階級別 フライ スーパーフライ バンタム スーパーバンタム フェザー レジェンド

消えない閃光/ノニト・ドネアの野望

投稿日:

9

まずは馬のような筋肉で、井上拓真を破ったノルディン・ウバーリに勝たなくてはね。ドネア有利のオッズかもしれないが、静かなフランス(モロッコ)人はホンモノだ。

11月16日に38歳になるノニト・ドネアは、プロ19年目にしてすでに殿堂入りを果たしているが、「フィリピーノ・フラッシュ」はまだ高い目標を持っている。

ドネアは、フライ級、バンタム級、スーパーバンタム級、フェザー級の4つの階級で世界タイトルを獲得し、バンタム級とスーパーバンタム級でメジャー統一タイトルを保持していた。

2011年にバンタム級タイトル戦でフェルナンド・モンティエルを相手にノックアウト・オブ・ザ・イヤーを記録。4勝0敗でスーパーバンタム級統一タイトルを獲得し、2012年のファイター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズのバンタム級トーナメントでは、負傷したライアン・バーネットをストップし再びバンタム級タイトルを獲得しただけでなく、昨年11月にはプライムの井上尚弥に判定負けを喫したものの、決勝では2019年のコンセンサス・オブ・ザ・イヤーの戦いを生み出した。ドネアは11ラウンドにボディショットでノックダウンされたが、試合開始早々に絶対有利な井上の鼻と眼窩骨を骨折させ、彼の装飾されたキャリアの中で最も困難な戦いを与えた。

負けても失うことのない尊厳の高さを引き連れて、2019年1月にスパーリングをした男とのWBCバンタム級世界タイトルのために、12月12日、コネチカット州アンカスビルのモヘガンサンでショータイム放映プレミアボクシングチャンピオンズカードのメインイベントでドネアは戻ってくる。

しかし、バンタム級の世界タイトルをもう一つ獲得しても、ドネアにとっては終わりではない。井上との再戦と、誰もが認めるバンタム級王者になるチャンスを望んでいる。

彼はまた深い履歴書のギャップとして後悔しているものを満たす計画も持っている。スーパーフライ級で世界タイトルを追求したいと考えており、34歳のフランス人サウスポーで3度目の防衛戦を行うウバーリ(17-0, 12 KOs)との戦いの後、体重を落としてそれを目指したいと語った。

ラスベガスのドネア(40勝6敗26KO)は、2009年にタイトルを返上してスーパーフライ級に昇格する前は、フライ級チャンピオンとして圧倒的な活躍をしていた。スーパーフライ級での初戦では、ラファエル・コンセプシオンに全会一致の判定勝ちを収め、暫定王座を獲得した。しかし、正規の世界タイトルのために戦う機会を得ることができず、2010年にバンタム級に移動することを選択した。

スーパーバンタム級、フェザー級への復帰、さらにはスーパーフェザー級への昇格も可能だと語っていたが、ドネアはスーパーフライ級の世界タイトルを獲得する機会を得られなかったことを忘れていない。

ドネア
「またスーパーフライ級に戻って、そこでタイトルを取って、スーパーフェザー級まで行きたい。前回の井上との試合で計量した時は117.5だったんだけど、116だったから少し水を飲まないといけなかった。だからスーパーフライの体重にするのは問題ない。あの5階級制覇をきちんと踏みなおしたいと思います。今までそれができなかったのは、スーパーフライ級でみんなに逃げられてタイトルが取れなかったからだ。

それは自分にできることであり、やりたいことだ。5階級チャンピオンになって、その後スーパーフェザー級に上がることができるんだ。妻(とマネージャーのレイチェル・ドネア)は今、私を夢中になって見ている。今そう言われているんだ。妻はスーパーフェザー級はダメだと言ってる。」

来年のスーパーフライ級への移籍は可能性が高いという。この部門には、世界タイトルホルダーのローマン・チョコラティート・ゴンザレス、ファン・フランシスコ・エストラーダ、井岡一翔、仲間のフィリピン人ジェルウィン・アンカハス、そして元世界チャンピオンのシーサケット・ソー・ルンビサイなどの多くの才能がストックされている。

しかし、もしドネアが彼らの中から一人だけを選んで戦うことができるとしたら、彼はそれは簡単な呼び出しだと言った。4階級の世界チャンピオンであり、国際ボクシング殿堂入りも確実なゴンザレスだ。

ドネア
「ローマンとの戦いは最高だ。そこには信じられないような選手がたくさんいる。彼らの試合を見てきたよ。チビは信じられないほどのファイターだ。お互いにティーオフをするんだ。全てのことが起こりうるが、今はウバーリに集中している。」

ドネアのプロモーションをしているリングスタースポーツのリチャード・シェーファーは、以前プロモーションをしていたウバーリに対してタイトルショットを並べることができたことを喜んでいるが、彼のためにもっと注目すべき試合があると述べた。

リチャード・シェーファー
「ノニト・ドネアがこの段階で彼のキャリアに値するのは、彼が最も稼げるファイトを得ることであり、我々は118、122、126で誰と戦うことを恐れていない。そして、適切な機会が来れば、ノニトは130ポンドでもいいと言ってくれた。例えば、レオ・サンタ・クルスと130ポンドで戦うことは、ノニトが遠慮することではない。だから、118ポンドから130ポンドの間には多くのビッグネームがいて、私たちは彼が最もお金を稼ぐ試合は何か、ファンにとって最も魅力的な試合は何かを見ようとしている。バンタムからスーパーフェザーまでのビッグネームの多くはPBC傘下にあるので、これらの試合は比較的簡単に作れるだろう。PBCのボスのアル・ヘイモンと話したことがあるが、ノニトは伝説的な選手だ。彼らの中で伝説の選手と戦いたいと思わない人はいないだろう。」

11月16日に38歳になるノニト・ドネアの壮大なプランでした。

あれこれ言われても、バンタム級に落としてあれだけのパフォーマンスを魅せたドネアの言葉に偽りはなく、スーパーフライ級に落とせるのだろう。

しかしマニアな私がひっかかるのは、ニコラス・ウォータース戦はいいとして、なぜフェザー級でカール・フランプトンと中途半端な試合をしたのだろうと言うことだ。あの試合があったから、井上の楽勝を予想してしまった。フィジカル差、パワー差、体格、それ以前に気力を感じることが出来ない試合で、ドネアの終焉を印象づける内容だった。カール・フランプトンは大事なビッグネームだったはずだ。

有言実行のドネアの目標を尊重するが

ウバーリも、同胞のカシメロも、リゴンドーも、その他大勢、難敵は多い。年齢による劣化も避けられない。
果たして彼は壮大な野望にどこまで近づくことができるのだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, スーパーフライ, バンタム, スーパーバンタム, フェザー, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.