階級別 アンケート バンタム スーパーバンタム スーパーウェルター ミドル プロスペクト

6連続ダークナイト/ルイス・ネリーVSアーロン・アラメダ

投稿日:

20

ここに、エマニュエル・ロドリゲスがいないのがつくづく寂しいが、残酷な現実と向き合おう。

アンケートをそれぞれ作るのが面倒なので、一つにしちゃいました。何度でも投票できるので、おもったように投票してください。グラフをみれば意図は伝わるだろう。

313
ルイス・ネリーVSアーロン・アラメダ他

誰がアップセットを起こすのか?(あくまで勝敗予想です)

無敗のアーロン・アラメダは、トレーニングキャンプの近況を報告し、前王者ルイス・ネリーとのWBCスーパー・バンタム級世界王座戦に向けて、9月26日(土)にプレミア・ボクシング・チャンピオンズが主催するSHOWTIME PPVのダブルヘッダーの第2部で、キャリアを決定づけるような勝利を目指していることを明かした。

アラメダ
「このような大舞台に立つのは初めてなので、9月26日は全力で臨みたいと思います。ファンのために素晴らしいショーをする準備ができている。ルイス・ネリーを倒した後、誰もが私の名前を知ることになるだろう。」

アラメダとネリーはもともと、パンデミックのためにイベントが延期される前に、3月にSHOWTIMEでバンタム級の試合を行う予定だった。レイ・バルガスが負傷によりWBCスーパー・バンタム級王座を返上せざるを得なくなったため、空位のベルトを賭けて戦う機会が与えられた。

アラメダ
「タイトル戦になったことで、さらにやる気が出てきた。一生懸命トレーニングしているし、勝つ準備はできている。ネリーはバンタム級のビッグ・パンチャーだったけど、上のクラスで、そのパワーを持っていけるかどうか見てみたい。」

アラメダはトレーナーのアーノルド・ブラボーと共に、9月26日の試合に向けてカリフォルニア州ベルガーデンズでトレーニングを行っている。パンデミックの影響で不調はあったが、対戦相手がネリーであることを知っていたため、プロセスはスムーズだった。

アラメダ
「パンデミック中のトレーニングは難しいですが、基本的には1月からこの試合のためにトレーニングをしてきました。3月の日程が中止になったとき、短い期間だけオフを取ったが、その後、いつ試合が決まってもいいようにすぐにトレーニングに戻ってきた。

非常に不確実な時期で、多くのファイターがトレーニングやスパーリングをしていないのは、次の試合のタイミングが分からなかったからだ。しかし、我々はロサンゼルスにいるので、スパーリングをしてくれる地元のファイターがたくさんいます。スパーリングできるファイターを3人見つけることができたし、サウスポーとの対戦に向けて準備を進めていくことができたんだ。」

メキシコのソノラ州ノガレス出身の27歳のアラメダは、他のメキシコ人ファイターとは少し違った道を歩み、10代でプロに転向するのではなく、アマチュアとしてのキャリアを積むことにした。アラメダは、メキシコ代表チームを含む150試合近いアマチュアの試合に出場した後、2014年にプロキャリアをスタートさせたが、最終的にはプロに転向することが、世界最高の相手に自分自身を証明する唯一の方法であるとおもった。

アラメダ
「メキシコ代表チームに所属していることをとても誇りに思っていたし、アマチュアで多くの試合をしてきた。最終的には、アマチュアではチャンスを得られていないと判断した。時期が来るのを待って、プロに転向することを決めたんだ。そこからは時間の問題であり、世界タイトル戦に向けて自分を高めていくだけだ。」

9月26日の試合に出場する他のファイターを含め、誰がWBCタイトルを獲得するにしても、未来の対戦相手になる可能性のある選手が揃っている。アラメダは今はネリーとの対戦に集中しているが、他のトップファイターとの対戦にも対応できるように準備している。

