アンケート 階級別 バンタム レジェンド

バンタム級最終章/井上尚弥VSノニト・ドネア2

投稿日:

初戦はお互い紳士的すぎ、友好的すぎた感があるが、今回ドネアは強気、本音発言で、両者握手もなし?これくらいでいいだろう。ドネアは不気味だが、今現在、強い者が勝つのみ。

831
井上尚弥VSノニト・ドネア2

5月28日
ガーボンタ・デービスvsロランド・ロメロ

6月4日
スティーブン・フルトンvsダニエル・ローマン

6月4日
ジョージ・カンボソスvsデヴィン・ヘイニー

6月4日
尾川堅一vsジョー・コルディナ

6月7日
井上尚弥vsノニト・ドネア

6月10日
京口紘人vsエステバン・ベルムデス

6月11日
ハイメ・ムンギアvsジミー・ケリー

6月18日
ジャーモール・チャーロvsマチェック・スレッキ

6月18日
アルツール・ベテルビエフvsジョー・スミス

6月25日
ジェシー・ロドリゲスvsシーサケット・ソー・ルンビサイ

7月9日
マーク・マグサヨvsレイ・バルガス

色々な意見があるが、結果8-2か7-3で井上というオッズでしょうし、私も井上尚弥の勝利を信じております。カネロが負けてP4Pの話題も盛んですが、試合内容の圧倒感、美しさ、突出感では井上がナンバーワンだ。井上に足りないのは試合数と対戦相手の質。

クロフォードだってキャリアと評価はすごいが、相手に恵まれず、出来る試合をこなしていっただけともいえる。スペンスやエニスとやってみなけりゃわからない。

ならば、今出来ることは、レジェンドのドネアとの再戦よりも、Sバンタムで無敗の王者らと交わること。そこが井上尚弥のプロとしての第2章になる。

ドネア2は第1章の締めくくりだ。

日本好き、日本にファンも多いドネアは早くも来日してきた。Sフライでロマゴンやエストラーダとの試合も望んでいたドネアが、一番危険で負けたら引退のリスクもある井上戦を優先したのは、縁とタイミングもあるが、これが大いなる挑戦、頂、ここをクリアすれば、次の野望も叶うからだろう。Sフライ挑戦は井上戦ほど厳しくはないはずだ。

そして、初戦を踏まえて自信もあるのだろう。

初戦は、2回のドネアの左フックによる井上の目の負傷が苦戦の原因とされているが、あれはアクシデントやラッキーパンチではなく有効打だ。9回あたりにもドネアの右で井上がクリンチにいくシーンがあった。

つまり、ドネアには井上のパワーやスピードやスキルに対しても対処できるだけの能力があるということ。そこがその他の相手と全く違う。

ドネア
「今までのキャリアで1番大きな試合になるのは間違いない。年齢、キャリアを積んできたが、ボクシングへの情熱、技術は向上していると感じている。今回は前回と違い、井上は全く別人のドネアと戦うことになるだろう。キーとなるパンチは右でも、左でも、どんな展開でもパンチを打ち込めると思っている。今回は前回とは違った戦い方をする。井上も変わっているかもしれないが、同じドネアがくると思ったら間違いだ。」

偉大なキャリアがあり、発言通りの結果を出してきたドネアの言葉は重い。

最近のファイトスタイル、バンタム級での戦い方からして、ドネアはフィジカルやパワーを優位性に、相手をゴリゴリと削るファイトをしてくるとおもわれる。プレッシャーをかけつつ、相手が放つパンチに合わせて必殺の左フック、右ショートストレート、左ボディやアッパーを急所に打ち込んでいく。

