階級別 スーパーバンタム フェザー プロスペクト

シナリオA/エマニュエル・ナバレッテVSジェシー・マグダレノ

投稿日:

73

そして、井上尚弥の標的は、エマニュエル・ナバレッテからマイケル・コンランへと変わった。

明日への一歩/エマニュエル・ナバレッテVSジェシー・マグダレノ

15エマニュエル・ナバレッテ、たくさん書いてきたけど結局こうなるよね。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

WBOは最新のランキングを発表し、今週後半に空位のフェザー級タイトルのために、エマニュエル・ナバレッテとジェシー・マグダレノの戦いを正式に発表する予定だと、会長のフランシスコ "パコ"・ヴァルカルセルが述べた。

ヴァルカルセルは、1位のナバレッテ(31勝1敗、27KO)と2位のマグダレノ(28勝1敗、18KO)がフェザー級王座を目指して互いに戦う権利を持っていると語った。

ヴァルカルセル
「ナバレッテやマグダレノが何らかの理由で欠場した場合は、3位のルーベン・ヴィラにジャンプすることになる。ナバレッテとマグダレノは共に最上位にランクしているから、彼らの所属先であるトップランクと連絡を取る。その上で戦いを命じる」

バルカルセルは、メキシコ在住のナバレッテがパンデミック中に米国入りできるかどうかが最大の関心事だと語った。

ヴァルカルセル
「3位のルーベン・ヴィラが利用できることは知っている。すでにバナープロモーションズのアーティ・ペルロには話した。今週中には必ず発表する。トップランクは今、ラスベガスでのコロナの渦中で忙しい。今は邪魔はしたくない。」

マグダレノのマネージャー、フランク・エスピノザはこの試合に大いに興味を持っていると述べた。

エスピノザ
「それは我々が望んでいる戦いだ。素晴らしい戦いになるだろう。コロナの渦中での戦いになるかどうかは興味深いところだが、9月、10月になっても遅くない時期に試合が行われることを望んでいる。簡単な戦いにはならないだろうが、我々は本当にやる気がある。俺の男は勝つことができる。」

ヴィラ(18-0, 5 KOs)は、以前はWBOによって2位にランクされていたが、新しいランキングでは、理由もなくランキングを下げられた。マグダレノは元WBOのタイトリストであり、前回のランキング更新後に戦ったWBOトップ10候補の中で唯一のファイターだ。今回の一連の出来事は、マグダレノとナバレッテ、両トップランク同士の対決の可能性に道を開いた。

もう一つの興味深い展開としては、元No.1コンテンダーであるマイケル・コンランがWBOのフェザー級から完全に外されたことだ。コンランは現在、スーパーバンタム級で3位につけている。

この動きは、コンランが体重を落とし、スーパーバンタム級で勝負できるか検討した後、フェザー級で再びキャンペーンを行うプランを示唆している。そしておそらくコンランはナバレッテと戦うことに不安があったことも示唆している。

ナバレッテとマグダレノは、元スーパーバンタム級の世界チャンピオンだ。

彼らは今月初めシャクール・スティーブンソンによって空位になったベルトのために争うことになる。スティーブンソンは昨年、ジョエト・ゴンザレスに対して空位のタイトルを獲得したが、フェリックス・カラバロを破った後、スーパーフェザー級への転向を発表した。

ナバレッテはスーパーバンタム級では減量に苦しみながら、2018年にアイザック・ドッグボウからベルトを奪取して以来、5回の防衛に成功しWBO王座を返上した。このベルトはもともとマグダレノが保持していたもので、2016年にノニト・ドネアを破って獲得した。しかし、2018年に彼のキャリア上の唯一の敗北で、アイザック・ドッグボウにベルトを奪われた。

ナバレッテとマグダレノはどちらもパンデミックの間に無観客試合を行った。ナバレッテは6月にウリエル・ロペスをストップし、マグダレノはヤニフィル・ビセンテに失格勝ちした。

やはり予定通りの

エマニュエル・ナバレッテVSジェシー・マグダレノ

プロモートの弱いルーベン・ヴィラは3位に下げられ、補欠候補に回らされた。
1位のコンランはちゃっかり階級を落とした。

ナバレッテと今戦うのは怖い、傷つくわけにはいかない、という本音だろう。マニアであれば予想通りの展開だ。

ジェシー・マグダレノもまた、素晴らしい軽量級なので、コンディションさえよければ、大きくて荒々しいエマニュエル・ナバレッテの真価、底が図れる相手といえそうだが、プロモートの恩恵と言えなくもない。WBOも団体都合、ビジネスを優先させた形だ。

そして、井上尚弥の標的は、エマニュエル・ナバレッテからマイケル・コンランへと変わった。

絶大なるファンベースを持つ、トップアマ出身のアイリッシュアイドル、けれどそんなにパワー、怖さはない。それでも井上尚弥よりはずっと体格はいいけどね。

コンランはとりあえず、空位のWBO Sバンタム級、ステフォン・フルトンVSアンジェロ・レオの王座決定戦の挑戦に回る。こっちの方が戴冠の確率は高い。

人気がイマイチな実力者ナバレッテ
実力に疑問符がつくが、人気者のコンラン

Sバンタムの顔が入れ替わり。
いかにもおあつらえ向きだ。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム, フェザー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.