階級別 フェザー プロスペクト

瞬く間のリスタート/ロベイシ・ラミレスVSアダン・ゴンザレス 2

投稿日:

74

ロンドン、リオ、連続金メダル、その他国際大会も金ばかりのキューバのロベイシ・ラミレスが、わずか1月弱のスパンで試合をし、デビュー戦で負けたアダン・ゴンザレスにリベンジを果たしたそうです。

復活の明日/シャクール・スティーブンソン、ロベイシ・ラミレス

76リオ五輪決勝の2人。金メダルと銀メダル、揃ってコロナ自粛から最初の復帰戦を飾っております。 ロベイシ・ラミレスはロンドン五輪でも金メダルをとっていますが、プロではデビュー戦で負け、両者の立場は逆転 ...

Robeisy Ramírez - Wikipedia
Robeisy Ramírez - Wikipedia

続きを見る

本当に金ばかりなのだ。
だが、プロデビュー戦でコケタのだった。

ロンドン五輪初戦は日本の須佐勝明(日本)19–7に勝利

デビュー戦は金髪だった。
4回戦の初回に不覚のダウン、4回戦でダウンを食うと逆転はなかなか厳しい。
再戦は6回戦でしたが、フルマーク判定で終わったようです。

日本でも有名なイスマエル・サラスに師事し、プロ仕様にモデルチェンジ、意識改革も進んでいるようですが、やはりアマチュア型の抜群に反応のいいタッチアンドラン型であり、驚異のフィジカルとかではない印象だ。

アダン・ゴンザレスとしても、じっくりボクシングをすると、ラミレスに2手くらい遅れてしまう。

ラミレス
「初戦の最大のミスは初回のダウンです。あれでゲームプランを捨てることになりました。今夜はやりたいようにできました。これが初戦との違いです。今夜のパフォーマンスには満足しているが、ビッグショットが足りなかった。不足していたのはノックアウトすることだけでした。」

ラミレスの1敗という記録は消えないが、ほぼ無敗の最大のプロスペクトとしてのリスタートは整ったといえるだろう。

無傷の圧勝、特別な選手ではありますが、6月9日に試合して、今日も試合

本場はうらやましいなぁ。

あれ、これは今日の試合かな、

メインはホセ・ペドラサとミッケル・レスピエレだそうです。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フェザー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.