不完全ガイド:イギリス

スポンサーリンク


活況な情勢通り、層が厚いボクシング大国。BOXRECではEnglandじゃなくやっぱりUnited Kingdomである。
王国なのだな。でも個人的にはアイリッシュボクサーの方が好み。
日本と縁の遠い国であり、対戦を妄想することしか叶わない。

Callum Smith
カラム・スミス
22勝17KO
スーパーミドル級

テゲールとジャックの統一戦をみて、スミスなら獲れるのではと感じた。
やや地味なSミドルのスター選手になれるかもしれないスミス兄弟の切り札。
大柄だが懐に入っての左アッパー、ボディが上手い。

Josh Warrington
ジョシュ・ウォーリントン
24勝5KO
フェザー級

天笠が奮闘した相手。
基礎がしっかりして安定感があるが天笠の方がパワーはあったな。

Jack Catterall
ジャック・カテラル
17勝9KO
スーパーライト級

柔軟で攻防融合したハイセンスなサウスポー。
有望株だが階級的にギリギリか。

Ohara Davies
オハラ・デービス
14勝11KO
スーパーライト級

手足が長くビュンビュンパンチを振るう野生型
身体能力頼りで大味な気がする

Liam Walsh
リアム・ウォルシュ
21勝14KO
スーパーフェザー級

ホセ・ペドラサにも似たスイッチヒッターの天才型。
十分王者になれそうな能力だがロマチェンコとボンタは厳しいか。
最上位の注目ランカーだろう。

Robbie Davies Jnr
ロビー・デイビス・ジュニア
15勝11KO
スーパーライト級

こちらもスイッチヒッターの天才型。
親父が元オリンピアンなんだそう。
近距離の連打型で才能はあるがパワーが足りない気も。

Ryan Burnett
ライアン・バーネット
15勝9KO
バンタム級

トップアマ出身の軽量級。
ライトフライでユースとかで活躍してきたらしいが
バンタムでも肉付きがよくパワーもある。子供っぽい風貌だけど。
要チェックランカー

Andrew Selby
アンドリュー・セルビー
7勝5KO
フライ級

王者最右翼のトップホープ
アマチュア実績も輝かしい。
ロンドンではロベイシ・ラミレスに11-16だもんな仕方ない。
次に比嘉とやったディアレとやるので注目。

強い王者になっちゃうのか、ゾウ・シミンのような非力なテクニシャンで終わるのか。

Jamie Cox
ジェイミー・コックス
21勝12KO
スーパーミドル級

スーパーミドルなのに軽量級並に速いサウスポー
これも有力だなぁ。
もうちょっと階級落としてもいい気もするが。

Tamuka Mucha
タムカ・ムチャ
16勝4KO
ウェルター級

ジンバブエの選手。
アフリカンにしては脇を絞ってきれいなパンチを出し基本に忠実。
アフリカンにしては今のところパワーレス。

Kid Galahad
キッド・ギャラード
21勝12KO
フェザー級

いつ挑戦してもおかしくないだろうトップランカー。
ハメドっぽさを期待するがこの人はカタール出身。
ややアマっぽさも感じ、パンチは重そうじゃないが身のこなしは達者。
前戦ではジョセフ・アクベコに勝っている。

Gamal Yafai
ガマル・ヤファイ
10勝4KO
スーパーバンタム級

カリ・ヤファイと関係があるのかな?中東ルーツの選手だろう。
スタイルも似ている。
トップアマのキャリアがあり上位必須だが、抜けたものはないかな。

Jamie Conlan
ジェイミー・コンラン
18勝11KO
スーパーフライ級

彼も無敗ホープだが弟のマイケル・コンランの方が注目だろう。
デビューが決まっている。
英国を出ないのかなぁ。まぁまぁの実力者だとはおもうが
過去こんなきつい試合も経験している。

Josh Taylor
ジョシュ・テイラー
8勝7KO
ウェルター級

ロンドン五輪代表。リオで金をとったロブソン・コンセイションやジェフ・ホーンに勝っている。
7戦目まで全KOだったがファイターじゃない。テクニシャンだ。
トップランカーの名に恥じない。ベルトを巻けるかは別だが。

Anthony Cacace
アンソニー・カーケース
15勝7KO
スーパーフェザー級

178センチと大柄だけど線の細さは感じない。
しかもスイッチする。
まだ対戦者の質が低いけどなかなかだな。

Tom Farrell
トム・ファレル
11勝3KO
スーパーライト級

スイッチ野郎が実に多い。
基本に忠実だがこの階級ではパワーレス

Craig Kennedy
クライグ・ケネディ
16勝8KO
クルーザー級

191センチある黒人選手。
速さがあるとおもうがテクもパワーもイマイチか。

Reece Cartwright
リース・カートライト
15勝8KO
ミドル級

ミドル級で191センチ
こちらは線の細さが目立つローカルボクサー

Marcus Morrison
マーカス・モリソン
14勝10KO
ミドル級

またもや自然にスイッチする選手。
バランスがいいが秀でたものは今のところ感じない。

James Metcalf
ジェームス・メトカフ
14勝6KO
スーパーウェルター級

上手くはないがプロっぽい根性ファイトをする。

Lewis Ritson
ルイス・リトソン
12勝6KO
ライト級

まだローカルボクサーっぽいがタトゥー多めで身体が強そう。
ケンカが強いタイプか。

Joe Pigford
ジョー・ピッグフォード
12勝11KO
スーパーウェルター級

オーソドックスだが自信に満ちた自由なファイトをする。
危ない被弾もあるが、堂々としていてスケール感はある。

Reece Bellotti
リース・ベローティ
8勝7KO
フェザー級

アグレッシブなファイターボクサー
まだ青いがボディ打ちが上手い。

階級まんべんなく非常に選手層が厚く、日本より有望だ。
全勝でもKO率が低かったり印象の薄い選手は端折ったがまだまだいる。
中量級が特に熱いか。

軽量級にもトップアマ上りの天才っぽいのがいるが日本人と絡まぬので妄想のみ。
一応、注目は以下の選手だ。

カラム・スミス
ジャック・カテラル
ライアン・バーネット
アンドリュー・セルビー
ジェイミー・コックス
ジョシュ・テイラー
アンソニー・カーケース

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

3件のコメント

  • チャンコウイチ

    いつも貴重な動画ありがとうございます。いや〜スミス凄いですね。綺麗で強いボディが、やる相手ヤる相手皆んな同じような倒し方、下を気にしてると上!上を気にしてると下!中にはもう亀になるしかない選手もいましたね。観ている方からするとこんなに簡単に倒れるんだって位強いですね。これを見ると村田も今のままで良いような気がして来ました。

  • KK

    Kid Galahad
    一気にファンになりました。。。

  • チャンコウイチさん

    スミス兄弟は皆強いけど
    イマイチ結果出てないですが
    一番重くてハンサムなカラムさんに期待しましょう。

    KKさん

    記事に誤りがあり、アクベコに勝ってるとありましたが
    やる予定だったがキャンセルとありました。
    たしかに書いてあったんだけどなぁ。

    カタールなんてミステリアスですね。
    ボクシングはエリートそのものですが。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)