階級別 スーパーフライ プロスペクト

汝自身を知れ/アンドリュー・モロニーVSジョシュア・フランコ

投稿日:

9

これもLIVE観戦できませんでしたが、なんや、モロニー完敗やんけ。

オフィシャルスコアは競っており、11ラウンドのダウンが決め手のようだが、某サイトによると大差。
個人的にも中盤から後半はフランコがほぼ凌駕している。

技術的には拮抗、シーソーゲームだが、フランコの方がフィジカルが強く一歩も引かない。そんなフランコの体力にモロニーは屈した。アップセットではなく実力差、地力差だろう。

ジョシュア・フランコは特別なファイターではないとおもうが、レイ・バルガスと判定まで粘ったオスカー・ネグレテと3戦して1勝2分とタフで気持ちの強い選手だった。簡単に寝る選手ではない。それを倒す、あるいは大差で退けるのは難しいだろうという予感があった。

アマでは格上だったニコ・エルナンデスや、互角のネグレテも複雑な気持ちだろう。

軽量級にはチャンスに恵まれないだけの実力者、プロになれないトップアマはたくさんいる。

モロニーは、日本人の井岡や田中にも通じる、繊細でテクニカルなキレイなファイターだが、パワーや爆発力、迫力がなかった。フライ級の世界王者の方がパワフルなのではないか。

先日のジョシュア・グリアVSマイク・プラニアに続く番狂わせの結果となった。双子の兄、ジェイソン・モロニーは相手が変わり、さすがにアップセットは続かないとおもうが、苦戦はするだろうな。予定通りオスカー・ネグレテだったらなぁ。

己を過信するなかれ、ランキングや評価などあてにならない。
これが本場のボクシングだ。

まさに、ポスター通り

THIS IS BOXING

第二王座だが、WBAスーパーフライ級王者(スーパーはロマゴン)は誰も認識する前に陥落、ジョシュア・フランコという新王者誕生となった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.