階級別 バンタム スーパーバンタム プロスペクト

ウズベキスタンのロマチェンコ、リゴンドーそして井上尚弥のライバル/シャホビディン・ゾイロフ

投稿日:

19

ムロジョン・アフマダリエフは8戦目で2冠統一王者となり、イスマエル・マドリモフは5戦しかしていないのに世界戦が近そうだ。ショージャホン・エルガシェフ、シャフラム・ギヤソフ、未来のボクシングはウズベキスタンから目が離せない。

この男も彼ら以上の逸材だ。

彼はすでに歴史的な2つ目のオリンピック金メダルを目指しているが、シャホビディン・ゾイロフは東京での栄光に満足していない。

ウズベキスタンのボクシングヒーローは、MTKグローバルと契約し、3度プロの試合で圧巻の勝利を収めたが、2016年のリオ五輪での金メダル、2019年の世界選手権での金メダルに加えて、再びの頂点を目指してアマのリングに戻ってくるつもりだ。

「Shakho」ゾイロフはオリンピックでの英雄的な活躍を再現し、まばゆいばかりのトロフィーを棚に追加することを熱望しているが、偉大なモハメド・アリを見習うという長期的な野望も持っている。

ゾイロフ
「モハメド・アリは良いテクニックを持っていた。彼はフットワークがよく、常にリングを自分のものにしていた。彼の試合を見るのが好きだ。手や足を同じように鍛えていた。私は彼のスタイルを参考にしてトレーニングするのが好きだ。

彼のようになりたいし、彼のようなボクシングをするのはいいことだ。私よりも優れたファイターはいるかもしれないけど、みんながアリを覚えているように自分も人々に記憶されたいと思っています。

私は16年前にボクシングを始めました。7、8歳の時で、初めて参加した大会で優勝しました。その優勝が自信を与えてくれたので、このスポーツに専念することにしました。オリンピックに参加することは、すべてのアスリートの夢であり、2016年にリオに行くことができて嬉しかったです。金メダルを獲得することで夢が叶いました。今の私の目標は、2度目のオリンピックに出場し、もちろん優勝することです。

金メダルをとっても、私は立ち止まらずにトレーニングを続けました。2019年の世界選手権でも金メダルを獲得しアマチュアの世界王者になりました。その後、プロボクシングでも3戦全勝しました。

プロとアマチュアの違いは、アマチュアの方が技術力とスピードが要求されるので、クリーンヒットの難易度が高いということです。今の私のモチベーションは、ウズベキスタン初の2度のオリンピック金メダリストになることです。」

ゾイロフは2018年6月に、同胞であり親友でもあるハルシド・トジバエフとMTKグローバルとの契約を結んだ。

東京オリンピック・遠い道のり

17何も話題がないので、ただなんとなく・・・ 東京オリンピックは延期になりましたが、日本開催だけにボクシング代表もロンドンを上回る成果を出すべく色めきたっていました。実際、選手層も厚く金メダルも夢じゃ ...

アジア選手権には、ウズベキスタンやカザフスタンら、中央アジアが入ってくるから難易度が高い。ボクシング王国キューバを凌駕しそうなアマチュア大国だ。最近では中国やインド、フィリピンの台頭も著しい。もうゾウ・シミンの時代ではない。(彼は中国では大金持ちの成功者だが)

その中でもとっておきが、シャホビディン・ゾイロフだろう。
田中亮明や、アジア選手権優勝者も、かつてゾイロフには敗れている。
WSBではロベイシ・ラミレスらにも勝っている。

そして彼はプロではバンタム級~スーパーバンタム級で、年齢は井上尚弥と同じ27歳。

恐らく現在のギジェルモ・リゴンドーはもはやゾイロフだろう。
再び東京五輪での金メダルを目指していくようだが、オリンピックは開催含めて不透明だ。
アフマダリエフのような最短路線で世界に絡んでくるかもしれない。

シャホビディン・ゾイロフ

井上尚弥のライバルになりえる男だ。

すごいボコボコだけど、相手がタフなのか、パワーがないのか。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, スーパーバンタム, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.