階級別 アンケート バンタム WBSS プロスペクト

10.31 シン・シティ(欲望都市)/井上尚弥VSジェイソン・モロニー

投稿日:

16

10月はロマチェンコVSロペスはじめ、2020年最高の月となる。
コロナでなければ、無観客でなければ・・・

あの熱狂は再び取り戻せるだろうか。

1423
井上尚弥VSジェイソン・モロニー

井上尚弥VSジェイソン・モロニー 勝つのはどっちだ?

ハロウィンよりも、モンスターがシン・シティ(欲望都市)を席巻する可能性が高い。

井上尚弥はついにトップランクのファイターとして待望のデビューを果たし、キャリア初のラスベガスで戦うことになる。試合は、統一バンタム級王座防衛戦として、オーストラリアのジェイソン・モロニーが相手となる。10月31日にESPN+でMGMグランド・カンファレンス・センター("ザ・バブル")から生中継される予定だ。

井上(19勝16KO)にとって不測の事態で、横浜出身のパウンド・フォー・パウンドの才能で3階級王者でもある彼は、フィリピンのジョン・リエル・カシメロと3つ目のベルト統一戦で対戦することを予定していた。4月25日にラスベガスのマンダレイベイで行われる予定だったが、現在進行中のコロナウイルスの流行のために中止となった。

昨年11月に埼玉で行われたファイト・オブ・ザ・イヤーの激闘でノニト・ドネアに12ラウンドで勝利して以来、井上は棚に上げたままになっている。この快挙により、井上はバンタム級のベルトを2本獲得し、トップランクとの共同プロモーション契約に至った。

カシメロとの試合は消えたが、代わりにカシメロは9月26日のショータイム・ペイパー・ビューのイベントでデューク・マイカを相手に防衛戦をすることになる。

井上が1年のブランクを余儀なくされている間に、他のバンタム級ランカーたちが出番を熱望してきた。

モロニーはワールド・ボクシング・スーパーシリーズ・バンタム級トーナメントにも出場しており、2018年10月の準々決勝でプエルトリコのエマニュエル・ロドリゲスにスプリット判定で敗れている。ロドリゲスは準決勝で井上と対戦し、2ラウンドに3度のノックダウンを奪われ敗退した。

一方、オーストラリアのモロニー(21勝1敗、18KO)はトップランカーとして再浮上。キングスクリフ出身の29歳のモロニーは4連勝中で、双子の弟アンドリューは元スーパーフライ級王者だ。2人はこの6月にラスベガスでデビューを果たしており、どちらも今回のタイトル戦が行われる会場で戦った。

アンドリュー・モロニーは6月23日にサンアントニオのジョシュア・フランコに12ラウンドの判定負けを喫し、キャリア初の敗北を喫してラスベガスを後にした。その2日後の夜、ジェイソン・モロニーはメキシコのレオナルド・バエズを7ラウンドで一方的に止め、アメリカでの初勝利を収めた。その夜以来、次の試合は世界タイトル戦にしたいという思いが強かった陣営は、カシメロや井上陣営と交渉を続けていた。

ジェイソン・モロニー
「井上とカシメロ、どちらと戦うかなんてどうでもよかった。でも、正直に言うと、井上と戦えるなんて夢のようだ。」

ようやく正式決定となった。
井上の敵はコンディションだけだろう。

10月になれば私の冷めきったボルテージも上がるだろうか。
その前に今月、様々な世界戦の中でも特に、ジョン・リエル・カシメロとルイス・ネリーには注目せねばならない。

この感覚にはデジャブがあり、昨年も、ドネアとの決勝を前に

ルイス・ネリーVSエマニュエル・ロドリゲス
ゾラニ・テテVSジョン・リエル・カシメロ

に胸をときめかせていたが、ネリーがあっけなく裏切った。
今回ばかりはSバンタム級、体重超過はないだろう、ドラッグまでは想定できない。

そしてジョン・リエル・カシメロ

井上との対戦は未来の巨額ファイトに残しておこう、PBCとの契約、あるいはルイス・ネリー、こっちも同時に追いかけようという算段だとおもうし、調査済みなのだろうが、デューク・マイカは未知数なところがある。

24勝19KO

ロンドン五輪ガーナ代表で1回戦を勝ち抜いた彼は、同じくロンドン五輪で初戦に清水に敗れたアイザック・ドッグボウと記録では変わらないか上をいく。動画を見る限り、ドッグボウほどの脅威は感じないが、下地のしっかりしたアフリカンは色々と未知数だ。

カシメロには実績と勢いがあるが、スタイルが雑なので判定で危ういところがある。
勝って当然といえぬ相手だろう。(それでも充実のカシメロ勝利を支持するが)

ジェイソン・モロニー

優等生タイプにしてボックスもファイトもできる万能型、何より意思、気持ちが強い。これがボクシング人生究極のステージになる。的確な戦略も練ってくるだろう。WBSSでは一番の無名出場だったが、ロドリゲスにあの内容は単なる負けと片付けられるものではない。この困難な時期に4連勝4KOも記録している。井上と戦う舞台でも勝利している。

両者を知る男に日本の河野公平がいる。

井上には6ラウンドでストップ負け
モロニーにも6ラウンドに負傷ストップ負け

きっと河野はこう言うだろう。

「井上君の方がケタ違いに強い」

だからこそ、勝敗は蓋を開けてみないとわからないということにしておこう。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, アンケート, バンタム, WBSS, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.