階級別 スーパーライト ウェルター プロスペクト

何かを持っている男/シャフラム・ギヤソフ

投稿日:

71

バーナード・ホプキンスはかつてこう言った。
「リング上で戦う相手の中で 最も難しいのは、何かを持っている相手だ」

ウズベキスタン出身のシャフラム・ギヤソフが アメリカに到着した時、彼はウエルター級のファイターたちにメッセージを残した。

ギヤソフ
「私はアメリカに到着し、ウズベキスタンの次の偉大なチャンピオンとしての地位を確立するつもりです。ウエルター級を制覇し、パウンド・フォー・パウンドのチャンピオンになることが目標だ。目標を高く設定したのは、自分と周りのチームを信じているからだ。一緒にトップを目指す。」

この発言は、「ロッキーIV 」のイヴァン・ドラゴを彷彿とさせるものだった。しかし映画と違ってこれはハリウッド制作の娯楽ではない。

7月7日に27歳になったギヤソフは、ドイツ・ハンブルクで開催された2017年世界アマチュア選手権で152ポンド級の金メダルを獲得し、同大会の最優秀ボクサーにも選ばれた。そのわずか数カ月後にプロ転向を発表した。また、2016年リオデジャネイロ五輪では銀メダルを獲得している。

ギヤソフは無敗(9勝0敗、7回のノックアウト)であるだけでなく、ほとんどラウンドを落とさない。彼に対して最も成功を収めたのは、元ジュニアウエルター級コンテンダーのエマニュエル・テイラーで、ギヤソフは10ラウンド判定勝利した。

ポイント的には圧勝だったが、苦戦、引き分けとみる識者もいた。
それはギヤソフ最高のパフォーマンスではなかった。

昨年8月、ギヤソフは、元ジュニア・ウェルター級タイトルのモーリス・フッカーやオリンピック金メダリストから転向したルーク・キャンベルと戦ってきた元ライト級コンテンダーのダーレイ・ペレスに、これまでで最も厳しいファイトを課した。扇情的なリードの左フックでギヤソフはわずか41秒で ペレスをノックアウトした。

これは何かの兆しだろうか?

ギヤソフ
「間違いなく」

バーナード・ホプキンスはかつてこう言った。
「リング上で戦う相手の中で 最も難しいのは、何かを持っている相手だ」

ギヤソフは貧困から逃れるために 栄光を追い求めてボクシングを選んだ

ギヤソフ
「私たちには諦めがない。私たちは寂れた村や家族から来た貧しい子供たちです。何も持っていなかったが、今は何かのために戦っている。栄光のために戦っている。そして最も重要なのは、家族のために戦っているということだ。それが私たちの本質なのです。」

ウズベクの逆襲と呼んでもいいかもしれない。

ギヤソフの仲間、ウズベキスタンのファイターの中には、無敗の統一ジュニアフェザー級タイトルホルダーと 2016年オリンピック銅メダリスト、ムロジョン・アフマダリエフ(8-0、6 KOs) や2016年の五輪にトルコ代表として出場したジュニアウェルター級コンテンダーのバティル・アクメドフ(7勝1敗、6KO)、ジュニアミドル級のイスラエル・マドリモフ(5勝0敗、5KO)、スーパーミドル級のベクテミル "ザ・ビーリー "メリクジエフ(5勝0敗、4KO)らがいる。

ギヤソフ
「ウズベキスタンのファイターのレベルの高さを物語っている。我々は非常に競争力のあるチームであり、今後のボクシング界を牽引していくだろう。これからが本番だ。」

8月15日、ギヤソフはオクラホマ州タルサでフランシスコ・ロホと10回戦で対戦する予定だ。メキシコ出身のロホ(22勝3敗15KO)(29歳)は、これまでのキャリアで一度もKOされたことがない。

ギヤソフ
「ロホは真の戦士だ。キャリアの中で一度も倒されたことがないし、前に出てくる強いファイターだ。私が知る必要があるのはそれだけだ。非常にタフな戦いの準備をしている。彼の試合をいくつか見たが、ライアン・マーティンとの試合が一番印象に残っている。ロホは非常に強くタフな相手だ。彼は決して諦めないし、私は尊敬している。」

ロンドン、リオ、その後の世界選手権で、シャフラム・ギヤソフは躍動した。アマチュアのP4Pと呼ばれた時期もあった。

プロでも圧倒的な雑魚狩り、パフォーマンスでここまできたが、エマニュエル・テイラーに大苦戦した。雑魚に圧勝、骨のある相手に苦戦、この程度かとおもったら次のダーレイ・ペレスは速攻KO、ペレスは暫定王者まで上り詰めた男だ。

ここには書かれていないが、ショージャホン・エルガシェフもどこまで強いか計り知れない。ギヤソフとメダルを分けた、ダニヤル・イエレウシノフ(カザフスタン)にしても同じだ。

アマチュアの試合をみると、それはもう猛烈に忙しく、素早く手を出し合い、反射神経と当て勘の鬼のようなファイトだったが、それでテレンス・クロフォードやエロール・スペンスより上のレベルに君臨してきた男たちだ。

だから、クロフォードだスペンスだという前に、こういう「ロッキーIV 」のイヴァン・ドラゴのような存在と戦わねば、P4Pなど語れない。

アレクサンダー・ベスプーチンやラジャブ・ブタエフも恐ろしいレベルを披露したが、ロシア同士の潰しあいになってしまった。

アマとプロは違う、逆転しているかもしれないが、妄想だけでは終われない。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーライト, ウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.