スポンサーリンク



プロスペクト

2015 プロスペクト 前半

投稿日:

これが一番気になるので年明けにいろいろ見てみよう。
話題のホープたちの今年を追ってみた。

2015 プロスペクト 前半


ジェシー・マグダレノ
won 19 (KO 15) + lost 0 (KO 0)
スーパーバンタム

階級的に厳しいが、挑戦資格十分のホープ。
日本人は恵まれているよ。

ゲイリー・ラッセルJr.
won 25 (KO 14) + lost 1 (KO 0)
ファザー

再起はフルマーク判定
大物相手でもKOする気概が欲しい。
タッチゲームだとロマチェンコに劣るのだから。

ミカエル・ズースキ
won 26 (KO 20) + lost 0 (KO 0)
ウェルター

カナダの強打者
チャンスは訪れるか?

ジャーマル・チャーロ
won 25 (KO 11) + lost 0 (KO 0)
スーパーウェルター

チャーリーに勝った人
アンドラーデには危険なのにファイトマネー安すぎると断られた。
KOタイプではないのかな?

ジェームス・ディゲール
won 20 (KO 14) + lost 1 (KO 0) + drawn 0
スーパーミドル

ジョージ・グローブスに負けたのが意外なほど
村田級のトップアマチュアだ。

エレイダー・アルバレス
won 16 (KO 9) + lost 0 (KO 0)
ライトヘビー

ロシアが怖いがコロンビアの有望株
来年挑戦できるかな?

デオンテイ・ワイルダー
won 32 (KO 32) + lost 0 (KO 0)
ヘビー

いよいよスティバーンに挑戦
この試合で色々とわかるだろう。
4ラウンド以上やったことがないのだから。

アマキャリアは少なくKO率も低かったが
クリチコ級のスーパーヘビーなパンチャーであることは間違いない。
この人が無理ならクリチコは永遠に倒せない。

カリド・ヤファイ
won 13 (KO 9) + lost 0 (KO 0)
バンタム

完成された技巧派
山中よりバランスはいいがパワーはさほどでも・・・
イエメンには素材がいるな。

ドディ・ボーイ・ペニャロサJr.
won 13 (KO 12) + lost 0 (KO 0)
スーパーバンタム

ジェリー・ペニャロサの甥っ子
まだ大きな試合をしてないが血が怖い
プロアマ無敗
ドネアの次を狙える俊才
すごい買ってるけど階級がな。

どっちかというとソンソナに似てるかな。

続く

-プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.