階級別 スーパーフライ バンタム スーパーバンタム

時の運/井上尚弥VSエマニュエル・ナバレッテとジョシュア・フランコ他

投稿日:

15

WBSSでブレイクした井上だが、ここ数年試合があまりにも少ないのは残念だ。弟の拓真も超少ない。準決勝で井上に負けたエマニュエル・ロドリゲスに至っては復帰戦すら出来ていない。こんな未来は想像できなかった。

日本のセンセーション、井上尚弥は将来的にWBOスーパーバンタム級王者、エマニュエル・ナバレッテとの対戦に興味があるが、戦いが実現するかどうかは疑わしい。両者はトップランクがプロモートしている。

現在、井上はバンタム級でWBA、IBFの2冠王者であり、コロナウィルスで延期されたWBO王者のジョン・リエル・カシメロとの統一戦の再スケジュールを控えている。

ナバレッテは現在、WBOスーパーバンタム級の王者だが、この階級での日々は終わりを告げようとしている。

先週土曜日に行われた試合ではナバレッテはフェザー級でリングに上がり、忙しい試合にあっさり勝利した。その余波で、ナバレッテはもうスーパーバンタム級に落とさないのではないかという憶測が飛び交った。

井上は元々ライトフライ級で世界王者となり、3階級制覇してきた。さらなる階級アップの前にバンタム級でやり残した仕事がある。スーパーバンタム級への転向にも野心をみせているがナバレッテがその階級に留まることに疑問を持っている。

井上
「面白い試合になるのは間違いない。興味があります。けれど、ナバレッテとは戦う運命を感じない。彼はそんなに長くスーパーバンタム級にとどまっているとはおもえないから。」

既に既知のニュースでしたが改めて。

先週土曜の試合でナバレッテはフェザー級でも予想通りノックアウト勝利をしたが、キレやスピードがなく、勝っても苦しそうな姿をみせていた。スタミナが十分ではなかったようだ。チューンナップであり、本気モードのコンディションはこんなものではないだろうが、フィジカルアドバンテージが減るフェザー級では強みが封印される可能性もある。

ナバレッテは強いが、ゲイリー・ラッセルのようなスピードスターには分が悪そうだ。

井上尚弥は9月か10月、ラスベガスでジョン・リエル・カシメロと今は信じて待つしかない。ギジェルモ・リゴンドーはPBCだから、可能性は極めて低い。

WBSSでブレイクした井上だが、ここ数年試合があまりにも少ないのは残念だ。弟の拓真も超少ない。準決勝で井上に負けたエマニュエル・ロドリゲスに至っては復帰戦すら出来ていない。こんな未来は想像できなかった。

なので今は、目前の試合

アンドリュー・モロニーVSジョシュア・フランコ

に関心を移そう。

ジェイソンじゃないよ、アンドリューだよ、バンタムじゃないよ、スーパーフライ級だよ。

相手のジョシュア・フランコはなかなかの強豪だ。
アメリカのトップアマだが、リオ五輪銅メダリストのニコ・エルナンデスに阻まれた。プロではオスカー・ネグレテと3度やっても決着がつかないレベル。

オスカー・ネグレテは元々ジェイソン・モロニーの相手候補だった。スーパーバンタム級のレイ・バルガスにも野蛮に対抗した。

ニコ・エルナンデスは五輪で銅メダルをとったが、ライトフライ級ではプロでチャンスがないのか、MMAに行くとか迷走している。京口や寺地より格上だとおもうけど、マイケル・カルバハルにはなかなかなれないのだ。

ジョシュア・フランコは先日のマイク・プラニア的に期待できる、不気味な相手といえる。この試合の出来如何で、アンドリュー・モロニーというWBAレギュラー王者の真価がわかる。

果たして井岡や田中のライバルなのかどうか。

あ、彼らは直接戦うんだっけな、勿体ない。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, バンタム, スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.