階級別 ウェルター スーパーウェルター

いつか最後の花火/テレンス・クロフォードVSケル・ブルック

投稿日:

13

ボクシングから群衆は除けるし、非感染者同士なら問題ないが、かなり濃密、濃厚な身体接触競技だから、こりゃちょっとの延期で済む話ではないのではないか、このブログも終わりかと恐れている昨今、仕事も趣味も崩壊ですが皆さまは?

ケル・ブルックは英国のライバルと言われるアミール・カーンが2019年4月にテレンス・クロフォードのWBOタイトルマッチで敗れた試合をみて、カーンが「逃げ道を探していた」と考えている。

カーンは6ラウンドにローブローを受け、レフリーに試合続行不可能を告げTKO負けをした。惨めな敗北を喫したカーンは英国で期待されていたケル・ブルックとの対戦機会も逃す形となった。ブルックはずっとカーンと戦うつもりでいた。

今、ブルックはクロフォードと戦うことが有力視されている。コロナウィルスによる試合中止が解除されればの話だが、ブルックはクロフォードと全力で戦うことを誓った。

ブルック
「私は絶対に勝つつもりだ。全てを与えて望む。(カーンのように)逃げ道を探し求めたりはしない。」

ブルックは先月、シェフィールドでマーク・デルーカを倒し、14か月のブランクから復帰した。

現在ブルックには複数の選択肢がある。そのひとつが、デルーカ戦でリングサイドにいた元WBO王者のリアム・スミスとのスーパーウェルター級タイトルマッチだ。しかしブルック自身は、パウンドフォーパウンドの一人と言われるクロフォードとの対戦を望んでいる。

ブルック
「俺はこの階級で最高のファイターと戦ってきた。今、誰もがテレンス・クロフォードがパウンドフォーパウンドナンバーワンだと言っている。俺は引退する前に世界最高のファイターと戦いたいんだ。試合が実現しそうだ、俺はいつでもサインする。ドリームマッチだよ。」

どうやらボブ・アラムの態度からしてテレンス・クロフォードの次戦はケル・ブルックが最有力のようだ。スペンスと出来ない、ロシアの怖い奴とやらないのであれば賛成だ。ブルックVSリアム・スミスは観たくない。

個人的にもアミール・カーンは「こりゃ歯が立たねぇ、痛いよ、降りる」そんな姿にみえたクロフォード戦。

今思えば、ケル・ブルックはエロール・スペンスよりも明確にショーン・ポーターを下しているし、ウェルター級では申し分のない実力者だ。ゲナディ・ゴロフキンとの無謀なミドル級の試合で眼を痛め、王者最有力候補のエロール・スペンス戦でまた目を傷め、長期離脱を余儀なくされた。

もうブルックは引退だ、終わった選手だと囁かれていたが、再起後の

セルゲイ・ラブチェンコ
マイケル・ゼラファ
マーク・デルーカ

との3試合は、試合間隔が空き過ぎだが決して悪いものではなかった。ブルックはやはり別格に強い、カッコいい。

クロフォードは前記事の言葉を借りれば、「スローバック」できる類まれなファイターだ。昔のレジェンドを彷彿とさせる?のではなく、攻守の切り替えが抜群に上手い超一流という意味かな。無駄に力んでおらず、相手の力量を図って徐々に解体していく高度なストラテジスト(戦略家)だ。

それでも、今対戦可能な相手として、ケル・ブルック(39勝27KO2敗)に不足はない。
私はブルックの正統派にしてアスレチックなファイトが好みだ。

集大成をみせてくれ。

階級はどうなるのかな?

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター, スーパーウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.