ベテランらしいというか、ボクシングの奥義、省エネにして一番確実で強いファイトスタイルに集約されてきた気がする。

対する井上尚弥は恐らく今がピークであり、個々のスキルにさらに磨きがかかり、最高の準備とコンディションで臨めば死角はないという状態でこの試合に臨むとおもわれる。

相手に対し、特別な戦術やプランを持って臨むのはドネアの方だろう。

スピードも手数もポイントメイクも、井上尚弥の方が優れている。

懸念は、ドネアのプレッシャーに押し込まれないこと、常に相打ち、カウンターを狙うドネアのフェイントに引っかからないこと、そしてやはり、初戦でも炸裂したボディ、どうしたってベテランのドネアはこれに耐えられないだろうから、ボディを常に必殺として用意することだろう。

相手を瞬殺、華麗に倒してきた井上だが、顔面を守るのが精いっぱいな上に悶絶のボディでトドメを刺してくるから手に負えない。

そうした場面を何度もみてきた。

ドネアの最近の充実ぶりは恐ろしいほどだが、やはり、ここで苦戦、熱戦を演じるよりは、圧倒的、無傷で勝利して次の章に向かって欲しい。

アフマダリエフやフルトンがドネアより強いとはおもわないが、若く無敗、今が旬の統一王者に勝っていくことでP4Pナンバーワンにも説得力が増す。

ドネアに深い敬意を表すが、長丁場ではなく、中盤くらいまでに、井上尚弥の圧勝劇で終わって欲しいと願う次第だ。

以下過去記事

井上尚弥VSノニト・ドネア1を一度しか見ていない。
あまり出来がいい内容とはおもえなかったから。

出来が良すぎたが、2回によもやの負傷をし危うい試合内容になってしまったといえるのかもしれない。井上尚弥が流したり、凌いでいる試合は内容がよくない。観たくない。

しかし、ドネアが物足りないのではなく、あれから井上尚弥よりもはるかに厳しい相手に対し鬼人のごとき強さをみせている。井上尚弥にはすぐにでもSバンタム級に進出して欲しいのだが、Sバンタムの誰よりも今のドネアは強いとおもっている。

圧力と必要最低限のブロッキング、カバーリングで相手に迫り、抜群の左カウンターを合わせていく。対峙しただけで相手を呑み込んでいるかのようなドネアのリングカットは昔天才、今は匠の領域で無駄なく恐ろしい。さらに左カウンター、右ショートストレートのタイミングが鮮やかすぎる。

昔のドネアはSバンタムに上げたあたりから、パワー任せの大振りが目立っていたが、最近のドネアはそんな無駄打ちはしない。プレッシャーをかけつつ全部がカウンターとなり実に巧妙だ。

対する井上尚弥も、歴史に名を遺す現役のレジェンドで、初戦も苦労はしたが完勝といっていい。この男のスケールからしたらドネアがいくら強くとも、はっきりと倒して勝たねばならないだろう。

懸念は、ここ2戦、井上が格下の相手をしてきたのに対し、ドネアは極上の相手により盤石な強さを発揮しているところだろう。年齢を重ねても、試合をするたびにバンタムにフィットし強さを盤石のものにしている。

観てわかるスピードだけは若い井上の方が速いので、ドネアは圧力と出すパンチのほぼすべてが相打ち気味のカウンターとなるだろう。

井上尚弥VSノニト・ドネア2にあまり乗れないのはやはり井上尚弥の永遠のライバルが40歳のドネアでは虚しすぎるからだ。ドネアは西岡や長谷川、山中時代のレジェンドであり、井上尚弥には年相応のライバルが欲しい。

スティーブン・フルトン
ムロジョン・アフマダリエフ
ブランドン・フィゲロア
ライーゼ・アリーム
レオ・サンタクルス
リー・ウッド
マーク・マグサヨ
ジョシュ・ウォーリントン
エマニュエル・ナバレッテ

フェザー級王者を含めても、ドネアや井上尚弥の方が強いだろう。
それでも、井上の時代に相応しいライバルがいて、そんな彼らと戦わねばならない。
それが大橋会長のタスクだ。
全員に勝てるよ。今なら。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-アンケート, 階級別, バンタム, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.