アラメダ
「今は先のことは考えていない。ネリーとこのタイトルを獲得することだけに集中している。でも、自分が一番だということを証明したい。9月26日以降は、目の前に置かれた誰とでも戦うつもりだ。この試合では私が負け犬だと理解しているが、それは私を勝たせたいという気持ちにさせているだけだ。自分が何者かをアピールし、勝ってファンに良いアクションを提供します。」

前代未聞のペイパービュー・ツイン・ビルでは、世界タイトル戦を含む全6試合が同日夜に開催される。SHOWTIME PPVの第1部は、午後7時(東部標準時)から午後4時(太平洋標準時)の特別時間に生中継され、3試合のカードの最初のメインは、無敗のWBC王者ジャモール・チャーロがトップコンテンダーのセルゲイ・デレビヤンチェンコと対戦することになる。

WBAスーパー・バンタム級王者ブランドン・フィゲロアはスーパー・バンタムでダミアン・バスケスとの共同戦で王座を防衛し、WBOバンタム級世界王者ジョン・リエル・カシメロはペイパービューの開幕戦で無敗のデューク・マイカと対戦する。

30分の休憩を挟んで、WBCスーパー・ウェルター級王者ジャーメル・チャーロとIBF・WBA154ポンド王者ジェイソン・ロサリオの歴史的な統一戦を前に、3試合のカード第2戦が開始される。元統一王者のダニー・ローマンは、元王者のフアン・カルロス・パヤノとスーパー・バンタム級で対戦、これがペイパービューの第2戦の幕開けとなる。

井上戦のその前に、マニアにとってもにわかマニアにとっても無視できないのが今月26日(日本時間27日)のスケジュールだ。色々な側面はあれど、井上尚弥にとってのダークナイト、ルイス・ネリーが出場するからだ。日本人にとってのダークナイトともいえる。

30勝24KO

数々の反則行為も構いなく、Sバンタム級タイトルマッチのご褒美を用意された悪童と対戦するのが同国のアーロン・アラメダだ。

不完全ガイド:メキシコ

軽量級を中心に時代を作ってきた主役の国のひとつだが、アマではあまり奮わない。キューバや欧州などのアマが軽量級まで解禁されたなら少し状況は変わるのではないか? メキシカンも正攻法の打ち合いが大好きだが、 ...

この頃からチェックはしていたのだ。写真をみると相手がアンドリュー・セルビーだ。WSBはじめ、アマのトップでは負けが込んでいるが、メキシカンには珍しいテクニシャンタイプのサウスポー。プロでは勝ち続け25勝13KOとしているが、SD等の接戦も多く、ビッグパンチャーというわけではなさそうだ。

なぜ、15位程度だったアラメダが抜擢されたのかは知らないが、Sフライあがりのルイス・ネリーよりは骨格が一回り大きな選手でもあるので、大きなアップセットを演じて欲しいものだ。ネリーのパワーを封印できれば技術的にはやれそうなものは持っている。クリスチャン・ミハレスとビッグ・ダルチニアンのような組み合わせか。

スケジュールの詳細は不明だが、注目の試合だけで計6試合、2部構成で行われるという。

1部

◎ジョン・リエル・カシメロVS○デューク・マイカ(ミカー)
◎ブランドン・フィゲロアVS△ダミアン・バスケス
◎ジャモール・チャーロVS○セルゲイ・デレビヤンチェンコ

2部
〇ダニエル・ローマンVS〇ファン・カルロス・パヤノ
◎ルイス・ネリーVS△アーロン・アラメダ
◎ジャーメル・チャーロVS○ジェイソン・ロサリオ

記号が個人的な予想だが、どれも見逃せない、ヘビーな夜(日本では昼)になりそうだ。井上尚弥と拳を交えた者たちも、そうでない者も、多くがスーパーバンタム級に進出している。いわば、総力戦、バンタム、Sバンタムの生き残りをかけた過酷なサバイバルマッチの様相だ。

ここに、エマニュエル・ロドリゲスがいないのがつくづく寂しいが、残酷な現実と向き合おう。
アップセットはいくつ起きるだろうか。

お見逃しなく・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, アンケート, バンタム, スーパーバンタム, スーパーウェルター, ミドル, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.