階級別 スーパーフライ バンタム WBSS プロスペクト

井上尚弥 WBSSの旅

投稿日:

19

シーズン3はおろか、シーズン2のクルーザー級決勝戦もまだ終えていないWBSSですが、こんな時世だからこんな動画が公開されました。やはり本家が作ると荘厳になる。

WBSSまで、日本を中心に対戦者探しに苦労してきた井上尚弥だが、世界では誰それ?という存在だったとおもいます。日本人ファンの我々でさえ、Lフライ級からスーパーフライ級に上げて、いきなりレジェンドクラスのオマル・ナルバエスを漫画のごとく圧倒した試合、デカくて自信満々なジェイミー・マクドネルを瞬殺した試合は出来過ぎのようにみえました。

アントニオ・ニエベス戦で井上尚弥の底なしの魅力は大抵世界に伝わったとはおもうが、毎回、毎回、空いた口が塞がらないようなパフォーマンスをみせる男、ここまですごい選手は個人的に今は井上とロマチェンコだけです。

そしてWBSSへの参戦、優勝でそのスーパーマンのごときパフォーマンスが世界に知れ渡り、現在の評価に落ち着きました。キャリア、実績ではカネロがP4Pかもしれないが、パフォーマンスやクオリティでは井上尚弥がナンバーワンでもよくね?というのが本音です。あとはキャリアと対戦者の質だけかな。カネロはなんだかんだ50戦以上の歴史があるからね。

WBSSでも、漫画の如きスーパーマンの強さ、神のごとき試合を連発しました。だからこそ、私は個人的に決勝のノニト・ドネア戦をあまり繰り返し見たくない。ライブでみたきり見返していません。

2ラウンドの目の怪我がなければもっと圧倒していた、KOで終わったような気がしますが、あれはアクシデントではなく必然であり、井上尚弥の試合は時として怪我や不測の事態が起こることでドキドキハラハラさせられます。

果たして井上尚弥という逸材は、全盛期のドネア以上なのだろうか?
歴代では、ジェフ・チャンドラーとミゲル・ロラが私のお気に入りのバンタム級ですが、もう実績では超えたかもしれないが、実力や才能はどうなのか、未だ疑問は残ります。

だからこそ、この自粛がいつまで続くのか、井上尚弥の27歳は試合もなく過ぎてしまうのか、とても悔しいです。

さて、日本は未だ厳しい規制化にありますが、アメリカは無観客でも試合を再開させる見通し。コロナの被害の少なかったオーストラリアのモロニー兄弟は、アメリカ渡航を許可されたようで、来月には試合の見通しだそうだ。

以下は、どっかで読んだ記事の記憶です。

ジェイソン・モロニー
「トレーニングを怠ることなく続けてきた。まずは予定されたジョシュア・グリー戦だ。奴を研究してきたしぶっ倒すのを楽しみにしている。そして次はWBO王者のジョン・リエル・カシメロを倒し、井上尚弥だ。」

こんな感じのコメントでした。

井上尚弥VSジョン・リエル・カシメロと同日開催予定だった次期挑戦者決定戦のジェイソン・モロニーVSジョシュア・グリーだけ行われるということだろうか?そして次にカシメロということは、井上VSカシメロの実現は厳しいという意味だろうか?

あくまでモロニーサイドの話なので、都合のいい解釈に過ぎないだろうけど、日本の現状では静観するしかないだろう。カシメロを日本に呼んできてでも実現して欲しいな、カシメロもそれを望んでいるだろう。

ジェイソン君、エマニュエル・ロドリゲスとどっこいの意地をみせたし倒される気配もなかった。アンドリュー君の標的はカリ・ヤファイからロマゴンに変わったけど、あの日のヤファイならアンドリュー君も勝てた気がする。

ジェイソン・モロニー
アンドリュー・モロニー

彼らの執念、決意は強く、オーストラリアでの期待値は既に世界王者級。
彼ら双子もなかなか侮れません。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, バンタム, WBSS, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.