階級別 スーパーライト ウェルター レジェンド

スローバック/The Great(偉大な)デボン・アレクサンダーとケビン・カンニガム

投稿日:

56

ある時期、メイウェザー自身がアレキサンダーを自身の後継者に指名した。メイウェザーは、デボンの世界が崩壊するまで対決の可能性すら示唆した。
ここにも、一寸先は闇のボクシング、人生のドラマがあった。

ケビン・カンニガム
「私はドラッグが人間にどう作用するのか見てきた。だから決して手を出さなかったんだ。」

カンニガムの唯一の中毒はボクシングだ。52歳のトレーナーの楽しみは教え子を叱咤激励した後、口にマウスピースを押し込むことだ。しかしボクシングがドラッグの入り口になることもある。

2012年1月、カンニガムはマルコス・マイダナ戦に備えてデボン・アレクサンダーをトレーニングしていた。アレクサンダーはスパーリング中のバッティングで鼻を負傷した。鼻の腫れは試合を延期するほどのものではなく、アレクサンダーはマイダナをこれまでの誰よりも明確に大差判定で破った。しかし鼻の腫れは益々悪化した。医者はアレクサンダーの鼻に血栓を発見し、除去手術が行われた。

カンニガム
「これで治ったとおもったけど、デボンがジムに戻ると反射神経が落ちていた。ひどいものだった。何かがおかしいとおもったが、デボンは全然OKだ、問題ないと言い続けた。」

納得のいかないカンニガムはアレクサンダーの顧問であるアル・ヘイモンに相談した。彼らはデボンをクリーブランド・クリニックに連れていき、その後メイヨークリニックで心臓の検査もしたが異常はみつからなかった。

アレクサンダーの異常(病気)はリングで現れた。2013年、彼はショーン・ポーターにベルトを奪われた。アミール・カーンにも負けた。そして50-1というオッズのアンダードッグ、アーロン・マルティネスに敗れた時カンニガムは悟った。

カンニガム
「何があったのか、俺に正直に話すまで2度と組まないとデボンに言ったんだ。」

続きはこちら

スローバック/The Great(偉大な)デボン・アレクサンダーとケビン・カンニガム | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
スローバック/The Great(偉大な)デボン・アレクサンダーとケビン・カンニガム | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

ある時期、メイウェザー自身がアレキサンダーを自身の後継者に指名した。メイウェザーは、デボンの世界が崩壊するまで対決の可能性すら示唆した。 ここにも、一寸先は闇のボクシング、人生のドラマがあった。 ケビ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーライト, ウェルター, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.