階級別 ウェルター ミドル レジェンド

一杯のコーヒー/シュガー・レイ・ロビンソン

投稿日:

62

ロビンソンに関しては、1000杯のコーヒーでも足りないほどのエピソードがありそうだから、これはほんの一口。

シュガー・レイ・ロビンソン(Sugar Ray Robinson、1921年5月3日 - 1989年4月12日)は、アメリカ合衆国の男性プロボクサー。本名はウォーカー・スミス・ジュニア(Walker Smith Jr.)。ミシガン州デトロイト出身。元世界ミドル級および世界ウェルター級チャンピオン。

シュガー・レイ・ロビンソンはボックスもファイトもでき、激しく重いパンチを繰り出すこともそれに耐えるタフネスもあった。ダンスもスラッグも何でもできた。しかし唯一、ボクシングを辞めることだけが出来なかった。

彼のファンなら知っているだろうが、ロビンソンが25年のプロキャリアでストップされたのは一度だけだ。夏のニューヨークの炎天下の試合で、ジョーイ・マキシムのライトヘビー級に挑戦した試合、40度近い会場内の熱気にやられて過度の脱水となり、13回終了後のインターバル中に無念の途中棄権をしたのが唯一のTKO負けだ。ポイントは3-0でシュガー・レイがリードしていた。

173ポンドで計量(当日)した王者マキシムに対して、現役ミドル級王者シュガー・レイは157ポンド1/2。16ポンド近い体重差を押しての挑戦は、あと1歩で実らなかった。しかし、このように不屈の闘志で戦い続けるというロビンソンの素晴らしい素質が、晩年の彼を苦しめることになる。

あまりにも長い間、ボクシングという職業を続けてきた偉大なファイターはロビンソンだけではない。それでも、彼のウェルター級とミドル級の偉大な記録を考慮すれば、いかに過酷な戦いを強いてきたかがわかる。

他の多くのファイターのようにロビンソンはお金の問題を抱えていた。最高のパウンドフォーパウンドファイターとして得た膨大な現金は、手からこぼれる砂のようにふるい落ち、財産を残すことができなかった。

ロビンソン
「ボクシングには興味がない。ファイトが好きじゃない。」

何度もこう発言していたロビンソンはしかし何年も何年も戦い続け、高齢で衰えた身に過酷すぎるスケジュールを強いていた。

続きはこちら

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター, ミドル, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.