階級別 フライ スーパーフライ バンタム フェザー スーパーフェザー ライト スーパーライト ウェルター ミドル ヘビー 不完全ガイド

久しぶりにスケジュールを再開しました。

投稿日:

4

無観客は味気ないが、ボクシングは再開し、好カード目白押しなので、久しぶりにスケジュールを再開しました。
今まではスケジュールも何も、延期、中止ばかりで書けませんでした。

試合スケジュール - ボクシング動画配信局
試合スケジュール - ボクシング動画配信局

開催国での日付になります。日本ですとそのままですが、本場は土曜日の夜(サタデーナイト)に多く試合が組まれます。米国の日本時間ですと翌日日曜日の朝から昼にかけて、欧州圏ですと日曜日の早朝にあたります。ア ...

続きを見る

その中で注目の試合をピックアップ

10/3 ホセ・セペダ vs イバン・バランチェク

今週末のメインがこれ。
バランチェクはゴリマッチョファイターで、フィジカルとパワーが全ての選手。ジョシュ・テイラーには届かなかったが、その強み全開でセペダを攻略できるのだろうか。セペダはスキルで判定狙いか。

10/9 エマヌエル・ナバレテ vs ルーベン・ヴィラ

もうまもなくですね、やはりSバンタム級のナンバーワンはナバレッテだったよなぁというルイス・ネリーのパフォーマンスでしたが、フェザー級も席巻なるか、ヴィラはランク上位の有資格者だが、マイケル・コンランやジェシー・マグダレノが、しれっとナバレテを怖がって逃げたから回ってきたチャンスだ。ヴィラを応援したい。

10/10 セルゲイ・リピネッツ vs クドラティーリョ・アブドカクロフ

ウェルター級のエリミネーターかな。王者はエロール・スペンスで厳しいが、真っ当な上位対決。

10/17 ワシル・ロマチェンコ vs テオフィモ・ロペス

ロペスが父親と一緒になって挑発しすぎ(いいことだが)パパチェンコは何も言わない。
「我が国(ウクライナ=ロシア)では、口は禍の元だ、痛い目にあうだろう。」

ロシア系がこう言うと怖い。

10/23 ファン・フランシスコ・エストラーダ vs カルロス・クアドラス
ローマン・チョコラティート・ゴンザレス vs イスラエル・ゴンザレス
フリオ・セサール・マルティネス vs マキシミリアノ・フローレス

3人出るから直接対決かと色めき立ったが、単なる顔みせチューンナップだった。

少し冷静に考えると、ファン・フランシスコ・エストラーダ vs カルロス・クアドラスの初戦は僅差であり、クアドラスの方が大きくフィジカル優位だった。クアドラスが節制して超良コンディションだったらひょっとする。しかし、薬⇒リハビリから期待するのは無理か。

10/24 ダニエル・デュボア vs ジョー・ジョイス

この両者は既にヘビー級王者になれる力がある。
デュボア支持だが、ジョイスもなかなかいかつい試合をする。勇気がある。

10/30 ハイメ・ムンギア vs トゥレアノ・ジョンソン

ムンギアにとって丁度いい相手を得た。ジョンソンはジェイソン・クイグリーを下し、村田戦の資格もあった。しかしムンギアだろう。

10/31 井上尚弥 vs ジェイソン・モロニー
ジャーボンタ・デイビス vs レオ・サンタクルス
オレクサンドル・ウシク vs デレク・チゾラ

デービスVSサンタクルスがずれ込んでこの日になった。こっちは観客入れたPPVだそうだから、井上戦は本場のファンから2番手扱いになるだろう。

どんなにモロニーがいい選手だとしても、相性的に井上尚弥の敵ではないとおもう。

デービスVSサンタクルスは話にならないとおもっているが、Sフェザー契約でサンタの土俵に持ち込んだ。なんだかんだ、人気、高額ギャラ、負けないサンタがあっさり負けるなんてアリなのだろうか?

このへんまで・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, スーパーフライ, バンタム, フェザー, スーパーフェザー, ライト, スーパーライト, ウェルター, ミドル, ヘビー, 不完全ガイド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.