階級別 ミニマム ライトフライ レジェンド

サンディニスタの猛牛/El Bufalo(バッファロー)ロセンド・アルバレス

投稿日:

59

全階級、歴史上屈指の芸術的ボクサー、リカルド・ロペスのすぐそこ、表裏には、もう一人の偉大なミニマムがいた。

ニカラグアのボクサーパンチャー、ロセンド・アルバレスは、1990年代後半と2000年代初頭に2階級で世界タイトルを獲得し、国の人々を感動させた。

アルバレスは1970年5月6日、ニカラグアの首都マナグアのシウダード・サンディーノで生まれた。7人の末っ子で、戦争で荒廃した国での幼少期、困難な日々を送っていた。9歳の時、ニカラグア革命で父と兄が殺された。幼い子供は母親と一緒に牧草地の死体を見に行き、悲しみの衝撃に打ちのめされた。

アルバレス
「生活は苦しく、父と兄の暖かさのない人生はとても悲しいものでした。母は再婚することなく、私に最高のものを与えることに専念してくれた。私は彼女をヒーローだと思っている。」

困難な人生のスタートは、アルバレスのタフネスを形成するのに役立った。

アルバレス
「自分自身を守ることを学んだ。父や兄がいなかったので、大きな子供たちの絶え間ない虐待から自分を守るために大変でしたが、それが私に鋼の気性と戦士の心を与えてくれました。何も、誰も恐れることはありませんでした。喧嘩が絶えませんでした。不正は大嫌いです。」

16歳の時、アルバレスは2年間の兵役に就き、当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガンが資金提供したサンディニスタ政府と反革命派の紛争に参加した。

その間にボクシングをはじめアマチュアとして頭角を現した。中米大会で金メダルを獲得し、3度の国内タイトルを獲得。75勝12敗という記録を残した後、1992年12月にプロに転向した。

ベネズエラでホセ・ボニージャと対戦する前に、最初の12戦で勝利した。"エル・バッファロー "は11戦目で未来のフライ級タイトルホルダーを印象的に止めた。さらに6勝を挙げた後、アルバレスはタイのサカオ(バンコクから200キロ東の小さな町)に渡り、1995年12月、長年王座に君臨していたチャナ・ポー・パオインと対戦、苦しい戦いの末、スプリットディシジョンでWBAストロー級王座に就いた。

続きはこちら

サンディニスタの猛牛/El Bufalo(バッファロー)ロセンド・アルバレス | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
サンディニスタの猛牛/El Bufalo(バッファロー)ロセンド・アルバレス | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

シェアしてくださるとうれしい 全階級、歴史上屈指の芸術的ボクサー、リカルド・ロペスのすぐそこ、表裏には、もう一人の偉大なミニマムがいた。 ニカラグアのボクサーパンチャー、ロセンド・アルバレスは、199 ...

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミニマム, ライトフライ, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.