不完全ガイド:ベネズエラ

スポンサーリンク


コロンビアに続いて。
ロシア②やアメリカは調子のいい時にやります。

現状の頂点はホルヘ・リナレスでしたが、個人的にはイスマエル・バロッソさんの方が好みです。コロンビアと同じで昔の勢いは感じないけれど、素材はたくさんいるでしょう。まだまだいるのですが、キャリア浅く写真もないので割愛させていただきました。

Juan Ruiz
ファン・ルイズ
18勝11KO
ウェルター級

ベネズエラでは試合もままならないのか、メキシコで活動している。そういう選手が多い。堅実だが世界レベルとはいえない。リーチが193センチもある。次が無敗米国人なので重要。

Ernesto Espana
エルネスト・エスペナ
21勝16KO1分
スーパーライト級

本名はJose Graffeといいい昔の同姓同名の世界チャンピオンとは無関係だそうです。

唯一引き分けた試合。サウスポーの方。ローカル臭が漂う。

Roger Gutierrez
ロジャー・グティエレス
15勝12KO1分
スーパーフェザー級

まだ大物との試合はない。素人撮影のものしかなかったがなかなか筋のいい選手だった。
けれど今の王者とは比較にならない。

Lorenzo Parra II
ロレンゾ・パーラ2
14勝11KO
バンタム級

なんだ?II って?息子かな。22歳だから違うとおもうけど。
僕らが知ってるパーラは今38歳だ。
過去の王者の名を借りる習性でもあるのかな?

やはりII の情報はわかりませんでした。

Keiver Fernandez
ケイバー・フェルナンデス
11勝5KO1分
フライ級

0勝や1勝の相手にしか勝ってません。
映像はなし

Maikol Beaumont
マイコル・ビューモント
12勝7KO1分
スーパーバンタム級

この選手もケイバー・フェルナンデスと似たようなキャリアで映像なし

Cristian Baez
クリスチャン・バエズ
13勝13KO
ライト級

パーフェクトレコードだが、相手レベルはひどい。
せめて映像があれば、バレロの再来かどうか確認できるんだけど。
スパーリング映像がありましたが、どっちがバエズかわからず、どっちも怪物ではありませんでした。

Jhony Moreno
ジョニー・モレノ
11勝10KO
スーパーバンタム級

176センチ、リーチ182センチとある。
やはり相手レベルはひどい。
田口とやったカルロス・カニサレスもそうだった。
ベネズエラにはこういう文化があるのかな。

黒人系ではなくリナレス系。練習動画しかなかった。
まだこれからっぽい。

Roiman Villa
ロイマン・ビラ
11勝11KO
スーパーライト級

またパーフェクトレコードの持ち主。
対戦者レベルはひどい。

検索してもリゾートホテルのビラしか出てこない。

Leonardo Padilla
レオナルド・パディーリャ
14勝11KO
スーパーフェザー級

ベネズエラの選手は調べられないです。
動画がないです。
カニサレスと同じキャリアの積み方です。
ほぼ0勝選手とやって13戦目くらいからやっと中堅とやるみたいな感じです。
この人はアマチュアホープだったみたいです。

Frank Rojas
フランク・ロハス
20勝19KO
スーパーウェルター級

戦績はすごくいいけどほぼ0勝選手相手に築いた記録。

映像ありました。このウィリアム・コントレラスという選手とは3か月で連戦してますが
1勝2敗、次が1勝4敗です。意味がわからん。

以上、ほぼ調べられませんでした。こんな事になるとは。
強いていえばロジャー・グティエレスかな。
リナレスのように国を出ないとノーチャンスですね。

気になったのはボクシングよりも名前の方で
ロレンゾ・パーラ2って何者でしょうね。
パーラの息子だとしたら16歳での子供になるわけだ。うーん・・・

国内だと0勝、1勝くらいの素人みたいなボクサーと戦ってキャリアを築く伝統があるみたいですが
それでもKO率が高いのでこの中から未来のバレロが出てくるのかもしれません。

でも、厳しそうに感じました。

7件のコメント

  • しん

    wikipediaのロレンソ・パーラの記事にはいとこと記載されてますが、本当なのかどうかは怪しい…顔は確かに似たところがあるのですが>ロレンソ・パーラ2

    ベネズエラは中南米でも特筆すべきレベルで治安と政治情勢と経済状態の悪いところなので、まず国を出るチャンスがほぼなさそうなのが辛いところですね

  • ボクシング

    ただの要望なのですが、サンタクルス・フランプトン2の管理人さんの感想?をお聞きしたいです。時間があるときでも記事にしていただけたら幸いです。

  • マイティ

    畑山にベルトを献上したヒルベルト・セラノが印象深いです、ベネズエラ。

    幼い頃の小児麻痺が原因で右胸に筋肉が付かない障害を負いながらも、左を主力に強打の坂本博之を粉砕した試合は鮮烈でした。

    攻め込まれながらも左アッパー一発でタフな坂本の動きが止まりました。

  • ボクシングさん

    すみません、しっかりとは見てないんです。
    1戦目を見て再戦しても同じような試合になると感じまして。
    2戦ともサンタクルスの勝ちにみえました。

    サンタクルスはガムシャラファイターのようでいて
    戦術の幅はあるんで。

    でもこの階級の一番はゲイリー・ラッセルだとおもってます。
    試合枯れすぎですが。

    マイティさん

    セラノの事情には胸打つものがありますが、日本人向けの王者で終わってしまったかな。
    多団体の方がハイレベルだったとおもっています。

  • マイティ

    CがメイウェザーでFがディエゴ・コラレスの頃だったような気がします、ハイレベルにも程がある(笑

  • マイティさん

    SfeかLか忘れましたがOはフレイタスでした。
    そこをスルー気味でセラノだ坂本だ畑山だと言われても
    個人的にはのれませんでした。

    今より本場と無縁でしたので仕方ないですが。

  • 杉川

    バロッソは押し気味に進めてたクローラ戦の敗戦でキャリアがストップしちゃいましたからね。あそこで勝っておけばまた違ったのでしょうけど……

    カニサレスは田口戦見る限り強いというより、なんか切っ掛けあれば化けそうな感じでしたが、現状だとローカルどまりですね。しかしBocRecでむしろ身長が5センチ増えててビックリした記憶がw

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)