階級別 ウェルター プロスペクト

ウェルター級の高み/ミカエル・ゼウスキーVSエギディウス・カバリャウスカス

更新日:

10

カネロやメイウェザーのように、数百万ドルの試合をするようなキャリアになりたいと思っていた。そうはならなかったが、私の目標は億万長者になることではなく、世界チャンピオンになることだった。

ウェルター級のミカエル・ゼウスキーとエギディウス・カバリャウスカスは土曜日、ラスベガスのMGMグランド内のザ・バブルでESPN+(午後9時、東部標準時/6時、PT)で両選手のキャリアの次のステージを形成するための岐路に立った対決をする。

カナダのケベック州出身のゼウスキーは、"ミーン・マシン "との対戦で、このビッグチャンスを最大限に生かしたいと意気込んでいる。

ゼウスキー
「このような試合をずっと待っていた。ゼウスキー(34勝1敗、23KO)大きな意味があるし、興奮しているし、ずっと求めていたんだ。トップランクとイヴォン・ミッシェルには、誰が相手でも断ることはなかった。私はただビッグファイトを望んでいただけで、これがそうなんだ。チャンピオンシップファイトではないが、短期間でチャンピオン戦をもたらす可能性のあるファイトであることは間違いない。カバリャウスカスはクロフォードに敗れたばかりだが、とても強かった。彼を倒せばクロフォードにも誰にも失礼にならないと思う。」

31歳のボクサー パンチャーは、カバリャウスカスがタフなファイトをもたらすことを高く評価している。ゼウスキーは、第3ラウンドでクロフォードが片膝をついたがカウントを受けなかったことについて、

ゼウスキー
「カバリャウスカスはは非常に良い右を持っている。カウンターパンチャーで、自分のペースを作って時間をかける。パンチを投げても、すぐに4、5発のパンチを返してくる。常にシャープでなければならない。」

しかし、ゼウスキーは相手の試合にはいくつかの穴があり、それを利用することに自信を持っている。

ゼウスキー
「精神的には、レイ・ロビンソンとのドローからの復帰戦、そしてクロフォードに敗れたことだと思う。間違いなく自分のキャリアが崖っぷちに立たされていると感じている。私に負けると復活するのは難しいだろう。引退を意味するかもしれない。彼のメンタリティは脆いものだし、私はそれを利用したい。」

カバリャウスカスは身体的には筋肉質で屈強だが、ゼウスキーはリトアニア人が自分の思い通りにならないと指摘している。

ゼウスキー
「私も体格がいいんだ。私は5フィート11′で、普段170、172で歩き回っている。彼は大きな強者だから、パワーを感じると思うけど、僕をもて余す気がしてならない。彼を動かして、押し返そうとすることができると感じている。最初の数ラウンドでどうなるか見てみよう。立ち上がりは足が速くないことがある。それを利用して仕事をする 。私の強みはスピードだ。」

ゼウスキーはまた、カバリャウスカスに自分を疑わせるためにも、早いスタートが有益だと考えている。

ゼウスキー
「早いスタートはそうだが、1、2ラウンド目のようなものではない。グローブにパンチを当てて、彼のパワーを感じたいから、彼の強打には驚かないよ。反応の良いタイミングを持っているので、これらのショットの一つにも捕まりたくない。彼にはパワーがあるが、私にもパワーがある。」

ゼウスキーはアマチュア時代に活躍し、2009年の世界選手権に母国の代表として出場した後、トップランクでプロに転向した。2015年5月にコンスタンチン・ポノマレフに敗れたときには崖っぷちに立たされた。チャンスを得るためにポジションを取り戻すのにはかなりの時間がかかった。

ゼウスキー
「(ポノマレフ戦で)失速してしまい、スタミナが切れて全く戦えなかった。自分ではなかったので、負けてしまった。すべてが地に落ちてしまって、再構築しなければならなかった。ケベックに戻ってきてから、私に本気で挑戦してくる相手がいたと感じている。彼らは決して名のある相手ではなかったが、私が記録を更新していた頃に比べれば、本気で勝ちに来てくれた相手でした。多くのことを経験した。前回の試合(アレハンドロ・ダビラ戦)では3ラウンド目に手の骨を折ってしまい、10ラウンドにダウンされてしまいました。2、3戦前の試合では1ラウンド目に鼻を折られた。この試合で何が起きようと、私はそれを処理することができると思います。」

ゼウスキーが目標を達成するには勝利が不可欠だ。

ゼウスキー
「今のチャンピオンの正当な挑戦者と見なされるためには、彼を倒さなければならない。大きな勝利があれば、それだけの評価が得られるだろう。金や名声のことではない。もちろん、私は何百万ドルも稼ぎたいし、ファンの前で戦いたいと思っているが、子供の頃の目標は常に世界チャンピオンになることでした。カネロやメイウェザーのように、数百万ドルの試合をするようなキャリアになりたいと思っていた。そうはならなかったが、私の目標は億万長者になることではなく、世界チャンピオンになることだった。

チャンピオンならば誰とでも戦うが、クロフォードがNo.1の相手だと思う。自分ができることをみんなに証明したいし、自分自身にも証明したい。自分の人生をこのスポーツに捧げた後、自分の情熱を、このような優れたアスリートに対抗できることを証明したい。」

カバリャウスカスもまた、目立ったアマチュアのキャリアを楽しんだ。
2008年と2012年のオリンピックで戦い、2011年の世界選手権では銅メダルを獲得した。2013年にプロに転向したリトアニア人は、デビッド・アヴァネシャン(TKO 6)、フアン・カルロス・アブレウ(UD 10)、ロベルト・アリアサ(KO 3)に勝利している。カバリャウスカスの戦績は21勝1敗1分(17KO)。

果てなく続くストーリー/世界ボクシング不完全ガイド ウェルター級

世界の片隅で世界の中心(ウェルター級)を叫ぶ。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

ここで書いたか、書き損ねたか、ミカエル・ゼウスキーはカナダのホープでプロ10年、もう35戦している。(34勝1敗、23KO)それでも一度も世界戦はおろか、エリミネーターにも出ていない。それだけウェルター級の頂は険しい。

アメリカの黒人が席巻するウェルター級戦線で、昨日、キューバの苦労人、ヨルデニス・ウガスがようやく王者になった。(WBAレギュラー、スーパーにはマニー・パッキャオ)ショーン・ポーターに勝ちかけていたが、それでも本当の王座は防衛を経てからだろう。次はラジャブ・ブタエフが控える。これまた険しい相手だが、ここしかスポットがなさそうだ。

エギディウス・カバリャウスカスは念願の世界挑戦が叶い、P4Pのクロフォードから幻のダウンを奪ったが、総合力で及ばなかった。

初めてのチャンスを目指すゼウスキーや再起を図るカバリャウスカスにとっても、最初で最後の険しいサバイバル戦となるだろう。

カバリャウスカスを支持するけれども・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.