力高い選手が多い気がします。

  • プクー

    なかなか楽しみなほーホープがいますが軽量級は日本やアジア、メキシコがめぐまれ恵まれててなかなかチャンスがないですね。

    後半取り上げますがイエメン系のキッドギャラードというのも大変なホープでイギリスの本命かもしれません。

    フランプトンやクイッグが逃げるならリコンドーとやってやる、最強はリコンドーなのだからなんて陣営は言ってました。

  • ハビラン

    ドディーボーイJrはサラブレッドですね。
    叔父が有名ですが親父さんも良かった。
    でも今ならJ・シルベニアの方が強そう。

    ブログ見易くなりましたね。

  • プクー

    ハビランさん

    逆に見にくくなったかと。

    ドディボーイは動画みるまでノーチェックでしたが見たら興奮しました。
    素晴らしい素材だと。

    ただ10台からプロなのに試合枯れてます。何かあったのか?

    順調なキャリアではシルバニアに劣りますが才能は上だとおもいます。